帯留めって手作りできるの?できるんです!いろいろアイデア集

和服を着るときにアクセントになる帯留め。せっかくだから自分好みのものがほしいですよね。でも理想ピッタリの帯留めってなかなか巡り会えないもの。そんな時は自作しちゃいましょう。100均で買ったものを使うアイデアからキットまでいろいろな作り方を集めました。



手作り帯留めとは?

昔は帯留めってシンプルなものでしたが、最近は可愛い動物や花を象ったりカラフルな帯留めが増えてきましたよね。浴衣や着物をよく着る方は、帯留めにこだわったり集めたりして、着物に合わせて変えている方も多いのでは?そうでなくても、ブローチ代わりのおしゃれアイテムとして一つは持っておきたいものです。

でもなかなか好みピッタリのものって見つからないもの。あっても和装小物は小さな見た目の割に結構お値段が高くついたりします。毎日着るわけではないものにあまりお金や探す手間を掛けたくないですね。

そんな時は自分で手作りしませんか?手作りなら手持ちの着物に色や形があった自分だけの帯留めが作れます。帯留めは特に制約がないので自由に作れます。100均商品で作れるハンドメイド初心者にも優しい色々なアイデアから本格派なキット、一点ものの通販サイトを集めました。



簡単!手作り帯留めの作り方!

100均の水引で個性的に!

最近は水引が100均でも売られています。いろいろな色や種類があるので、そんな水引で帯留めを作ってみてはいかがでしょうか?色を選べばとてもオシャレになります。色の違う水引が3本と細いワイヤーがあれば他には道具は要りません。簡単に作れます。水引は難しそう…という方は丈夫な紐でも作れます。紐が太い場合は色を減らしてください。

1. 水引を30cmくらいに切って束ねてしごきます。
2. しずく型に輪を作ったら、出来た輪に水引を通します。その後も輪を作る→通すを繰り返します。なるべく輪が小さくなるように通す度に一本ずつ引っ張りながら作るときれいになります。この時、あまり立体的にせず、平面を意識して作ると水引らしくなります。
3. 好みの大きさになったら後ろに帯締めを通す輪を作ります。輪と本体の部分を10cmくらいに切った細いワイヤーでくくってほどけないようにしてから、つけるときに刺さったりズレたりしないようにワイヤーをペンチで潰したら梅結びの完成です。

水引は基本90cmで1本になっているので、この方法で3個作れます。3個もいらないという方も、ご祝儀袋やポチ袋などにも応用可能です。ぜひ試してみてください。

ビーズで手作り帯留めの作り方!

ここでは簡単なビーズ帯留めの作り方をご紹介します。

必要な物はお好きな大きめのビーズ2色を60個ずつ(1色で作るなら120個)と、小さな丸小ビーズ66個、3号のテグスです。

1. テグスを95cmに切って、大きなビーズと丸小ビーズを4つずつ交互に差し込みます。丸小ビーズの反対側にテグスを通し、輪状にします。
2. 片方のテグスにビーズを2個ずつ交互に、もう片方には大きなビーズ→丸小→大きなビーズと3個通します。丸小ビーズの反対側にテグスを通しましょう。
3. 2の手順を繰り返し、1列に5個のビーズが並ぶようにします。
4. 5段までは同じ要領で作ります(色を変える時はここで色を変えます)6段目は最初の1段目の丸小ビーズにテグスを通し、筒状にします。
5. テグスを2cmほど残して切って、固結びして、はみ出したテグスはビーズに通して完成です。筒になった空間に帯締めを通すことになります。

ビーズとテグスだけで作れるのでぜひ試してみてください。最初は1色で作ったほうがやり方がよく分かって簡単かもしれません。

レジンでお気に入りのビーズやカードを!

レジンは100均でも売っているので、意外と簡単にできますし、何よりオリジナリティのあるものが作れます。手芸屋さんなどで帯留め用のミール皿が売っていますので、探してみてください。

作り方は簡単です。好きな包装紙やポストカードや布をミール皿の大きさに切って、一度薄くレジン液を流し込んで、重ねて固めた後でビーズ、スワロ、デコパーツを乗せていき(乗せなくてもいいです)もう一度ぷっくりとするようにレジンを入れて固めると完成です。

日光に当てるだけで固まりますが、光の弱い冬場や曇った日は時間がかかるので、UVライトがあるとより早くきれいにできます。ネット通販で1,000円程度であるのでいろいろ使うなら買っておいても損はありません。

紙はつるつるした紙質のものが扱いやすいです。プリントアウトした風景や動物の写真でもいいですね。チラシのきれいな模様の部分などを使ってもよさそうです。

折り紙で小さな花や動物を折ったものをミール皿に乗せて表面にレジンを塗って固め、固定してもステキなものができると思います。帯留め用のミール皿が売っていない場合はブローチ台やいらないシンプルなブローチを使ってもいいでしょう。

UVネイルライト ハイパワー 120秒タイマー付き UVレジン手芸用

樹脂粘土で本格的に!

粘土いじりが好きな方はぜひ樹脂粘土に挑戦してください。帯留め用金具に自由に粘土をつけていくだけです。レジンは型が必要だったりして形の自由度は低いので、個性的な形にしたい場合は、樹脂粘土のほうがよりアイデアを活かして作れます。お花から動物まで、想像力を羽ばたかせて自由に作ってみてください。

お子さんと一緒に作っても楽しそうですね。小さなお子さんと作る場合は樹脂粘土より紙粘土のほうが難易度は低いと思います。紙粘土の帯留めは少しチープになりますが、お子さんの着物につけてあげるとすごく可愛くなります。

ただ、あまり尖ったものにすると、帯留めは着るとあまり意識せずに動いてしまうので、うっかり人にぶつかった時に刺さったり人の服に傷をつけたりすることもあります。そこだけは注意を払ってください。

ブローチを帯留めにアレンジ!

上にも書きましたが、ブローチ台をアレンジすれば帯留め金具になります。その要領でお気に入りのブローチそのものを帯留めにしてもいいでしょう。

ブローチの上からビーズや樹脂粘土細工を乗せて接着剤で止めるアレンジを加えてもよさそうです。アレンジする際はブローチ自体が立体感があるので、あまり盛りすぎないようにシンプルにするのがポイントです。

あれば、ブローチのピン部分をペンチなどで外して帯留めの金具に付け替えるとより本格的な帯留めになります。

金具が見つからない時はコードハンガーを

PROTAGE 万能 クリップ 6色セット 配線 ケーブル 結束 スマホ スタンド など 多機能 な マグネット クリップ
せっかくいいアイデアを思いついても金具がなければ帯留めは作れませんよね。ブローチ台で代用できますが帯締めが傷んだり、帯留めがズレたりすることもあります。それは嫌だ、でもどこにも売っていないという時は100均のコードハンガーや万能クリップを強力な両面テープでつけてみてはいかがでしょうか。

上のリンクのamazonの商品はカラフルで本体より目立ってしまうのか不安になりそうですが、どうせ飾りに隠れるので大丈夫です。まとめ売りされていることが多いですが、たくさん買っても他のことにもいろいろ使えるので、余ったものも無駄にならなくていいと思います。

手作り帯留めをキット楽々!

ここまで紹介したものも不器用だからやっぱり難しそう…楽に作りたい…材料を集めるのが面倒…売ってない…。そんなあなたは手作りキットを使っちゃいましょう。

下のリンクサイトでは高級感のあるさまざまな帯留めキットが売られています。結婚式やパーティーなどに着ていくのにも使えそうな本格的なものを手軽に作りたい方はぜひ挑戦してみてください。お値段は手作りキットにしてはお高めですが、同じようなものをお店で買うよりは安いと思います。

ラシクビーズ~Laciq Beads~
参照元:有限会社 Laciq(2016年6月時点、著者調べ)



一点ものを買ったり売ったりしましょう

一点ものがほしいけど作れる自信がないという場合は、フリマサイトで探してみてはいかがでしょうか?いろいろ個性的なものが比較的安くでたくさん出品されています。好みピッタリのものがあるかもしれません。一度売れたらそれっきり同じものは作らないクリエーターさんも多いので、好みのものを見つけたら買い逃さないようにしてください。

逆に自分で自信作ができたら販売にチャレンジしてみてもいいでしょう。目標があると作りがいが出ますし、上達への近道になりそうです。何より趣味が意外な副収入になります。

Creema | ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイト
参照元:Creema(2016年6月時点、著者調べ)

minne(ミンネ) | ハンドメイド、手作り作品の通販
参照元:GMOパペポ(2016年6月時点、著者調べ)

まとめ

いかがでしたか?

帯留めとなると和装小物ですし難しそうですが、意外と簡単に作れます。帯留めが個性的なだけで和服姿にグッとオリジナリティが増します。手作り帯留め用のパーツなども売っていますのでいろんなアイデアでぜひトライしてみてください。最初は難しくても何度もいろいろなものを作っているうちに上達しますよ。

よいハンドメイドライフを送ってくださいね。 参照元:DeNA(2016年6月時点、著者調べ)