カードローンの契約期限に残高がある場合どうなる?更新の疑問を解説

カードローンを利用して初めての契約期限が到来するときに残高があり、大丈夫だろうかと不安になる人がいるようです。また、前触れもなくカードローンが利用できなくなっていたという人もいるようです。そこで、カードローンの契約期限についてまとめました。



カードローンの契約期限とは

カードローンは審査通過して契約すると金融機関によって、 1年、2年、5年と金融機関ごとに異なる契約期限が設定されています。この契約期限は通常自動更新され、信用情報に問題がなければそのままカードローンが利用可能となります。

契約期限に途上審査が行われ、個人信用情報などの貸し出しヒストリーと、延滞情報を元に審査されるため、クレジットカードや携帯電話、カードローンなどの延滞履歴がなければ、通常は問題なく更新がされることでしょう。しかしこの契約期限を勘違いしている人がいるようで、カードローンの契約期限までに残高をゼロにしていなくてはいけないと考えているようです。契約期限内に信用情報が悪化するようなことがなければ、通常はカードローンが自動更新されます。

カードローンでお金を借りていても、いきなり全額返済を求められることがありませんので、安心をしましょう。また、年齢制限があり70歳に到達するまでは、信用情報に問題がなければ自動更新がされるでしょう。契約期限とは、一定期限ごとに信用情報を審査して自動更新するかどうか判断をする期日となっています。 クレジットカードには有効期限があり、更新の際にはちょっとした審査がなされ更新カードが届くかどうかが決定されます。過去に何らかのことをしてしまい更新の不安がある場合の疑問にお答えします。



銀行で貸し出し停止?なにが起きた?

今まで問題なく利用していた、カードローンが貸出限度額に余裕があるはずなのに、何の前触れもなく利用ができなくなっていたという人がいるようです。延滞をしたことがない人で、このようになる場合は、何らかの与信情報に抵触して、カードローンの停止がされてたのでしょう。職場を退職した、ほかのキャッシングやカードローン枠が影響することもあります。

通常は、延滞もしたことがなく、クレジットなどの支払いもきちんとしていれば出金停止になることはないのですが、いずれにしても信用情報のスコアリングが低下した事を意味しています。また、延滞を頻繁にしている人は、出金停止になる場合がありますので、その場合は返済しかできなくなるでしょう。年齢が70歳になり出金停止になる場合もありますし、信用情報が落ちて停止になる場合もあります。

カードローンや、クレジット会社は信用情報で情報が共有されているため、他社の延滞履歴などで出金停止になることもありますので、毎月の返済にには気をつけることをお勧めします。クレジットカードや携帯電話の支払いなども、個人信用情報に支払いの履歴が登録されていますので、毎月の支払い日には遅れることなく管理用しましょう。 カードローンは便利ですね。資金がいきなり必要な時にも金融機関のATMを利用すればいつでも用立てることができます。ところがいざ利用しようとしてATMにローンカードを差し込んでもお金が出てこないとなったらあなたはどうしますか?じつはこれは現実として起こりうるのです。そして金融機関はその減額の事実や理由をあなたに知らせてくれません。こんな事態に遭わないためにも対策が必要です。今回はそれについて学びます。

途上与信そのときに一括請求される?

話は前の続きになりますが、カードローンの契約期限到来する前に途上与信というものがされます。契約を更新してもいいのかどうか、契約者の信用状況を確認します。電話番号や、住所に変更がない、勤務先が変わっていないか等、信用情報と照らし合わせて変更がなければカードローンが更新されることでしょう。

また、著しい延滞などをの情報がある場合は、減額されることがあります。途上与信の時に信用情報が落ちて、カードローンの更新が停止された場合どうなるのでしょうか。その時にはカードローンの残高に対して、一括請求されるのではないかと心配になる人もいるようです。しかしそのような時は、一括請求されると言う事はまずないでしょう。

3回延滞して督促状が来たにもかかわらず、そのままにしていると一括請求がされます、延滞をした時は速やかに、返済をすることをお勧めします。途上与信でカードローンが利用できなくなった時には、一括請求されるのではなく、出金が停止されて毎月の返済、もしくはカードローンへの直接入金だけが認められるようになります。 カードローンで返済が滞って苦境に立たされた時、人はどう対応するでしょうか? 人それぞれだと考えます。一方取引している金融機関は延滞が起これば債権を回収するため淡々と手続きを進めてきます。代位弁済もその一つです。代位弁済まで行くと債権回収の最終一歩手前となります。債務者にあまり交渉余地はありません。色々な悪影響が債務者に予想されます。そんな事態に遭わないためにもどうすべきか、今回はそれに迫ります。



期限内に残高を0にしなくてはいけない?

カードローンの契約期限内に残高が残っている場合、その利用残高すべてを返済しなくてはいけないと思っている人もいるようです。契約期限は、先にも話した通り途上審査を行う期日で、通常は自動更新がされます。したがって期限内に残高があったとしても、全額返済をする必要はありませんので安心をしてください。

また、自動更新がされないとしても、一括請求されることがないので、こちらも安心をしてください。期限が自動更新されない場合であっても、返済は通常通り毎月の返済することになりますので、お金を一括で用立てることがありません。ただし、出金をすることはできませんので、カードローンの利用をについては、いつも限度額一杯にならないように管理をすることが望ましいでしょう。

まとめ

カードローンの期限は自動更新をしてもいいかどうか審査をする期日であって、お金を返済しなければいけない期日ではありません。また、カードローンは自動更新がされますが、自動更新がされない場合も全額返済を求められる事はありませんので安心をしてください。限度額いっぱいに使わないように、常に管理をして計画的に利用することをお勧めします。