【制汗剤のおすすめ商品】あなたが求めるのは制汗or消臭作用どっち?

どうしても気になる汗の臭い…「私臭くない!?」そんな不安を取り除いてくれるのが制汗剤です。今や数多くの制汗剤が売られていますが、それぞれの特徴はご存知ですか?今回は人気商品の効果的な使い方や口コミなど、本当におすすめしたい制汗剤を詳しくご紹介いたします。



制汗剤とは

そもそも制汗剤とはどのような効果をもたらしてくれるものなのでしょうか。商品によってその違いを理解し使用することで、汗に対する悩みを解決に導く糸口になりますよ。まず制汗剤には以下のような4つの種類があります。これらが主流といっても過言ではないでしょう。

■スプレータイプ
■ロールオンタイプ
■スティックタイプ
■クリームタイプ

主流なのはやはりスプレータイプですよね。制汗剤を使用した事がある方でも、このタイプを使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。著者はロールオンタイプを愛用しています。

どちらの効果がお望みですか?

様々なタイプのある制汗剤ですが、効果はどれも同じだと思っていませんか?実は制汗剤には2つの効果によって分けられているんです。

■発汗を抑える制汗作用
■臭いを抑える消臭作用

この2つの内、どちらを重要視するかで商品を選ぶ必要があります。臭いの発生源である汗そのものをかかないようにしてくれるものか、汗はかいてしまうけど臭いが発生しないものかです。

臭いを気にせず過ごしたい方必見の情報です

脇汗で服の色が変わるのも嫌ですが、なにより臭いが1番気になりますよね。特に、夏など何をしていなくても汗をかきやすい時期は気になるものです。そこで今回は人気商品ごとの性能を見比べ、自分に合った制汗剤を見つけたい方は必見の情報になっています。

よくCMで見かけるから…有名だから…そんな理由で選んで「制汗剤はこの程度のものか」なんて思っていませんか?制汗剤の正しい使い方をし、100%その力を発揮できればきっと汗に対する不満も取り除けるでしょう。制汗剤を良く知り、自分に合った制汗剤を見つけることで「臭いを気にせずに1日を過ごしたい」そんな方はぜひ最後までお付き合いください。



効果はどれくらい持つ?

まずは気になる制汗剤の「効果」についてご説明しましょう。もちろんこれは個人差があるのもですので、一概に「○時間持ちます!」とは言い切れません。しかし目安程度に知っておくと商品選びの参考になるのではないでしょうか。

それにはまず何よりも制汗剤の正しい使い方を知る事が大切です。実は制汗剤の正しい使い方を知らないがために、ほとんどの人が制汗剤の性能を100%使い切れていないと言われています。

これからの時期、汗のニオイを気にして制汗スプレーをたっぷり降りかける季節がやってきますが、ほとんどの人の使い方では制汗スプレーのパフォーマンスが100%発揮できないんです。

出典:

anond.hatelabo.jp

効果的な使い方とは

みなさんはいつ制汗剤を使いますか?1番多いのは出掛ける前ではないでしょうか。しかしそれがすでに間違った使い方なのです。そもそも臭いの原因は汗ではありません。汗をかくことにより繁殖した菌が臭いの発生源なのです。

汗自体には本来ニオイはなく、皮膚にいる常在菌などのバクテリアが皮脂や汗を吸収することで、必要以上に増え、その代謝物がニオイの原因になります。

出典:

r25.yahoo.co.jp
つまり「臭いを発生させる菌を繁殖をさせない」ために、1番効果的な制汗剤を使うタイミングは「お風呂上り」なんです。意外ですよね。寝る前に使うのが1番効率的な使い方なんですよ。人間は寝ている間にも必ず汗をかきます。これはどんなに寒い冬でもかくものなのです。朝起きた時点ですでに汗をかき終わった後なので、その後出掛ける前に制汗剤をつけたところで、菌が繁殖しかけてるというリスクがあるため、制汗剤の効果が100%出し切れていないのです。

お風呂に入り体を洗ってキレイにしてから制汗スプレーをすると、菌の繁殖を防ぐ能力が100%発揮されます。すると寝ている間に菌が繁殖することなく、朝から無臭でいられる

出典:

anond.hatelabo.jp
このように、いかに「菌がいない状態で制汗剤を使うか」でその効果が変わってくるのです。

■制汗剤は汗をかく前に使う
■皮膚が綺麗な状態で使う
■出掛ける前ではもう遅い

このことから、寝る前に使う、もしくは朝起きてシャワーで綺麗に洗ってから使うのが正しい制汗剤の使い方なんです。

持続時間は?

制汗剤の正しい使い方をしていても、その持続時間はおよそ30分から数時間といわれています。中には「これをつければ夜まで快適」と謳う商品もあるようですが、その効果は大きな個人差によるでしょう。しかし制汗剤のつけすぎは身体に良くないとされています。

「黒ずみ」は、制汗剤によるものと気づきにくかったりしますが、スキンケアの観点からしてみれば、汗腺(毛穴)を異物で塞ぐことは、お肌に良いことではりません。まして、制汗剤に使用されている収れん剤の成分には酸化アルミニウムなどの「金属塩」が含まれていますが、少なくとも人体によいものではないようです。量や使用頻度を減らすか、他のものに変えるなどの対処が必要です。

そして、毛穴を塞いで老廃物の排泄を妨げることで、余計に臭いがきつくなるケースもあります。

エチケットとして、頼らざるを得ない場合もありますが、くれぐれも使用はほどほどに、デリケートなお肌のために、使いすぎないように心がけましょう。

出典:

www.skincare-univ.com

使いすぎは肌トラブルの元

制汗剤はその性質上、汗腺を引き締める効果があります。これにより老廃物が溜まりやすくなるのです。他にもかゆみや肌荒れ、黒ずみなどの肌トラブルが起きかねません。塗れば塗るだけ効果があるというものではないのです。

「そろそろ汗をかいてきてその効果が心配…」もし日中にそう思われたならば、制汗シートなどで汗を拭き取る程度にしましょう。制汗剤は意外とあなたが思うよりも汗腺の奥にまで効いています。上記で説明したとおり、汗をかき菌が繁殖しかけている時に制汗剤を使っても効果はありません。肌トラブルの原因を作るだけです。

■商品の性能を良く知り自分に合った制汗剤をみつける
■正しい使い方で100%の効果を得る
■日中は制汗シートなどで拭く程度にする

これら実行することで、今まで以上に制汗剤の効果を感じ、無駄なトラブルを招かなくても良くなるのです。

人気商品ランキング

ここまで使い方や制汗剤の性質などについてご紹介してきました。次にご紹介するのは商品の人気ランキングです。どのような商品が人気なのか見てみましょう。

■1位:デオナチュレ
■2位:8×4(エイトフォー )
■3位:AG+
■4位:リフレア
■5位:レセナ

やはりよくCMなどで見かける商品が人気のようですね。ではそれぞれの商品の性質などについて詳しくご説明いたします。

デオナチュレ

デオナチュレの4つの特長
1.ニオイの発生源に直接ぬれる「直(ジカ)ヌリ」タイプだから、有効成分が肌にぴったり密着して高い効果を実感
2.天然デオドラント成分アルム石配合で高い抗菌効果と、毛穴を引き締め汗を抑える効果あり
3.朝ぬって夜まで続くため、ぬり直す手間なし
4.驚くほどさらっとしていて、白残りなし

出典:

www.amazon.co.jp
こちらはamazonでの売り上げ数だけでなく、雑誌などでも取り上げられている人気商品です。デオナチュレには様々なタイプの商品が販売されています。

■クリスタルストーン:脇用
■さらさらクリーム:脇用
■ソフトストーンW:脇用
■足指さらさらクリーム:足用
■ソフトストーン足指:足用

ご覧のとおり、脇と足に使う商品として販売されており、特に脇の臭いを気にされる方に絶大な人気を誇る商品なのです。ひとつひとつ見てみましょう。

脇用のデオナチュレ

デオナチュレ ソフトストーンW 20g
デオナチュレでも1番人気のある商品がこの「ソフトストーンW」です。スティックタイプの制汗剤で、直接脇に塗りつけることができます。つけた後白く残ることもないので安心です。

デオナチュレさらさらクリーム 45G
こちらの「さらさらクリーム」は、その名の通りクリームタイプの制汗剤です。一般的に制汗剤の効果の強さは「スプレータイプ<ロールオンタイプ<スティックタイプ<クリームタイプ」だと言われているので、強い効果を望む方におすすめの商品になっています。

デオナチュレ クリスタルストーン 60G
こちらは制汗剤の中でも変り種の商品です。それは石を濡らして使うというものです。天然デオドラント成分でできている、アルム石100%で作られています。ストーンを水で濡らして使うため、水で濡らすという手間はかかりますが、無添加の石を使用ですので、お肌のトラブルになりにくいという点はいいですよね。

しかもこれであれば石はなかなか減ることはないので、コスパも良く経済的です。公式サイトではシャワー後塗れた身体のまま使うという技も紹介されていました。最初に説明した「綺麗な身体で使う」ということにも適っているので、これが1番おすすめの使い方かもしれません。

天然アルム石とは・・・
アルム石は、火山地帯の地中にある天然鉱物塩の一種で、ミョウバンとも呼ばれる無着色・無香料の天然デオドラント成分。
アルム石は紀元前、ギリシャの歴史家「ヘロドトス」により記録が残されており、古くからその存在が知られています。
また、古来より世界各地で天然のデオドラントとしても愛用されてきました。

出典:

deonatulle.com

足用のデオナチュレ

デオナチュレ 足指さらさらクリーム 30g
こちらは先ほどの「さらさらクリーム」を足用に特化した商品です。指の間などどうしても汗をかいてしまう部分に塗りこむようにして使います。

デオナチュレ ソフトストーン足指
スティックタイプの足用商品です。脇用よりも細く設計されていますので、スティックタイプながらも使いやすいのが特徴です。

このようにデオナチュレは脇と足に特化した制汗剤です。天然成分が配合されているのでお肌にも優しく、高い持続力を誇るとその効果も高評価を得ています。

デオナチュレの使い方とは?

基本的に全ての制汗剤は上記で説明したように「清潔な肌に塗る」ということが大前提です。他にもデオナチュレの公式ページに記載されている使い方をまとめてみました。

■汗は拭き取ってから使用する
塗れた状態で使用しても効果は出ません。汗をかいた場合は拭き取ってから使用しましょう。

■スティックは出しすぎない
折れる可能性があります。1cm程度出せば十分ですので、乾いた肌に5・6回塗りましょう。

■キャップをしっかり閉める
乾燥させてしまうと使い物にならなくなります。使用後はしっかりとキャップを閉めましょう。

以上の3点を注意するようにしましょう。

わきがの方へのワンポイントアドバイス

デオナチュレが1位になった理由、選ばれる1番の理由がこのわきがに悩む方々からの支持です。そこでわきがを心配される方にちょっとした裏技をご紹介しましょう。それは「休制汗剤日」を作ることです。

制汗剤は汗腺を締める役割を果たすものですので、どうしても汗腺にストレスが溜まります。そうすると老廃物が溜まりやすいと先ほど言いましたように、身体が「おかしい。汗腺がうまく機能しない。もっと頑張らねば!」と過剰に働きすぎてしまうのです。

これは他の制汗剤にもいえることですが、たまの休日などは汗腺をきちんと働かせる日を作りましょう。そうすることで汗腺の過剰な働きを抑え、効果を長持ちさせることができますよ。

ベストコスメ大賞2009年殿堂入り デオナチュレ
参照元:株式会社シービック(2016年7月時点、著者調べ)

deonatulle.com



8×4(エイトフォー )

CMでよく見かける商品として8×4は欠かせません。実は著者もこの製品を使っていますが、その匂いや性能に満足しています。スプレータイプとロールオンタイプが主力商品ですが、著者はロールオンタイプの方が効果が強い気がします。それは上記でも言った「スプレータイプ<ロールオンタイプ<スティックタイプ<クリームタイプ」のためでしょう。

いくつか商品をご紹介します。それぞれ性能は同じですが、香料など全く違いますので、ご自分の好みで選んでみましょう。著者が試した感想なども併せてご紹介します。

スプレータイプ

こちらはサイズ展開も多く、自宅用、出先用と選べるのが嬉しいですね。著者は小さいサイズを愛用しています。旅行先や、友達とお風呂やプールなどシャワーを浴びなければならない時に、この小さいサイズは重宝しますよ。

8×4パウダースプレー せっけん 150g
爽やかな香りが人気の商品です。こちらであれば強い香料ではなく、清潔感のある匂いを纏うことができます。本当に手を洗ったばかりの時のような匂いで、そのいい香りに思わず自分の脇を匂ってしまったほどです。

8×4パウダースプレー フレッシュフローラル 150g
著者が使用しているのもこちらの商品です。最初はただ「ピンク色が好き」という理由で選んだのですが、いわゆる「香水臭い」というほど強い匂いではないので、つけていても苦ではありません。香水というよりは柔軟剤のような柔らかい香りです。

8×4パウダースプレー ジューシーシトラス 150g
こちらの柑橘系の香りは、夏にぴったりの匂いです。なんとも美味しそうな匂いに感じちゃいました。いろんな香料を試した著者ですが、「つけている感」が1番強い匂いだったのはこちらでした。唯一「何か香水つけてる?」と聞かれた商品です。

8×4パウダースプレー 無香料 150g
もしつけていることを知られたくないのであれば、こちらの無香料タイプがおすすめです。ほんのり微かにフレッシュフローラルに似た匂いがしましたが、つけて数分もすれば匂いはしなくなりましたよ。ジューシーシトラスのように「つけている感」は全く感じませんでした。

ロールオンタイプ

著者が普段使用しているのはこのロールオンタイプです。個人差はあるでしょうが、著者はこちらの方がスプレータイプより効果が強く感じます。制汗作用を重要視したい方であればこのロールオンがおすすめです。上記でご紹介した4つのフレグランス商品をご紹介しますね。

8×4 ロールオン せっけん 45ml

8×4 ロールオン フレッシュフローラル 45ml

8×4 ロールオン ジューシーシトラス 45ml

8×4ロールオン 無香料 45ml
ロールオンタイプはこの4種類にのみになります。スプレータイプにはまだまだ多くの種類がありますよ。缶のデザインがかわいいフェアリーシリーズなどは見ていても楽しい商品です。

8×4パウダースプレー フェアリースウィート 150g
このように様々な商品展開している8×4ですが、その性能はどうなのでしょうか。これは著者も気になるところなのですが、「制汗作用・消臭作用共にバランスが取れている」といった性質があります。例えば先ほどのデオナチュレですと、制汗作用のほうに強い商品です。

■デオナチュレは汗をかかないようにする制汗作用は強いが、もしかいてしまった場合消臭作用は弱い
■8×4は制汗、消臭共にバランスが取れているが、制汗作用だけで言えばデオナチュレより劣る

ということになります。身だしなみ程度に制汗剤を使いたい方は8×4、制汗作用を重視するならデオナチュレといったところでしょうか。では他の商品も見てみましょう。

花王株式会社 8×4
参照元:花王株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

AG+

こちらも良く見かける商品ですよね。

■スプレータイプ
■ロールオンタイプ
■スティックタイプ
■シートタイプ

とその商品展開の多さも魅力のひとつです。このAG+のCMを見た方ならわかるかもしれません。こちらの商品は「匂わない」ということを前面に押し出した製品です。つまり「制汗作用よりも消臭作用に優れた商品」と言えます。ここまでご紹介した3つの製品をまとめてみましょう。

■制汗作用ならデオナチュレ
■消臭作用ならAG+
■バランスをとるなら8×4

このようになります。そんな消臭作用に強いAG+にはどのような商品があるのでしょうか。それぞれのタイプを少しずつご紹介しましょう。

スプレータイプ

エージーデオ24 パウダースプレー 無香料 180g (医薬部外品)
もちろん香料タイプもありますが、今回は全て無香料タイプのご紹介です。「ニオイフルブロック技術採用」とされている通り、お肌に隙間なく密着して菌の繁殖を抑えることができます。制汗剤の中で1番効果が弱いとされているスプレータイプですが、AG+であればその消臭作用は抜群です。

ロールオンタイプ

エージーデオ24 デオドラントロールオン 無香料 40ml (医薬部外品)
ロールオンの中でも速乾性の高い商品として人気です。先ほどのデオナチュレでも使用されていた「みょうばん」成分が配合されています。このみょうばんは制汗作用のある成分として制汗剤によく使用される成分です。

スティックタイプ

エージーデオ24 デオドラントスティック 無香料 20g (医薬部外品)
多少の汗ならばロールオンタイプよりも効果が強いのがこのスティックタイプです。スティックタイプならではのぬるっとした付け心地は少なく、さらりとした仕上がりが人気のようです。

シートタイプ

エージーデオ24 クリアシャワーシート 無香料 40枚
制汗剤の使用過度は抑えた方がいいとご説明したとおり、もし日中使いたいのであれば、このシートタイプを使うようにしましょう。これであれば吹いた後の爽快感もあり、お肌のトラブルを招きにくくなります。

このように様々なタイプのあるAG+ですが、この「AG」というものが何かご存知ですか?これは化学式でいう「銀」を表します。そう、このAG+は銀の力を借りて消臭している商品なのです。「銀含有ゼオライト」という成分は殺菌効果があるものなのですが、これを利用して制汗剤を作ったのは資生堂さんのこのAG+が世界初なんですよ。銀による消臭作用は非常に優れているため、「AG+は消臭作用の強い制汗剤」ということになるんですね。

エージーデオ24|資生堂
参照元:株式会社資生堂(2016年7月時点、著者調べ)

www.shiseido.co.jpShiseido Co., Ltd.

リフレア

ロート製薬から販売されている制汗剤がこの「リフレア」になります。この商品も「消臭作用に強い商品」と言えるでしょう。それは菌に対する殺菌成分が2種類配合されていることでもわかります。それはベンザルコニウム塩化物とイソプロピルメチルフェノールという成分です。この2つの強い殺菌効果により、消臭作用の強い制汗剤として人気があるのです。

リフレアにも様々な商品があります。

■クリームタイプ
■クリームバー(スティック)タイプ
■リキッド(ロールオン)タイプ
■ミスト(スプレー)タイプ

それぞれ名称は違いますが、やはりこの4つの種類があります。

クリームタイプ

リフレア デオドラントクリーム (ジャー) 55g (医薬部外品)
こちらは今までご紹介したクリームタイプと同じものです。手が汚れるというデメリットはりますが、しっかり塗りこめるので高い効果を得たい方はやはりこのタイプがおすすめです。

クリームバータイプ

リフレア デオドラント クリームバー 20g (医薬部外品)
「クリームバー」と言われていますが、こちらはスティックタイプの制汗剤です。これならば手が汚れることはありませんね。その高い密着力が人気の秘密です。

リキッドタイプ

リフレア 汗シールド パーフェクトリキッド 30mL (医薬部外品)
こちらは携帯にも便利なロールオンタイプのリキッドです。効果を得るためのポイントとして、しっかり乾かしてから洋服を着るようにしましょう。先ほどのAG+のロールオンよりも乾きにくいので、塗れたまま服を着用してしまうと洋服についてしまい効果が薄れてしまいます。

ミストタイプ

リフレア デオドラントミスト 15mL (医薬部外品)
スプレータイプに近い商品ですが、霧吹きのようなもので、細かくした液体をかけるといったようなイメージが近いと思います。こちらも散布後はしっかりと乾かすようにしましょう。

足用の商品も

メンソレータム リフレア 瞬間足汗さらさらショット 45g (医薬部外品)
リフレアには足用の商品もあります。足の汗対策をされたい方は、きちんと足用の商品を買うようにしましょう。

このようにリフレアにも様々な商品がありますが、殺菌力の高さでいえば上記の3つの商品の中でも1番効果が高い商品です。ここまで紹介した4つの商品を比べてみましょう。

■制汗作用重視ならデオナチュレ
■消臭作用ならAG+
■制汗・消臭バランスが取れた8×4
■殺菌作用ならリフレア

このようになります。殺菌効果は臭いの原因の菌を殺すということですので、消臭作用に通じるものです。「AG+は銀で臭いを抑える」「リフレアは殺菌力で臭いを抑える」という差があります。

制汗剤ならリフレア | ロート製薬: 商品情報サイト
参照元:ロート製薬株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

jp.rohto.comロート製薬

レセナ

最後にご紹介する商品が、ランキング5位になったレセナです。こちらはユニリーバから販売されている商品になります。

■スプレータイプ
■スティックタイプ

の2種類の商品展開がされています。このレセナをタイプに分けるとするならば「制汗作用に有効なタイプ」になります。デオナチュレと同じタイプということですね。

スプレータイプ

レセナ ドライシールド パウダースプレー 無香性 135g
商品にも「ニオイの原因、汗をブロック」と書かれていることからも、制汗作用に強い商品だということがわかります。料金も他の商品と比べると比較的リーズナブルなのが魅力です。

スティックタイプ

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性 20g
「パウダー」と書かれているのがわかるかと思います。それはスプレーでも同じなのですが、塗った時はパウダー感があるのですが、汗をかくとそれらがジェルのようになることで、発汗を抑える効果があるのです。このようにレセナは「パウダーからジェルに変化することで発汗作用を抑える」という働きの制汗剤です。

【Rexena】制汗剤デオドラントレセナ 汗を抑える!脇汗対策にも!
参照元:ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

www.rexena.com

人気商品5つ総まとめ

ここまでランキング入賞の人気商品5つをご紹介してきました。改めてその性質をまとめてみましょう。

■デオナチュレ:制汗作用が強い
・天然アルム石配合で制汗作用を高めている

■8×4:制汗、消臭共にバランスが良い
・制汗、消臭共にほどほどの性能がある

■AG+:消臭作用が強い
・銀の消臭効果で臭いを抑える

■リフレア:殺菌作用が強い
・殺菌作用の強さで臭いの原因菌の繁殖を抑える

■レセナ:制汗作用が強い
・パウダーからジェルへ変化し発汗を抑える

このような結果になりました。著者の使用している8×4はバランスはいいものの、どちらの性能も他の性能に比べると「ほどほど」ということになるんですね。

■汗をかきたくないのか
■臭いを発生させたくないのか
■使う部位はどこなのか

これらの条件で商品を選ぶのが良いようです。

女性におすすめの制汗剤

ここからはランキングには入らなかったものの、他にもまだまだあるおすすめの制汗剤をご紹介していきたいと思います。まず最初におすすめしたいのは「女性におすすめの制汗剤」です。制汗剤には男性用と女性用分かれているものもあり、それによる性能の差ももちろん存在します。そこでまず最初に女性におすすめの制汗剤をご紹介しましょう。

クリアネオ

クリアネオ(CLEANEO)わきがクリーム1本 【医薬部外品】
こちらはお値段が上記でご紹介した商品よりグンと跳ね上がります。しかし安心の日本製でもあり、無添加・無香料で作られているため、女性ならではのお肌のトラブルが起こりにくい商品でもあります。しかも保湿効果も高いため、その使い心地の良さにも定評があります。加齢による酸化臭や脂臭にも効果があるんですよ。

■各検査実施で効果・安全性を証明

放射線物質検査では、放射性物質0の検査結果。さらに殺菌検査では、殺菌効果99.999%と実証されました。
また抑臭効果も合わせて検証し、「30分間で抜群の抑臭効果を発揮する」と認められています。
そして、金属・アルコールにアレルギーをお持ちの方にも安心してお使い頂けるよう、DRC株式会社監修のもとでクローズドパッチテストも実施。24時間クリアネオクリームを付け続けても、お肌に異常は見られませんでした。
安全性の高さに自信を持ち販売しております。

出典:

www.amazon.co.jp
このように高い殺菌能力を持ちながらも、金属やアルコールアレルギーの方でも安心して使えるのがおすすめの理由です。

クリアネオ(cleaneo)公式サイト|わきが・加齢臭・足臭対策クリーム-[クリアネオ(cleaneo)公式ショップ]
参照元:株式会社ソーシャルテック(2016年7月時点、著者調べ)

ロエグア

ワキガと脇の臭い専用!体臭対策 消臭効果専門 肌に優しい無添加 医薬部外品 【ロエグア】30ml

12種類の添加物を一切、加えることなく、体の嫌な臭いをワンプッシュで消し去ってしまう、お肌への安全性と効能を極限まで追求しました。

合成界面活性剤 石油系界面活性剤 合成ポリマー パラベン類 紫外線吸収剤 法定色素 合成香料 シリコン 鉱物油 オイル 動物由来原料

すべて不使用です。

出典:

www.amazon.co.jp
こちらもクリオネアと同じく日本製の商品です。こちらもデオナチュレ同様みょうばんを使用した商品で、制汗作用に強い商品になります。なおかつ瞬間消臭力にも優れているので、急に人と会うことになった時などは消臭スプレーとしても使えます。成分も女性への肌に最大限優しい作りになっているので、肌荒れなどのトラブルも起きにくい商品です。

わきがが気になる方におすすめの制汗剤

わきが用に作られた制汗剤もたくさんあります。その数からも、わきがに悩まれる方の多さがわかりますね。そこでお次に紹介するのは「わきがの方におすすめしたい制汗剤」です。

ワキガード

ワキガード ワキガ・汗臭・制汗用ジェル 50g【医薬部外品】
商品名からズバリな商品です。こちらは透明なジェルタイプになっていて、制汗作用よりも殺菌・消臭作用の強い商品になっています。アルコール成分が入っていないのでお肌に優しく、無駄毛処理などのあとにもしみたりしません。

ワキガード│製品情報│小林製薬株式会社
参照元:小林製薬株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

Ban

Ban(バン) 汗ブロックロールオン プレミアムラベル 40mL (医薬部外品)
通常の制汗剤としても数多くの商品展開をしているBanから、わきに強い制汗剤が出たのをご存知ですか?こちらは制汗作用に強い商品です。ナノイオン制汗成分が配合されており、汗腺をしっかりブロックしてくれます。

制汗剤デオドラントBan | ライオン株式会社
参照元:ライオン株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

薬用ラヴィリン

薬用ラヴィリン フォーアンダーアーム(ワキ用)
こちらは「消臭作用が長続きする商品」です。日本だけでなく世界でも人気の商品になっており、amazonでもレビュー数が150以上あるのに、平均4,1という高い評価を得ています。しかも1度塗ればその効果は一週間持つといわれており、シャワーや海水浴でも落ちることのない効果があるのです。それなのにハーブを主成分としているためお肌にも優しい製品です。

薬用ラヴィリンクリームシリーズ | 株式会社オムニ
参照元:株式会社オムニ(2016年7月時点、著者調べ)

頭にも使える制汗剤はある?

ここまで脇や足などに使える制汗剤をご紹介してきましたが、どこよりも汗をかきやすいのは頭でもあります。髪の毛でカバーされているものの、日光を直接浴びることで、おでこから汗が流れてきてしまうことってありますよね。

しかし頭皮用の制汗剤というとあまり見かけません。よく見かけるのは「ヘッドフリーザ」といわれる「冷やす」役割をしてくれるものです。こちらは制汗作用などはありませんが、冷やすことで汗を抑えることはできます。

GATSBY (ギャツビー)

GATSBY (ギャツビー) ヘッドフリーザー シトラスブリザード 100g

株式会社マンダム|ブランド情報 – ギャツビー
参照元:株式会社マンダム(2016年7月時点、著者調べ)

アイスドライ

熱中対策 頭髪用アイスドライ 158g

きりばい|桐灰化学株式会社|KIRIBAI | 製品案内 | 熱中対策 | 熱中対策 頭髪用アイスドライ
参照元:桐灰化学株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

ひやしま専科

ひやしま専科 ヘッドひえスプレー 70g

ひやしま専科:玉川衛材株式会社
参照元:玉川衛材株式会社(2016年7月時点、著者調べ) このように「汗をかいてしまってから使える」ものは多くあります。しかし汗そのものを抑える制汗剤などはないのが実情です。なぜなら頭皮からの汗を抑えることは健康にあまり良くないとされているからです。もし頭からの汗が気になる方は、上記のような商品で清涼感を得る程度にしましょう。

中学生と制汗剤

中学校によっては、制汗剤の持ち込みを禁止している学校もあるでしょう。しかし上記でも説明してきた通り、制汗剤は寝る前の綺麗な身体で塗ることでその本来の効果を発揮します。もし学校への持ち込みが禁止されている場合は、前日の夜から塗っておくといいでしょう。

持ち込みが禁止されていない場合ですが、中学生という時期は、身体が作られる大事な時でもあります。その時に汗腺に蓋をするようなことはあまりおすすめではありません。それでももし臭いが気になるというのであれば、制汗シートなどを利用しましょう。お小遣いで買える範囲でも、制汗シートは買えますよ。

ビオレ

ビオレさらさらパウダーシート せっけんの香り 携帯用10枚

花王 ビオレ
参照元:花王株式会社(2016年7月時点、著者調べ)

AG+

(資生堂)Agデオ24 クリアシャワーシートNa(SV) フレッシュサボンの香り 10枚入

エージーデオ24|資生堂
参照元:株式会社資生堂(2016年7月時点、著者調べ)

マンダム

(マンダム)ハッピーデオボディシート さらさらパウダーイン(クリアフローラルの香り)10枚

マンダム(mandom)|商品情報|マンダム
参照元:株式会社マンダム(2016年7月時点、著者調べ) このように、大手製薬会社から制汗シートは発売されており、どれも200円程度で購入できるものばかりです。スプレーなどの制汗剤に比べれば性能は劣るかもしれませんが、汗の臭いを拭き取り、爽快感を得られるという点では負けていません。ぜひこのようなシートを活用するようにしましょう。

まとめ

今回は制汗剤について色々とご紹介してきましたがいかがでしたか?最後にこれまで紹介した情報をまとめてみたいと思います。

■制汗剤の正しい使い方
・お風呂上りで綺麗な状態
・寝る前の汗をかく前の状態
■制汗剤には2つの性能がある
・発汗を抑える制汗作用
・臭いを抑える消臭作用
■制汗作用を重要視する場合
・デオナチュレ
・レセナ
■消臭作用を重視する場合
・AG+
・リフレア
■両方のバランスを重視する場合
・8×4
■わきがには休制汗剤日を作ると良い
■わきが用の制汗剤もある
・ワキガード
・Ban
・薬用ラヴィリン…など
■頭皮にはヘッドフリーザがおすすめ
■中学生には制汗シートがおすすめ
■制汗剤の過度の使用は肌トラブルの原因にもなる

以上のことを参考に、自分に合った制汗剤をぜひ見つけてくださいね。そして正しい使い方をし、制汗剤の力を100%発揮させることで臭いによる不安を取り除きましょう。 重曹は薬局やスーパーなどで安価で手に入り、食品としても利用できるので安心して使えます。その重曹には消臭の効果がありますので、子供やペットにも安全な消臭剤として、とっても便利に使用ができるんです。重曹の消臭方法についてまとめました。 日焼け止めを選ぶ時、紫外線吸収剤が含まれているかを確認していますか?今回は敏感肌にもおすすめの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをご紹介します。紫外線吸収剤のメカニズムや成分もご説明しますので、普段チェックしていない方は是非参考にしてみてくださいね。 女性ならば身だしなみとして行いたい脱毛。様々な処理方法の中でも、手軽でリーズナブルに行えるものとして人気なのが脱毛クリームです。今回は脱毛クリームについて評価の高い人気商品や、部位による使い方の効果的な裏技までドドンとご紹介しますよ!