カードローンで20万借りるとどうなる?返済から滞納まで簡単に解説

カードローンを使い慣れていない人が、残高が20万、30万と聞くと驚くようです。パートナーがカードローンを使っていることがわかり、毎月返済しているのにいつまで支払えばいいのだろうと考えるでしょう。そこでカードローンの簡単な説明をまとめました。



カードローンが20万とは?

カードローンと聞くと気軽に借金ができておっかないと考える人がいるでしょう。私も限度額がかなり大きいカードローンを持っていますが、上手に利用することで逆に家計が楽になることがあります。また、カードローンの残高が20万円もあると聞くと驚くでしょう。 20万円を借金したということになりますので、一体そのお金を何に使ったのだろうと、パートナーがカードローンを使っていた場合は考えるのではないでしょうか。

しかし、カードローンが20万というのは決して大きい枠ではなく、付き合いでお金が足りなく知らず知らずに使ってるうちに20万円に達してしまう、ということもあるようです。その場合は明らかにお小遣いが足りないということになりますので、家計の見直しが必要になるでしょう。無理な節約によって生まれた借金ということになりますので、そこら辺の事は考える必要があるのではないでしょうか。

カードローンが20万円とは、 20万円借金があるということまでは認識ができる人が多いようですが、なぜそこに至ったのかということを不思議に思う人もいるようです。私が金融機関に勤めていたときは、カードローンの利用残高が20万円というのはそれほど大きい金額ではない部類に入ります。取り返しのきかない金額ではありませんので、しっかりと家計の見直しをして立て直すことをお勧めします。 カードローンは計画的に利用すれば、突然の出費に備えたり生活費を補てんしたりと非常に便利なローンです。ただしカードローンはクレジットカードと同様信用情報として登録されています。カードローン履歴は今後車や住宅ローンを組む際に審査に影響を与えることもあります。カードローン履歴の仕組みについて紹介しましょう。



限度額20万円とは?

先にも話をしましたがカードローンは、借金だということがわかっているという人は多いようです。しかし、仕組みや言葉がよく分からないという人がいます。その中でよくある疑問として、限度額とは何かという基本的なことを分かっていない人がいるようです。限度額というのは、カードローンを利用して借りられる最大値ということになるでしょう。

限度額が20万円というのであれば、20万円までお金を引き出しできる、 50万円であれば50万円まで利用ができる、100万円であれば100万円までお金を借りることができるといったように、そのカードを利用することによって引き出しができるお金の合計額が限度額ということになります。20万円というと決して少ない金額ではないでしょう。人によっては1ヵ月分の収入という人もいるのではないでしょうか。

しかし、 20万円のカードローンで首が回らなくなるという事はあまりないでしょう。 20万円のカードローンの返済のために、別のカードローンを使う、そしてそのカードローンの返済のために、別のキャッシングを使うといったように、カードローンを使っていることを家族に内緒にして自分でなんとかしようとするために借金が膨らんでしまうという人が多いようです。そうならないためにも、カードローンは家族に内緒にすることはお勧めできません。 カードローン申し込み後、もっと限度額が欲しい!足りない!という時は、限度額を上げてもらうことができます。しかし、限度額を上げるのは、新たな融資・追加融資のようなものですから、利用状況や審査によってお断りされてしまうこともあります。限度額を上げるにはどんなことに気をつける?これなら大丈夫というコツはあるの?という疑問について、元行員がお答えします。

残高が減らないのはなぜ?

カードローンを借りたあと、毎月真面目に返済しているのに一向に返済が終わらないのはなぜ?と考える人がいるようです。いったいいつまで返済し続けたらいいのだろう?と思うのは当たり前ではないでしょうか。カードローンを限度額まで借りると、大体半分以上は利息の支払いになるようです。したがって、元金があまり減ることがありません。

場合によっては、返済額の8割ぐらいが利息ということもありますので、カードローンの利用明細を見て、返済金額の内訳を把握することをお勧めします。いくらが現金で、いくらが利息に返済しているのか把握をしましょう。 20万円や30万円のカードローンであれば、月々の返済額はそれほど大きくありませんので、月々の返済額以上の金額をカードローンに入金後すれば元金がどんどん減っていきます。

カードローンの利息は決して安くはありませんので、カードローンに月々の返済額以上の金額を自動機から入金をするか、余裕があるのであれば毎月1,000円や2,000円 、5,000円といった積み立てをしてまとめて返済することもいいのではないでしょうか。 借金(消費者ローンやクレジット、キャッシング等)をする人は、「これぐらいは返せるだろう」、「このぐらいの期間であればなんとかなるだろう」と思ってお金を借りるのだと思います。そこで利息について考えたことはありますか?利息の計算はそんなに難しくありません。ちょっとしたコツさえつかめば簡単にできます。ザックリとした利息を頭に入れて本当に借金をしなければいけないのか意識をすることをお勧めします。



滞納した場合はどうなるの?

カードローンを1回延滞、 2回延滞、3回延滞としていくと、いずれ内容証明の督促状が届くことになります。それでも返済をしないと、裁判所から通知が来ます。こうなってからでは、社会的にはもう遅くなりますので、できれば1回目の延滞のあとから次の返済が来るまでの間に、返済をすることをお勧めします。

1回目の延滞や、2回目の延滞、3回目の延滞で個人信用情報にキズはつきますが、裁判所まで行きますと個人信用情報に大きなキズがつきます。延滞だけでも、今後のローンを組むことが難しくなるのですが、裁判所までいった場合は数年間はローンが組めないことを覚悟しなければいけません。

万が一家族に内緒でカードローンを借りている場合は、しっかりと打ち明けて、家族で家計を見直しながら返済計画を立てることをお勧めします。 カードローンの返済を延滞していたら、とうとう裁判所から呼び出しの訴状が届いた!どうしたらいい?どこまで強制力がある?よくわからないから無視してしまったらどうなる?裁判になったらどうしよう!パニックになる前にしなくてはいけないことがいくつかありますので、それらをわかりやすく解説していきます。

まとめ

ここまででカードローンの簡単な説明をしてきましたが、あまりいい事を話をしませんでした。しかし、カードローンは上手に利用をすると、家計が楽になる場合があります。カードローンが一概にに悪いということではありませんので、利用の仕方を間違わないで計画的に使うことをお勧めします。

また、パートナーがカードローンを利用していることを知った場合、無理な節約によってカードローンの利用に陥っていないのかしっかりと把握しましょう。そのうえで、家計の見直しをするといいのではないでしょうか。 金融機関の人からカードローンの口座開設をお願いされたけど、メリットがわからないという人がいるでしょう。現金がないときにはクレジットカードを利用すれば買い物が出来るし、物入りのときには貯蓄を取り崩せばいいのではないかと考えるようです。