普段、使っているVISAカード!カードローンの方がお得な場合も?

急な用事で現金が必要…。そんな時、持っているクレジットカードのキャッシングで、簡単に現金を引き出すことができます。しかし、別の手段としてカードローンというものも存在します。どちらが便利で、お得なのでしょうか。双方の違いに加え、カード種類、借り入れ、返済方法などをご紹介したいと思います。



カードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融からお金を無担保で借り入れ、分割返済ができる融資を指します。クレジットカードなどを使って、窓口やATMなどからお金を借り入れることができる点でキャッシングと同様です。

カードローンは、自動車ローンや教育ローンなどと異なり、目的に関係なくお金を借りることができます。そのため商品を買う以外にも、お祝いやお香典など様々な用途に使用可能な点が大きなメリットと言えるでしょう。利用限度額の範囲内で何回も借り入れできる点も魅力的です。

カードローンの基礎知識 | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン
参照元:アイフル株式会社(2016年、7月時点、著者調べ) カードローンは、ローンの中でも借りやすく、資金の使途が定まっていません。今月は冠婚葬祭で出費が…という時に、計画的に使えば、お手軽でとても頼りになる存在です。主婦がカードローンを使う場合の気になるトコロを簡単解説します。カードローンとのおつき合い方法、考えてみませんか?

カードローンとキャッシングは何か違う?

キャッシングとカードローンの最も大きな違いはその返済方法。キャッシングは一括払いで返済することが多いですが、カードローンの返済は基本的に分割払いです。利用限度額が大きいカードローンは比較的に低金利で、ほとんど場合、キャッシングより金利は安くなります。そのためリボ払いで返済するのであれば、カードローンを利用することをお勧めします。

DCカード キャッシングサービス|クレジットカードなら三菱UFJニコス
参照元:三菱UFJニコス株式会社(2016年、7月時点、著者調べ) クレジットカードのキャッシングを初めて利用するには、仕組みがわからず不安ですね。そんな人のために、クレジットカードのキャッシングについて徹底解説していきます!この内容をマスターすれば、急な出費があっても慌てずに済むと思います。



コンビニのATMでも借り入れできる!

銀行系のカードローンの借り入れ方法は大体、下記の3つとなります。

・指定口座に振込(パソコン・スマホ・電話から手続き)
・銀行ATM・提携ATMでの借り入れ
・自動融資(取扱のある銀行のみ)

三菱東京UFJ銀行 カードローン「バンクイック」やみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどはほとんどのコンビニATMで借り入れが可能です。

カードローン お借り入れについて : 三井住友銀行
カードローン お借り入れについて。カードローンのお借入方法をご説明いたします。カードローンなら三井住友銀行をご利用ください。カードローンのメリットやご相談・資料請求についてもご案内いたします。 参照元:株式会社三井住友銀行(2016年、7月時点、著者調べ)

カードローンの種類と金利は?

銀行や消費者金融など機関によって金利が異なってくるので、カードローンを使用する場合には、金利をチェックおきましょう。

年間単位で返済していくことから、カードローンの金利は「年利」で表記されます。借り入れ額が多ければ多いほど、金利は下がります。各社の金利や契約極度額を比較してみましょう。

三井住友カードローン

大手金融機関が運営する三井住友銀行カードローンでは、金利が年4.0%~14.5%となっています。また、契約極度額は800万円で借り入れ可能なカードローンです。インターネット上から申し込みが可能で、対応も比較的に早いと言われています。 カードローンと言えば、消費者金融を思い浮かべがちですが、銀行もカードローンを組むことが出来るんです。金利や人気ランキングなど、実際に使った方々の意見を調べてみました。「どこのカード会社にしようかな」と迷っている人はぜひ参考にしてください。

カードローン : 三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2016年、7月時点、著者調べ)

三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】

三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】の金利は年4.6%~14.6%。契約限度額は500万円となっています。こちらも人気の高いカードローン、インターネット上だけでなく、電話での相談も可能です。

カードローン「バンクイック」 | 三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2016年、7月時点、著者調べ)

プロミス カードローン

消費者金融系のカードローンも紹介しておきましょう。CMなどでもおなじみの、プロミスのカードローン。金利は4.5〜17.8%で、契約極度額は500万円です。

大手金融機関と比較すると、少し金利は高くなっておりますが、スマホからでも簡易に申し込みが可能で、審査も比較的に通過しやすいでしょう。

キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト
参照元:プロミス(2016年、7月時点、著者調べ) カードローン申し込み後、もっと限度額が欲しい!足りない!という時は、限度額を上げてもらうことができます。しかし、限度額を上げるのは、新たな融資・追加融資のようなものですから、利用状況や審査によってお断りされてしまうこともあります。限度額を上げるにはどんなことに気をつける?これなら大丈夫というコツはあるの?という疑問について、元行員がお答えします。



カードローンの返済方法

カードローンの返済はリボルビング払いであることが一般的ですが、月々の返済金額の設定には2種類があります。1つは元金均等返済。元金を返済回数で割り、その額+金利を支払う方法です。もう1つが、元利均等方式で、元金+金利を返済回数で割った額を毎月返済する方法となります。最終的な支払い利息は元利均等方式の方が安くなりますが、月々の支払い額は高くなるのです。こちらは状況に応じた選択が必要になるかと思います。

また、コンビニで返済可能なカード発行会社もあるので、その点も確認しておいても良いかもしれません。 自身や夫が年収500万の場合、カードローンでいくら借りることができるの?どんなカードローンがいいの?カードローンで500万円を借りた後の返済方法、金利なども合わせてご紹介。

VISAデビットカードもお得!?

最近、よく耳にするようになったデビットカード。クレジットカードと異なり、お金が銀行の口座から直接、すぐに引き落とされます。後日請求ではなく口座残高=限度額となるため、使いすぎを防ぎ家計管理を簡易にしてくれます。予算管理をしっかりしたい、現金が手元にある、カードはショッピングなどにする、というような場合であれば、カードローンやキャッシングよりもデビットカードを使用するのも良いでしょう。

Visa Japan | Personal | Cards | Visa Debit
参照元:Visa(2016年、7月時点、著者調べ) 海外で現金をATMで引き出せたり、オンラインショッピングに使えたりと何かと便利なデビットカードですが、手数料は?使えないところはあるの?どこの銀行のデビットが一番お得?などよくある質問を徹底調査!果たして海外で使うことはできるのでしょうか?

三菱東京UFJ-VISAデビット

例えば、三菱東京UFJ-VISAデビットの場合は下記のようなメリットがあります。

・海外などで急に現金が必要になった場合に使え、現地通過で現金を引き起こすことができる
・利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされる
・15歳以上から利用可能
・初年度年会費無料(2年目以降1,080円)
・新規入会者に最大1,500円プレゼント

三菱東京UFJ-VISAデビット | 三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2016年、7月時点、著者調べ) いかがでしたでしょうか。カードローンやキャッシング、デビットカードなどお金の借り入れ方や使い方の手段は色々ありますね。自信の状況や目的に応じて、賢い選択をしたいものですね。