【カードローン】口座なしでも借りられる!初めての疑問を簡単まとめ

最近のカードローンは、借りたい金融機関に口座がなくても申し込みが可能になっていることが多いです。カードローンを作ったあとに借入限度額を増額をしたい、カードローンをもう一つ作りたい、などカードローン初心者の疑問について簡単にまとめます。



カードローンは口座なしで作ることが可能?

最近のカードローンは借りたいところに、口座がなくてもすぐに申し込みがすることが可能です。申し込みの時に注意をしなくてはいけないのは、即日利用したいのか、即日審査さだけでいいのかどちらなのかということではないでしょうか。口座がなくても申し込み可能なパターンとして、カードローンと一緒に普通預金を申し込まなければいけない場合と、普通預金は必要なくカードローンだけで借りられる場合の2パターンがあります。

普通預金を同時に申し込む場合は、申し込み当日審査で普通預金が開設後に利用可能になりますが、普通預金がなくてもカードローンを作成できる金融機関は、申し込み当日から借りることが可能になるでしょう。自分が普通預金口座を持っている金融機関に、カードローンを申し込むのであれば、当日利用可能な金融機関は増えるでしょう。いずれの場合も、カードローンは口座なしで作ることが可能ですが、この2つがなざ違うのか覚えておくことをお勧めします。

口座がなくてもカードローンで借りられる金融機関は、返済日にカードローンに返済金額を直接入金をしなければいけませんが、普通預金が必要なカードローンは、返済日までに返済額を普通預金に入金していれば、自動引き落としで返済されていま。返済の管理としては、普通預金口座が必要なカードローンのほうが、楽ではないでしょうか。なお、カードローン口座に直接返済する金融機関は返済日を数日間(10日間ほど)儲けているようです。 生活をしていると、時として急にお金が必要になることってありますよね。そんなとき、無担保で銀行や消費者金融からお金を借りることができるカードローンはとても便利です。そこで気になるのは口座開設は必要なのかということです。今回は、カードローンを利用する際の口座開設は不要か必要かについて、それぞれのメリット・デメリットを含めてご説明していきます。



増額したいけど大丈夫?

カードローンを作った後に10万円で審査がでたけど、う少し限度額があってもいいなぁという人がいるようです。その時に再審査をしてもらって限度額の引上げをお願いしようと、考える人がいるようですが、申し込んだときに金額を指定しないで、限度額が通知されてきた場合はすぐに再審査をお願いしても限度額が引きあがることはまず難しいでしょう。

ちょっと話がそれますが、カードローンを複数口座を持っていて、返済額だけで毎月の支払いが大変だという人がいるようです。この場合カードローンで一本化しようとして、新たにカードローンを申し込んだとしてもカードローンの限度額が手持ちのカードローン限度額合計で、審査が通ることがないのが普通でしょう。

その時に任意整理とか破産をするとかを考えるようですが、ちょっとまってくださいね。もう一つの方法としては、おまとめローンを信用金庫や信用組合に相談をするというもあると思います。カードローンやクレジットの利用残高を持って行き、窓口で相談すると一本化に応じてくれる場合がありますので、諦めずに一本化をする方法を探しましょう。任意整理や破産宣告などをすると今後お金を借りられなくなるので、社会的に不利になるでしょう。返済額さえ見直しできれば生活の立て直しできるというのであれば、おまとめローンでまとめてるのがいいのではないでしょうか。

話を前に戻しますが、初めてカードローンを作った人で、限度額を引き上げたいという人は、カードローンの利用を繰り返して、個人信用の履歴を作っていき、1年や2年後に再審査をお願いすると限度額が上がる可能性は十分にあります。くれぐれも、延滞をしないようにしっかりとカードローンを管理することにを、続けていれば限度額を上げることが可能でしょう。 金融機関でカードローンの増額審査を受けたことはありますか? その金融機関とカードローンでさらに取引を深めていくといずれこの増額審査を経験することになるでしょう。ひとつは金融機関の側からの提案として、もうひとつは利用者側からの申し込みを通じて。どちらにしても増額はよりカードローンの利便性を高めることにつながります。この記事ではその増額審査に際して利用者としてうまく通過するためのABCを解説します。 数社からお金を借りてしまい、気がつくと返済額が膨らみ、「首が回らない」という人がいるようです。そんな時に出てくるのが、おまとめローンです。上手に利用すると絶大なる効果を発揮しますが、利用する時の注意事項はないでしょうか?見ていきましょう。

利息はいつ付くの?

カードローンの利息がいつ付くのかわからないという人がいるようです。カードローンは日割りで利息がついていきますが、一体いつ利息が引かれているのかわからないということでしょう。カードローンの利息は前月の支払日から、今月の支払日までの1ヵ月間の利息が、返済日に返済をする返済金額の内訳して利息が引かれています。したがって、返済日に引き落としされている、もしくは入金するお金は、すべてカードローンの利用残高に入金されるのではなく、利息を差し引いた金額がカードローンの利用残高に入金がされます。 カードローンを利用していても金利計算となると「?」となる方も多いのではないでしょうか。金融用語についても「何となく知っているつもり」といったあやふやなままにしていると間違った商品選びをする可能性が高いと言えます。今さら聞けないこと解説します。



審査結果はいつくる?

スピード審査30分と謳っている金融機関でも、カードローンを初めて利用する人の審査には時間がかかる場合が多いようです。朝一番の申し込みであれば、当日中審査結果が通知され、その日から利用が可能になることが多いでしょうが、夕方や夜の時間帯に申し込みをして、即日審査されるかというとなかなか難しいでしょう。

審査結果がこないから審査に落ちたのではないかとか、審査にとおったのではないかというように考える人もいるようですが、必ず審査結果は通知されます。最短で30分といっているものは、内容の本当にいい人か、他社のカードローンのの利用履歴がいい人のことをいっていますので、内容が悪い人や初めて利用する人はそれなりに時間がかかりることを覚えておきましょう。 最近はカードローンの申し込み当日に、利用ができる金融機関が多くなってきました。手軽にカードローンを開設できるようになった反面、カードローンの知識についてよく分からないという人がいるようです。そこで、よくある疑問をまとめて解説します。

まとめ

カードローンを初めて申し込みする人は不安になることもあるでしょう。ここに挙げた例は一部に過ぎませんが、よくある疑問ですので覚えておくことをお勧めします。またカードローンを何枚も作ってしまうと、返済に苦労をしてしまいますので、利用残高として見ると返済可能だけれども、生活に困窮をする人がいます。カードローンは複数枚持つのではなく、限度額を大きくして行利用をすることをお勧めします。 最近は、学生や主婦といった人もカードローンを開設できるようになりましたが、正社員にならずアルバイトで生計を立てる人も多くなってきたためアルバイトの人でもカードローンを作れます。アルバイトの人がカードローンを作れる銀行をまとめました。