JCBギフトカードを購入する方法は?実は意外なところでも販売している

JCBギフトカードは、全国100万店で利用ができるギフトカードです。利用できる店も多く特定の店の買い物にこだわることなく買い物ができるため、贈り物とすると喜ばれることでしょう。そんなJCDギフトカードの、購入方法についてまとめていきます。



JCBギフトカードの購入方法とは

JCBギフトカードは、全国100万店で利用ができるギフトカードです。大型スーパーや百貨店、ショッピングモール、電化製品量販店などで利用が可能です。利用ができるお店が多いため、 VJAギフトカードよりも使い勝手がいいのではないでしょうか。そのため、手にすると家計の足しになるため喜ぶ人も多いでしょう。

そんなJCBギフトカードを贈り物として相手に届けるのもいいですよね。特定のお店の商品券と違い、使い道が様々ありますので贈物としては最適ではないでしょうか。 JCBギフトカードの購入方法について数通りの方法があります。 JCBから直接購入する方法や、販売店から購入する方法、金券ショップから購入する方法など色々あるでしょう。

JCBギフトカードは金券になりますので、額面の金額が購入価格になります。しかし、購入方法によっては割安で購入できたり、配送料や箱代などがかかることがあります。ちゃんとした送り物にしたいのであれば、 JCBや販売店で購入するのがいいでしょう。しかし、何かの賞品や自分で使うなどできるだけ安く購入する方法も、覚えておくといいのではないでしょうか。 親族や友だちが就職をした機会にお祝い金を贈りたいと思ったもののまず気になるのが、どんなものをどれくらいの金額で送ったら喜ばれるかというところですね。お祝い金などを贈る時は一般的な相場を確認してから贈ることで、相手にも心から喜んでいただけるでしょう。今回は就職祝いの相場についてお伝えします。



ギフトカードの価格には2種類ある

JCBギフトカードの種類には2種類の金額種別があります。金額は5,000円券と、1,000円券です。10,000円のお祝いのお返しとして、半返しと考えると丁度5,000円の金券を購入できます。しかし、このほかには箱代や発送料などがかかってきますので、購入場所を考えて贈り物をするといいのではないでしょうか。

5,000円の景品として使う場合は1,000円券5枚、もしくは5,000円券1枚を、10,000円の景品として使う場合は、5,000円券2枚か5,000円券1枚と1,000円券5枚にするといいでしょう。いずれにしても、相手が使いやすい組み合わせで届けるといいのではないでしょうか。

ギフトカードは金券になりますので、基本的には額面の金額が購入価格になります。いかに購入価格以外の費用をかけないかで、節約ができるかできないかになるでしょう。

JCBギフトカードのご案内|クレジットカードなら、JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ) JCBギフトカードをご存知ですか。春に入学祝いや就職祝いなどで貰ったという人も多いかと思います。貰ったのはいいけれど使わずにそのまましまってあるということもあるかも知れないので、お得な使い道などをいくつかまとめてご紹介したいと思います。

消費税はかからない

JCBギフトカードを購入するときに、消費税がかかるのか心配になる人がいるようです。金券のようなものには、消費税がかからないことになっています。国税庁のホームページにもしっかりとこのことが、記載されていますので覚えておきましょう。

ギフトカードのような金券は、購入する時に消費税はかからず、ギフトカードを使用して商品を購入する時に消費税がかかります。したがって、額面の金額には消費税込の金額と同様ということになります。お金と同じ性質のものを購入するのに、消費税がかかるということはちょっと考えるとおかしいことに気が付くのではないでしょうか。

購入するときに消費税がかかり、利用するときに消費税がかかるとなると、国で税金の二重取りになります。国では税金の二重取りをしないようにしていますので、金券などを購入するときには消費税がかからないのは理屈的に考えると分かりやすいのではないでしょうか。

No.6229 商品券やプリペイドカードなど|消費税|国税庁
参照元:国税庁(2016年6月時点、者調べ)



ネットで購入する方法

JCBギフトカードはインターネットで購入ができます。インターネットで購入する場合は24時間購入可能で、届け先も自分の自宅ではなく贈り物をしたい相手に直接届けることが可能です。また、電話でも購入が可能です。ギフトカードの額面の以外にかかる費用としては、包装代よび配送料が必要になります。

包装にはカードケース、紙箱、メッセージギフトケースと3種類があり、紙箱は100円、メッセージギフトケースは150円、カードケースは無料となっています。いずれも、のし紙をつけてもらうことが可能です。また、配送料はインターネットで申し込みをした場合は、全国一律380円(税込)、電話で申し込みをした場合は全国一律640円(税込)となっているようです。

なお、支払いを現金でする場合は銀行振込となりますので別途振込手数料がかかってきます。しかし、クレジットカード払いの場合は振込手数料がかかりませんので、多少お得となるでしょう。

包装・のしについて(インターネット・お電話でご購入の場合)|JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ)

JCBギフトカードのインターネットでのご注文について|JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ)

JCBギフトカードデスク|クレジットカードなら、JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ)

カード払いで購入するには

JCBカードホームページ引用
ご利用になれるJCBカードは、カード番号の頭4桁が次のものとなります。
3540~3543
3550~3553
3573~3574

出典:

www.jcb.co.jp
JCBギフトカードを購入するときにクレジットカードで購入するする場合は、 JCBカードで購入ができます。ただし、JCBカードの頭の4桁が上の引用に該当する場合のみ、クレジットカードで購入ができるようです。クレジットカードで購入ができない場合は、当然現金で購入することになるでしょう。

クレジットカードで購入をすると、既に話をしていますが振込手数料必要ありませんのでお得になっています。また、クレジットカードで購入すると、ポイントもつきますのでお得でしょう。

JCBギフトカードのインターネットでのご注文について|JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ)

金券ショップで購入するとどのくらいお得?

では、 JCBで直接購入せずに金券ショップで購入した場合はどのくらいお得になるのでしょうか、見ていきましょう。金券ショップで購入すると1,000円のものが987円、 5,000円のものが4,980円ぐらいで購入ができるようです。インターネットの金券ショップでも購入ができますが、送料等がやはりかかりますので、インターネットで購入する場合はJCBから直接購入したほうがお得のようです。

しかし、地元の金券ショップなどで購入できるのであれば、少しはお得に購入ができるでしょう。ギフトカードは金券ショップで購入するというよりも、金券ショップにいって買い取ってもらうほうが利用価値があるのではないでしょうか。

販売情報:[商品券・ギフト券]/金券ショップ ダイヤチケット : 販売一覧
参照元:金券ショップ ダイヤチケット(2016年6月時点、著者調べ) 商品券をもらったら、どうしていますか?デパートの商品券など、ショッピングで気持ちよく使ってしまうのも一つですが、商品券を買い取ってもらって現金にする方法もあります。商品券の買取はこれまでになく身近になっています。お店も近くにあるし、郵送で送って買い取ってもらうこともできます。そして何より、買取価格は思ったよりも高額でした。

イオンは販売店ではない

大型スーパーのイオンでJCBギフトカードを購入できそうですが、実はイオンはJCBギフトカードの販売店に登録はされていないようです。 JCBギフトカードをイオンで利用することが可能なのですが、購入はできません。イオンは自社の商品券を販売しているため、他社の商品券やギフト券を販売することを控えてるのかもしれませんね。

JCBカード
参照元:JCBカード(2016年6月時点、著者調べ)

ヤマダ電機で購入ができる

JCBギフトカードをヤマダ電機で購入ができます。ヤマダ電機はJCBギフトカードの、販売店登録がされているようです。ヤマダ電機で販売しているのは、ちょっと私としては意外な気がしたのですが、電気量販店でJCBギフトカードが購入できるのはありがたいのではないでしょうか。

ヤマダ電機で販売しているのがちょっと意外だということのには理由があり、ヤマダ電機はVJAギフトカードが利用できない唯一の電気量販店だからです。ギフトカードの利用にあたっては積極的ではないお店であると、勝手に想像していました。支払い方法は現金で、1,000円券のみ販売をしているようです。

まとめ

JCBギフトカードの購入する方法をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。イオンで購入できないのはちょっと意外でしたが、ヤマダ電機で購入できるのも意外ではなかったでしょうか。購入価格も額面通りのJCBギフトカードですが、購入にあたっては箱代などの包装料や、配達にかかる配送料などが別途必要になります。

また、店頭で購入しない場合は振込み手数料が必要になる場合もあります。ギフトカードとしては全国100万店で利用できるJCBギフトカードは、ほかのギフトカードに比べると手軽に利用ができるでしょう。金券ショップなどに行くと500円のJCBギフトカードなども販売されているようですので、金券ショップなどで割引率が低いとしても数千円分を購入しておくとお得かもしれませんね。

お届け物をするときに、何を贈るか迷ってしまいますが、利用できるところが色々あるギフトカードであれば貰った人が好きなものを購入できるのでお勧めの贈り物です。JCBカードをもている人であれば、JCBから直接購入してもそれほど損にはなりませんので、ギフトカードは正規のルートで購入するといいでしょう。