【カードローンの使い方】利用条件と金利を銀行別に比較してみた

冠婚葬祭や思いがけない病気・怪我等で急にお金が必要になる場合がありますよね。家族や友人から借りられればよいですが、そうもいかないときはカードローンを使うという方法があります。カードローンの使い方について、銀行別にまとめました。



カードローンの使い方について

ATMの他、ネットで来店せずに利用も可能

カードローンとは、銀行や消費者金融、信用金庫などからする借金のことです。カードを作成してローンを組むため、カードローンと呼ばれています。保証人を用意したり、不動産に担保を設定したりする必要はありません。また、返済は分割で行うことができます。融資の際には審査がありますが、中には学生や専業主婦でも借りられるカードローンもあるほどですので、それほど厳しい審査というわけではありません。

借り入れの仕方ですが、まずはカードローンの申し込みをします。申し込みは各金融機関の窓口で行うことができる他、ネットや電話、郵送でも可能です。また、支店に置かれている自動契約機を利用することもできます。

申し込み後、審査がなされて借入れ限度額や金利などが決められます。カードが発行されれば、ATMを利用して借り入れをすることができます。また、口座振込みや窓口でお金を受け取るという方法もあります。ネットを利用する場合は、カードが無くても借り入れをすることが可能です。

価格.com – カードローンとは – カードローン比較
参照元:株式会社カカクコム(2016年7月時点、著者調べ)

キャッシングとの違いは?

キャッシングとは、クレジットカードや銀行等のキャッシュカードを使って、ATMや窓口でお金を借りることです。カードを使ってATMからお金を受け取る、という点ではカードローンと同じですし、保証人や担保が必要ない点も同様です。

では何が違うのかというと、返済方法です。カードローンの場合は分割返済が可能ですが、キャッシングでは基本的には一括返済をすることになっています。

また、カードローンの特徴として、借り入れ限度額内であれば何度でも借りたり返したりを繰り返すことができる、という点も挙げられます。

キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン
参照元:株式会社エイチームライフスタイル(2016年7月時点、著者調べ) お金を借りる手段としてよく聞く、カードローンとキャッシング。この二つはどのように違い、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。この記事では、知っているようでしらないカードローンとキャッシングについて解説をしていきます。

銀行なら消費者金融よりも低金利

カードローンは銀行や消費者金融など様々な金融機関が行っていますが、金利が低くてお得なのは銀行のカードローンです。消費者金融のカードローンの場合、金利は大体5~18%であるのに対し、銀行のカードローンは3~15%が相場のようです。

ただし、銀行のカードローンは、審査に時間がかかったり厳しく審査されたりする傾向があるようです。急いでいる場合は、「即日融資」など融資までのスピードを売りにしている銀行を選ぶとよいでしょう。また、既に口座を開設している銀行なら審査にかかる時間も短縮できるようです。

価格.com – 銀行カードローン – カードローン比較
参照元:株式会社カカクコム(2016年7月時点、著者調べ)



銀行別・利用の流れとローンの内容

三井住友銀行の場合

【申し込みから借り入れまでの流れ】
ネットやローン契約機で申し込みをした場合、審査は最短30分で行われます。その後、郵送またはローン契約機でカードを受け取り、三井住友銀行のATMまたはコンビニのATMで借り入れをします。即日カードを発行してもらいたい場合は、ローン契約機でカードを受け取りましょう。そうすれば、当日中に借り入れまで行うことができます。

三井住友銀行の口座を持っている場合は、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)から申し込みをすることで、既に手元にあるキャッシュカードで借り入れをすることができます。

なお、学生でも借り入れすることはできますが、専業主婦や無職の場合は借り入れができません。

【ローンの内容】
・金利:4.0~14.5%
・借り入れ限度額:800万円

三井住友銀行カードローン : 三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2016年7月時点、著者調べ)

三菱東京UFJの場合

【申し込みから借り入れまでの流れ】
ネットで申し込みをした場合、最短30分で審査がなされ、即日借り入れが可能です。特に急いでいる場合はテレビ窓口からの申し込みをすると、その場で審査・カード発行がなされるため、最短40分で借り入れまで行うことができます。

借り入れはUFJのATMの他、コンビニATMや他の提携ATM、口座からも行うことができます。ATMの利用手数料は無料となっているのが嬉しいですね。

また、学生の他、専業主婦でも借り入れが可能になっています。

【ローンの内容】
・金利:4.6~14.6%
・借り入れ限度額:500万円

金利は他の銀行に比べると少し高い印象ですが、借り入れまで最短40分ということですので、特に急いでいる場合にはおすすめです。

カードローン「バンクイック」 | 三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2016年7月時点、著者調べ)

みずほの場合

【申し込みから借り入れまでの流れ】
ネットで申し込みをする場合、即日の借り入れが可能で、来店をする必要はありません。ただし、みずほ銀行の口座が無い場合は、普通預金口座を開設する必要があります。

なお、専業主婦でも借り入れは可能ですが、学生は借り入れできません。

【ローンの内容】
・金利:審査結果により3.0~7.0%、または3.5~14.0%
・借り入れ限度額:1000万円

審査結果によっては、他の銀行に比べて低金利で借りられるかもしれないところが魅力ですね。

みずほ銀行カードローン
参照元:みずほ銀行(2016年7月時点、著者調べ) みずほ銀行のカードローンについては、下記リンク先記事でさらに詳しくご紹介しています。 みずほ銀行キャッシングローンは、銀行のカードローンですので消費者金融と比べると金利が低いのが特徴です。キャッシングをするのであれば、銀行がおすすめですが、みずほ銀行のキャッシングカードローンにはどんな特徴があるのでしょうか? 大手都市銀行のみずほ銀行でもカードローンを発行しています。みずほ銀行カードローンの利用を考えている方のための、審査基準などをまとめました。 みずほ銀行カードローンの限度額を増額するには相当審査が厳しいのではないかと想像している方も多いのではないでしょうか。でも審査の内容というのは基本的に変わりなく「銀行だから」ということもなさそうです。今回はその傾向と対策をご説明します。

楽天の場合

【申し込みから借り入れまでの流れ】
ネットで申し込みをした場合、即日借り入れが可能です。申し込みをすると、楽天市場等で1ポイント1円として使える「楽天スーパーポイント」を1,000ポイントもらうことができるのが特徴です。借り入れはネット上で行う他、ATMを利用することもできます。

なお、専業主婦でも借り入れは可能ですが、学生は借り入れできません。

【ローンの内容】
・金利:4.9~14.5%
・借り入れ限度額:500万円

おまとめ可能!楽天銀行のカードローン
参照元:楽天銀行(2016年7月時点、著者調べ) 楽天のカードローンについては、下記リンク先記事で詳しくご紹介しています。 あなたはカードローンをどこでお作りですか? ネット専業銀行のひとつ、楽天銀行でもカードローンが発行されています。さらに楽天グループ全体で利用実績に応じてポイントが付与されるので、カードローンを利用しつつポイントも貯めることができます。

ろうきんの場合

ろうきん(労働金庫)は銀行ではありませんが、やはり消費者金融に比べると金利が安くなっています。そこで、ろうきんの代表として中央労働金庫のカードローンをご紹介します。

【申し込みから借り入れまでの流れ】
まずは仮審査が行われます。基本的には店舗へ行って仮審査の申し込みを行うことになりますが、団体会員の場合はネットからも申し込みが可能になっています。この仮審査は約1週間かかるようです。

次に、本審査に移りますが、こちらも店舗に行く必要があります。この本審査にも約1週間かかるようですので、借り入れができるようになるまで、合計約2週間かかる、ということになります。

申し込み資格は、年収150万円以上で、勤続1年以上(自営業の場合は同一事業を3年以上継続)となっています。専業主婦や学生は借り入れはできない、ということになりますね。

【ローンの内容】
・金利:3.875~8.475%
・借り入れ限度額:500万円

金利が低いのが魅力ですが、審査までかなり時間がかかりますので、お急ぎの場合は銀行のカードローンを選ぶと良いでしょう。

カードローン(マイプラン)|中央労働金庫
参照元:中央労働金庫(2016年7月時点、著者調べ) 他のカードローン会社についてもっと知りたい場合は、下記リンク先記事をご覧ください。 カードローンと言えば、消費者金融を思い浮かべがちですが、銀行もカードローンを組むことが出来るんです。金利や人気ランキングなど、実際に使った方々の意見を調べてみました。「どこのカード会社にしようかな」と迷っている人はぜひ参考にしてください。 カードローンを組むのなら、やはり大手での借り入れが1番安心できますよね。でも大手の中でもどこで借りるのがいいのかわからない…そんな方の為にカードローンを行っている大手企業の金利などを比較してみました。ぜひ参考にしてください。 また、土日祝に借り入れをしたい場合、他に専業主婦でも借り入れできるところを知りたい場合は、それぞれ下記リンク先記事をご参照ください。 どうしても今日中にお金が必要になったけど、今日は日曜日。どこかすぐに貸してくれるカードローンはないかな、という時に、即日融資してくれるところがあれば助かりますよね。そんなお急ぎの人のために、土日でも即日融資してくれるカードローン、探してみました。 急な冠婚葬祭や、病気や事故など「お金が必要!」という時のための貯金、ありますか?専業主婦の方でもし貯金がない方は、【専業主婦も申込ができるカードローン】を1枚備えておくといいかもしれません。家族にも知られずに借りられるカードローンもあるんです。 誰でも急にお金が必要になる時がありますよね。でも、お金を借りているところを誰にも見られないようにしたい。とくに夫には絶対バレたくないと考えているあなた。内緒で作れるカードローンありますよ。自宅にいながら申し込みができてお金はATMから引き出すだけの方法。休みの日でも大丈夫、方法を選べば24時間365日申し込みも即日融資もできちゃいます。そんなとっておきの情報をこっそり教えちゃいましょう。

まとめ

銀行のカードローンなら低金利で、しかも即日借り入れができることが多いようですね。急にお金が必要になった場合は、消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶとよいでしょう。特に三菱東京UFJの場合は、借り入れまで最短40分とのことですので、急いでいる場合には助かりますね。