最近のカードローンはスピード審査!?よくある疑問をすっきり解決!

最近はカードローンの申し込み当日に、利用ができる金融機関が多くなってきました。手軽にカードローンを開設できるようになった反面、カードローンの知識についてよく分からないという人がいるようです。そこで、よくある疑問をまとめて解説します。



カードローンスピード審査はこんなに早いの?

最近のカードローンは、申込後最短30分で利用可能となる、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などが知られています。そのほかの銀行でも最短30分や40分で、利用可能となるカードローンが当たり前になってきました。特に、ネット銀行が普及してきてから、スピード審査が定着しつつあり、楽天銀行やスルガ銀行、セブン銀行などでも最短30分で利用可能となるようです。

ネット銀行のセブン銀行などでは、カードローンに申し込みをした後、たったの10分足らずで結果の通知が来たという人もいるようです。あまりにも早く結果の通知があるため、本当に審査が通ったのか疑問に思う人もいるようです。また、スピード審査のカードローンで多いのが、インターネットからの申込受付の場合に、即日利用可能になるカードローンが多いようです。

ネット申し込みで、カードローンを申し込みをすると、受付完了のメールや審査結果のメールなど、すべて事前に文面が登録されていおり、通知をもらった人はその事務的な文面のため、手続きが本当に完了したのか心配になる人もいるようです。しかし、通知を貰ったということは、その内容を信じていいでしょう。文面が事務的な理由は既に話をしましたが、受付完了、カードローンの発行承認、カードローンの否決で使用するすべての文面をコンピューターに登録しているため、内容が事務的な文面になっているからです。 一昔前は、カードローンを申し込みしてから、利用できるまでは1週間程度かかっていたのですが、最近では銀行などの金融機関で発行する場合も、申込日当日に利用ができるようです。急な出費に備えておくためにも1枚はカードローンがあると便利です。



2枚目のカードローンは借りるのが難しい?

カードローンをすでに持っている人が、2枚目のカードローンを作ろうとしたときに、審査がなかなか通らないことがあるようです。 1枚目のカードローンを利用していて、延滞もしたことがないのになかなか通らないという人がいるようですが、なぜ通らないのか原因がわからないようです。カードローンを1枚持っている、延滞をしたことがない、年収は○○万円というだけの情報だけでは一概になぜ通らないのかということが想像ができません。

新規のカードローンで審査が通らない理由として、職業や年収、個人信用情報など3つの情報についてはよく知られていることでしょう。しかし、カードローンの二枚目となると、これらの情報だけでは審査がされません。年収に見合ったカードローンの限度額なのか、月収に見合った月々の返済額なのか、現在のカードローンの残高が恒常的になっていないか、ここら辺も新たにカードローンを増やす場合は考慮されますの。

カードローンの限度額が、年収の1/3分以上になっていないか、月収の3ヶ月分以上になっていないか、返済額が大幅に増えないかなど色々とチェックしておく必要があります。限度額については銀行系であれば、もちろん1/3以上でも審査が通ることがあります。しかし、カードローンの履歴として、残高が右肩上がりだけになっていないかなども考慮がされるでしょう。また、携帯電話やその他のクレジットの履歴なども見られますので気をつけましょう。 カードローンの審査に落ちてしまった!その原因と、個人の信用情報について簡単&シンプルに検証してみました。

ほかのローンに影響は?

カードローンを持っているといざ、ほかのローンを組みたいときに悪影響があるのではないかと考える人が多いようです。カードローン戸を複数枚持っていたり、クレジットカードを複数枚持っている場合は、確かにそのカード類の限度額総合計が利用可能になってしまします。ホームしたがって不要なカード類は怪力をしておくことをお勧めします。

ただし、カードローンを利用しているからとか、カードローンを持っているとかだけで、審査がされるわけではありません。カードローンは利用目的がない、借り入れのため、残高があると生活資金が足りないとみられることがあります。しかし、車のローンや、住宅ローンは目的がある借り入れになりますので、月々の固定費という考えで審査がされます。

カードローンの残高があったとしても、複数社にまたがって残高があるとか、延滞をした時があるとか、残高が増え続けているとかといったことがないのであれば、それほど心配する必要はないでしょうか。特に車のローンはクレジットなどで購入する場合は審査もそれほど厳しくないので通りやすいでしょう。 住宅ローンや教育ローン、車のローンなど各種ローンを組むとき、必ず行うのが金融機関による審査です。その理由を金融機関は教えてくれません。なぜ落ちたのか、ローンの審査が通らない理由・原因を自分で調べる方法をまとめました。5つのチェック項目に沿って、ローンの審査が通らない理由・原因を自分で調べてみましょう!



限度額の変更はどのタイミングでする?

カードローンは自分自身が社会的にお金を借りる能力がどのくらいあるのか、金融機関からどのぐらいの信用があるのか見るためのバロメーターともいえます。できれば、カードローンは1枚だけを利用することがいいでしょう。カードローンの2枚目を持つという意味では、1枚目で生活費が足りないということに取られてしまうため、雪だるま式に借金が増えていく兆候としてとられてしまってもおかしくはないでしょう。

2枚目のカードローンを持つことを考えるよりも、1枚目のカードローンの限度額を引き上げることを考えたことがいいのではないでしょうか。カードローンを利用して残高が上下している動きであり、延滞をした経験がなければ信用度はあががるでしょう。また、利用をしたことがなくても信用があがるのではないでしょうか。カードローンを作ったことがない人が、ある一定の年齢になって作りたいと思ったときに個人信用情報が全く登録されていないため、社会的な信用を示せるものがないため作れないという人もいます。

一概に、カードローンを作ることが悪いということがないでしょう。また、話は変わりますがカードローンは王座を開設してから発送まで1週間~2週間以上かかりますので2週間たってもカードローンが発行されない場合もあります決して遅い2週間は遅いわけではありません。なお、カードローンの審査はほとんど保証会社で行なっています。保証会社がどこかで作りやすい銀行かどうか判断ができるでしょう。 金融機関でカードローンの増額審査を受けたことはありますか? その金融機関とカードローンでさらに取引を深めていくといずれこの増額審査を経験することになるでしょう。ひとつは金融機関の側からの提案として、もうひとつは利用者側からの申し込みを通じて。どちらにしても増額はよりカードローンの利便性を高めることにつながります。この記事ではその増額審査に際して利用者としてうまく通過するためのABCを解説します。

まとめ

カードローンのスピード審査化に伴って、機械的に審査をする傾向にあります。審査ではどういうところがポイントとなるのか、覚えておくことにより審査の通りやすい銀行かどうかを見極めることができるでしょう。また、延滞履歴やカードローンを作ったことがないのに、審査が通らないという人もいます。そういう人は、年収、月々の返済額、限度額の合計額が審査に大きく影響しているのではないでしょうか。

カードローンを作成した時ない人は、社会的に自分の信用力を示したことがない人であるため、審査が通らないというケースがあります。従って信用力をつけるために、カードローンを1枚作っておくということもいいのかもしれません。