【クレジットカード海外旅行保険】究極のカードはコレ!

海外旅行に行く際、ほとんどの方が旅行会社や空港で海外旅行保険に加入されてると思います。クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険を上手に使えば、補償内容や補償金額を充実させることができるんです!今回は以外と知られていないクレジットカードの保険情報と、持ってるだけで得する究極カードについてまとめました。



海外旅行傷害保険は、どのような保険なの?

海外旅行中に被ったケガや病気による死亡・後遺障害・治療費用のほか、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを補償する保険です。
海外旅行傷害保険は、保険会社によっては「海外旅行保険」という名称で販売されている商品であり、被保険者が海外旅行を目的として住居を出発してから帰着するまでの間(以下「旅行行程中」といいます。)に被る可能性のある各種の危険(リスク)を補償(注1)する保険です。各種の危険(リスク)を総合的に補償する商品のほか、必要な補償だけを選んで契約する、いわゆるバラ売りの商品も用意されています。また、インターネットでの申込みにより保険料が割引となる商品もあります。

注1 海外の滞在地や往復の航空機内だけでなく、住居から往きの空港に着くまでや帰りの空港から住居までといった、日本国内で発生した事故についても補償対象となります。

出典:

soudanguide.sonpo.or.jp



補償内容には、どんなものはあるの?

保険会社やクレジットカード会社の広告をみると、まず目に飛び込んでくるのは「最大補償額2000万円」などといった文字ではないでしょうか。
実はこの“最大補償額”というのは、実際にはあまり使うことのない「死亡や後遺障害」になった場合のもので、本当に大切なのはこれ以外の補償なんです。

あまり知られていないのですが、海外旅行保険には基本的に次の5つの補償があります。

1.事故で死亡したり、後遺症が残ったとき〔傷害死亡・後遺障害〕
2.ケガ・病気の治療費〔傷害・疾病治療費用〕
3.他の人のものを壊してしまったとき〔賠償責任〕
4.持ち物を盗まれたり、壊されたとき〔携行品損害〕
5.ヘリなどの運搬費用、家族友人に助けに来てもらう費用〔救援者費用〕

ここであまり知られていないのが、複数枚のカードを持っている場合、「死亡・後遺障害」は保険金額のうち最も高い保険金額を限度に按分して保険金が支払われることとなっています。
それに比べ、2〜5の補償内容についてはそれぞれのカードの上限額が加算(上乗せ)されていくのです。
つまり、カードが複数あるほうが得をするということです!

日本損害保険協会 – 損害保険Q&A – 海外旅行傷害保険
日本損害保険協会(SONPO)による、損害保険全体の基本原則あるいは取り扱いの背景等を理解していただくための解説や、個別種目(商品)ごとのQ&Aなど。 参照元:日本損害保険協会(2015年12月時点調べ)

補償額は、いくらあれば安心?

補償内容がわかったところで、次に実際に支払われる「補償額」についてです。
殆どの場合は何事もなく帰国する海外旅行ですが、なかには運悪くケガや病気をして病院にかかることもあるかと思います。そういった場合に怖いのが高額な治療費を請求されることです。

アメリカで盲腸になると300万円程度かかったり、イタリアで大腿骨を骨折し入院、手術となった場合に350万円かかったりという事例もあります。特に高額になるのが、交通事故など救急車で搬送され、ICUで集中治療を受ける場合などです。もちろんですが、海外旅行中は日本の健康保険は利用できないため、全額自己負担することとなります。

また、治療費とは別に請求される「移送費用」や「救援者費用」があります。移送費用というのは、日本に帰国する際に歩行が困難なときの移送費用のことで、救援者費用は家族などが現地に赴く費用のことです。これらの費用は、治療費よりも高額になるケースも多々あるので要注意です。

要するに、海外旅行中に病気やケガをして病院にかかった場合は、旅行代金よりもはるかに高額の治療費やその他の費用を請求されかねないということです。せっかくの旅行が台無しですね。



死亡時の補償額ではなく、治療費用額で選ぶのが大切!

旅行会社や空港などで普通に申し込みをする海外旅行保険だど、1週間で5千円、1ヵ月で1万円程度かかります。おまじないのようにほとんどが使うこともなく終わる保険なのに、1回の旅行で5千円って結構高いですよね…。

そんなお金があれば、おいしいディナーを食べたり、お土産代にでもしたいな、って個人的には思っちゃいますが、実際には海外旅行保険を掛けずに旅行にいく方はほとんど居ないと聞いています。
実際に私の廻りの者も当たり前のように加入していますね。みなさんはどうでしょうか?

何度も言いますが、よくクレジットカード会社が「最大補償額」と宣伝してるのは、実際は使う確率の低い「死亡補償」であって、本当に見なければならないのは、使う確率の高い「ケガ病気治療費」なんです。

ちなみに「ケガ病気治療費」の補償額は病気やケガ1回ごとの最大補償額で、例えば「ケガ病気治療費」が100万円のカードの場合は、1回のケガで50万円の費用がかかった場合でも同じ旅行中の次のケガでも、また100万円の限度額まで補償されることとなります。
滅多に無いことですが、このことは頭の片隅にでも置いておいてくださいね!

複数のクレジットカードを持つと補償額がアップ!

クレジットカード付帯の海外旅行保険の「傷害・疾病治療費」の最大補償額の多くが100万円~200万円です。これでは高額治療費を請求された場合に少し不安ですね。
確かに補償額は多ければ多いに越したことはありませんが、一般的な目安として前述の事例をもとにクレジットカードの「治療費の保険額」が500万円以上あれば、少々の病気やケガは大丈夫かと思います。

但し、交通事故や手術ということになるとこの補償でも自己負担が出そうなので、そこは必要に応じて検討してみましょう。ちなみに今回紹介するカードを全て加入すると「ケガ病気治療費」の補償額は500万円になりますよ!
「補償内容」のところにも書いていますが、「ケガ病気治療費」の補償についてはそれぞれのカードの上限額が加算(上乗せ)されるため、カードが複数あるほうが得をになります。

日本損害保険協会 – 損害保険Q&A – 海外旅行傷害保険
日本損害保険協会(SONPO)による、損害保険全体の基本原則あるいは取り扱いの背景等を理解していただくための解説や、個別種目(商品)ごとのQ&Aなど。 参照元:日本損害保険協会(2015年12月時点調べ)

案外と便利な「携行品損害」

海外旅行中に買ったものが盗難にあったり、壊されたときに使える保険です。補償額はカード会社によって違いますが、大体10〜20万円といったところでしょうか。特に旅行中は移動も多いため、付帯されていると安心です!

実はこの保険は実際に私の友人が保険請求したことがあるのですが、観光で疲れてホテルに戻り、バスタブにお湯を溜めながら、うっかりと転寝してしまい、バスルームとトイレを水浸しにしてしまったそうです。結局、ホテルには保険加入を説明し、保険会社と連絡をとり数十万を補償してもらったということです。
普通ではありえないことも、旅行中はあったりするものなんですよね。

適用条件の落とし穴「自動付帯」と「利用付帯」って?

クレジットカードを選ぶときに注意してほしいのが 海外旅行保険が「自動付帯」か「利用付帯」か?という点です。海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードだと、海外旅行中は何の手続きもなく自動的に海外旅行保険が適用されます。
では「利用付帯」は、と言いますと海外旅行保険を利用するために別途条件があるのです。 海外旅行費用や海外旅行に行くときの公共交通機関の費用をクレジットカード払いとしたときに限り、海外旅行保険が有効となります。

例えば、成田空港に行く際に「リムジンバス」や「成田エクスプレス」等を利用する場合、その運賃をクレジットカードで支払えば海外旅行保険の利用条件を満たします。

まずは、お持ちのカードが自動付帯か利用付帯か、を確認しておくことが必要です。複数のクレジットカードを持つ場合は「自動付帯」のカードを選んでおかないと、保険金を加算(上乗せ)することは難しいということになります。もし、これからクレジットカードを申し込む場合には、ぜひ、この「自動付帯」に注意して複数枚を保有することをおすすめします!

海外旅行傷害保険が「自動付帯」のクレジットカードの多くは年会費がかかりますが、なかには年会費が無料のお得なクレジットカードも存在します。まとめの最後に年会費無料で海外旅行傷害保険が「自動付帯」のカードをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください♪

自動付帯と利用付帯 |海外旅行保険無料付帯クレジットカード:海外旅行保険無料カード.com
海外旅行保険が無料で付帯するクレジットカードを詳細解説で比較し徹底節約!クレジットカードでドリームチームを作ろう! 参照元:海外旅行保険無料カード.com (2015年12月時点調べ)

そのほかの特典も確認しておきましょう!

クレジットカードには、海外旅行保険付帯以外にも、たくさんの特典があります。
今回のまとめでは補償内容を中心に書かせていただいていますが、同じ補償額で迷ったときには、そのほかの特典を比較し、自分にとってメリットのあるカードを選ぶのもおすすめです。

例えば、ドライブが好きな方はガソリン代がお得になるカード、出張の多い方なら航空会社のマイルがたまるカード、ネットショッピングをよくする方は買い物ポイントがたまるカードなど…自分のライフスタイルに合わせて最適なカードを選ぶのもいいでしょう♪ ガソリンスタンドでガソリン代や洗車料金などがお得になります。 ショッピングでポイントをためちゃおーー! 優待レストランでディーナーすれば、ポイント割引が利用できます。

【海外旅行保険自動付帯】究極のカードはコレ!

1.エポスカード

年会費永年無料でレストランやカフェ、ホテルや遊戯施設など優待5000店舗を誇るエポスカード。海外保険も自動付帯で傷害治療費200万円、疾病治療費270万円、救援者費用100万と補償内容もかなり充実しています。私自身も持ってて安心の1枚です!

また人気のひとつにデザインカードの種類の豊富さがあります。スタンダードなデザインの加え74種類の素敵なデザインから申込できますので、ぜひこの機会につくってみてはいかがでしょうか。(デザインカードは別途発行手数料500円がかかります)

エポスカード|エポスデザインカード EPOS DESIGN CARD
デザインカードの申込はこちらから! 【保険の種類】傷害死亡・後遺障害/【保険金額】最高500万円
【保険の種類】傷害治療費用/【保険金額】200万円(1事故の限度額)
【保険の種類】疾病治療費用/【保険金額】270万円(1疾病の限度額)
【保険の種類】賠償責任(免責なし)/【保険金額】2000万円(1事故の限度額)
【保険の種類】救援者費用/【保険金額】100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
【保険の種類】携行品損害(免責3,000円)/【保険金額】20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

公式サイトはこちら

2.オリコiB

ブラックでマット加工されたデザインも人気のオリコiBカードは、VISAとJCBから選べます。年会費は初年度無料で2年目以降は1,250円(税別)。但し、年1回のショッピング利用で翌年無料になります。保険は自動付帯で傷害・疾病治療費200万円、救援者費用200万円と保険金額も高額でオススメのカードです。複数枚を持つならぜひ加入しておきたいカードですね! 【補償項目】死亡・後遺障害/【保険金額】2,000万円
【補償項目】傷害治療費用/【保険金額】200万円
【補償項目】疾病治療費用/【保険金額】200万円
【補償項目】携行品損害/【保険金額】20万円(免責1事故3,000円)
【補償項目】賠償責任/【保険金額】2,000万円
【補償項目】救援者費用等/【保険金額】200万円

公式サイトはこちら

3.JCB EIT

カード年会費永年無料で海外保険自動付帯の『JCB EIT』のカードデザインは、QUICPay付きの3種類と無しの計6種類から選ぶことができます。ストライプやドットなど、どれも飽きのこないデザインが人気です。ポイントも2倍でなかなか使い勝手の良い1枚です。 【保険の種類】傷害死亡後遺障害/【保険金額】最高2,000万円
【保険の種類】治療費用/【保険金額】1回の事故につき100万円限度
【保険の種類】疾病治療費用/【保険金額】1回の病気につき100万円限度
【保険の種類】賠償責任/【保険金額】1回の事故につき2,000万円限度
【保険の種類】携行品損害/【保険金額】1旅行中20万円限度 保険期間中100万円限度
【保険の種類】救援者費用等/【保険金額】100万円限度

公式サイトはこちら

旅行前にチェックしておきたいポイント!

今回紹介はしておりませんが、『横浜インビテーションカード』も年会費無料の自動付帯で疾病・傷害どちらも補償額200万円とお得なカードです!
これまでの内容をもとに、安心して楽しい海外旅行ができるよう保有しているクレジットカードで海外旅行保険の補償内容を確認してみましょう!

【お持ちのクレジットカードの海外旅行傷害保険の付帯を確認しておきましょう!】
付帯していない場合は、紹介したクレジットカードなどを申し込むことをおすすめします。
「備えあれば憂い無し!」ですよ。

【お持ちのクレジットカードの海外旅行傷保険の利用条件を確認しておきましょう!】
できれば「自動付帯」のカードを複数枚持つことをおすすめします。もしも、お持ちのカードで「利用付帯」のカードがある場合は、旅費の一部をカードで支払うことを忘れずに!

【「ケガ病気の治療費用」や「救援費用」の補償額を確認しておきましょう!】
お持ちの複数のカードの補償額の合計が十分かどうかを確認し、足りない場合は、他のクレジットカードを申し込むか、最悪は任意の海外旅行保険に加入することをおすすめします。

さいごに

いかがでしたか?
今回はクレジットカードに付帯している海外旅行保険の知ってて得するポイントや補償内容、そして持ってて得するおすすめクレジットカードを紹介しました。お手持ちのクレジットカードの見直しや新たにカード申込をする際の参考として頂ければ幸いです。十分な備えで、安心して楽しい海外旅行ができるといいですね♪ ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。