カードローンがある日突然使えなくなった!あなたにも起こるかも?

明日が給料日なのに飲み会のお誘いが…「そうだ!カードローンでしのごう」そんな経験ありませんか?でも、もしアテにしていたカードローンが使えなかったら?気楽に使えるカードローンですが意外な理由で突然使えなくなることもあり得ます。知っておいて損はありませんよ。



うっかり返済期日を忘れてた!

延滞したらどうなる?

これはよく聞く話ですね。返済を延滞するとどうなるのでしょうか?銀行のカードローンなら保証会社から、銀行系消費者金融ならその金融会社から入金のお願いの通知のハガキが届くそうです。よくテレビのドラマで出てくるような電話でのコワイ催促はないようです。

だからといって安心してはいけません。当然払わなくてもよかった「遅延損害金」が発生します。遅延損害金は日割り計算ですので1日も早く入金することをお勧めします。

これでもうブラックリストに載っちゃうとか?

1回でも返済が遅れると「ブラックリスト」に載るのか?というとそうではないようです。返済を3カ月滞納しなければ大丈夫だそうですよ。でも油断しないでくださいね。たびたび延滞をしていると最悪の場合カードが返済専用になり、限度額が「0」になってしまうこともあるそうなので注意しましょう。

また返済期日までに返済できそうにないとわかっている場合は事前にローン会社に連絡しておけば督促を止められるそうです。しかし延滞は延滞。記録は残るんだそうです…くれぐれも延滞がないように残高不足や期日を忘れることのないよう気をつけましょう。



カードローン会社側の事情

カードローンて24時間使えると思ってた!

カードローンというとコンビニで24時間いつでも使えると思ってませんか?コンビ二は24時間営業でもローン会社の営業時間外には使えません。会社や場所によって時間は違うようです。前もって調べておくといいですね。

緊急メンテナンス?そんな~

負荷などが重なって緊急メンテナンスが行われることもあるとか。緊急なので顧客には連絡がなかったり、遅れたりということはあるそうです。これは不運としか言い様がないですね。

また緊急以外でも予定外のメンテナンスが行われることもあるようで、これにたまたま利用したい時が重なってしまうとこれまたアンラッキー。諦めるしかなさそうです。

借入状況をチェックされていた!

あなたの知らないところで…

延滞もなく今まで普通に使っていたカードローンなのに、ある日使えなくなったという方もいらっしゃるかもしれませんね。これには以下の理由が考えられるようです。

・返済が遅れて督促が来ていたにもかかわらず、無視したり同じようなことを繰り返している。
・年収の1/3以上の借り入れをしようとしている。これは信用情報センターで情報が共有されているため、他社の金額も合算した金額になります。

こういった理由の場合は本人に予告されないそうなのである日突然気づくことになってしまうんですね。

その他にもこんな理由が考えられます

一度も延滞していなくても借入額が減っていかないと、返済能力が低いとみなされて止められてしまうこともあるようです。期日までにその月の返済をしてもまた翌月借りての繰り返しで借入額が結局は減っていないというような場合ですね。

意外ですが、契約後にほとんど借入しなかった場合もその理由になることがあるそうです。また住所や勤務先の変更を申告しなかったということも理由にされることがあるということなのでそのようなことがあった時は速やかに申し出ましょう。

カードローンの審査に落ちてしまった!その原因と、個人の信用情報について簡単&シンプルに検証してみました。



カードローンを使えるようにするには

これ以上信用を落とさないこと

今後は延滞や滞納を絶対にしない。でもだからといってお金が足りないからと闇金融などに借りてはもっと苦しくなります。どうしてもだめな時は債務整理をする方法も検討しましょう。

信用を取り戻すことはとても大変だし、時間のかかることですがこれから先のご自身ために努力することをお勧めします。

生活基盤を見直しましょう

収入面での生活基盤を見直しましょう。例えアルバイトやパートでも毎月安定した収入があれば限度額は低いですがカードが持てるようになるでしょう。そこで二度と延滞などを繰り返さないように注意し、少しずつでも信用を築いていけるといいですね。

信用を取り戻すことは簡単ではありませんが、今後のあなたの生活をよりよくするために努力していきましょう。

自分の信用情報がわかる情報開示請求

JICC・CIC・KSCとは

JICC(日本信用情報機構)、CIC、KSC(全国個人信用情報センター)は消費者の契約内容や支払い履歴を記録、管理しているところです。

・JICC…消費者金融会社をメインに金融機関の一部、携帯会社
・CIC…クレジットカード会社
・KSC…銀行系、日本学生支援機構(奨学金)

情報開示請求をするには

情報開示請求方法は以下のとおりです。(JICCの場合)

・窓口での請求
・スマートフォンでの請求
・郵送での請求

請求には本人確認書類(運転免許証など)と手数料が1件(名前ごと)につき500円が必要です。

因みにJICCだけでも毎月9000件前後の請求がされているようです。尚、KSCは郵送のみ、CICはインターネット上で信用情報の開示をしています。

情報開示手続き等のご案内
日本信用情報機構(JICC)(2016年7月著者調べ)

まとめ

突然カードローンが使えなくなった理由や、ご自身の信用情報は全て管理されていて情報は共有されていたことをご理解いただけましたでしょうか?

くれぐれも信用を低下させないように注意したいですね。