子供服リメイク!簡単初心者向けから上級者向けまで

子供服ってすぐにサイズが合わなくなって着られなくなるもの。思い出の詰まった服を、捨ててしまうのはもったいない…。そんなあなたはリメイクしちゃいましょう。簡単な小物から大人服へのアレンジまでいろいろ集めました。



子供服リメイクとは?

子供服ってすぐにサイズが合わなくなったり破れたり汚れたりして着られなくなりますよね。けれど、思い入れがあって捨てるのは、なかなかもったいないもの。そんな思い出のお洋服をリメイクしてまたお子さんや家族に持たせてあげませんか?

初心者向けの簡単小物から上級者向けの洋服リメイク、思い出のベビー服の活用法まで、いろいろなアイデアを集めました。きっと服もお子さんも喜びますよ。



簡単!子供服リメイクの作り方

Tシャツのサイズリメイク!

子供のTシャツって身ごろはまだ合っているののに、袖や裾の長さや太さが合わなくなることありますよね。そんな時は長ズボンを使ってリメイクしましょう。

ズボンの脚の部分を切って袖に縫い付けたり、ズボンのお尻の部分を切ってウエスト部分に縫い付けるだけでリメイク完成です!裏返して縫うと縫い目が目立ちません。動きやすいように使うズボンはなるべく柔らかい素材がいいでしょう。

女の子に!着られない服でワンピース!

一部分だけ破れたり汚れたりして着られなくなった服がたくさん…。まとめて捨てるのももったいないですよね。そんな時は縫い合わせてパッチワークにしてワンピースやスカートにしてみましょう。長さは気持ち長めにして、ウエストをゴムにすれば長く着られますし、着心地も楽です。もちろん大人の服を元にしても作れます。

大人用のスカートも作ってお母さんとおそろいにしてもいいですね。いらない服をいっぺんに使ってツギハギにして個性的な服を作っちゃいましょう。

いらない服2着でスカートを!

フリフリのスカートって結構高くつくもの。そんな時は安いワンピースやスカートに自分でレースをつけちゃいましょう。いらなくなったり着られなくなったスカートからフリル部分だけを切り取ってもいいですね。レースだけだと100均でもあるので気軽に買ってサクサクミシンでつけてしまえば自分だけのフリフリスカートの出来上がりです。

男の子に!小さくなったズボンをサイズアップ!

お子さんが大きくなって脚やお尻の部分がパツパツになったズボンのサイズ直しも出来ます。

股下の部分を切り取り、カットソーの袖から脇腹の部分を縫い付け、ウエストにはいらなくなったTシャツの身ごろを継ぎ足してゴムを通せば、簡単にズボンのサイズアップが出来ます。カットソーは大人用・子供用、どちらでもOKです。ズボンだけでなくカットソーやTシャツも処分できるので効率よくリメイクできます。

上級者向け!一歩進んだ子供服リメイクの作り方

ジーンズのパッチワークでトートバッグを!

ジーンズのパッチワークは素材が硬くて少し難しいですが、丁寧に作れば初心者でも可能です。少し大人っぽいトートバッグを作ってあげてお子さんのレッスンバッグにいかがでしょうか。大人でも使えるデザインにして、お父さんお母さんとおそろいにしてもステキですね。

トートバッグが難しい場合は、脚の部分を切り落とし、縫い合わせて手提げをつけるだけで丈夫なバッグができます。お子さんにももちろんいいですが、お母さんの普段使いバッグにしてもよさそうですね。

大人服が子供服に!トレーナーがズボンに大変身

いらなくなった大人のトレーナーがお子さんのズボンになります。

トレーナーを裏返し、今ちょうどいいサイズのお子さんのズボンを型紙を取る代わりに重ねます。左右の前後ろの4枚のサイズが取れたら、縫いしろを残すために少し大きめに切ります。右前と左前、右後ろと左後ろの股上部分を縫い合わせます。前後を縫い合わせ、ウエスト部分にゴムを通して完成です。

冬でも温かいですし、伸縮性があるので動きやすいです。ぜひ作ってみてください。

思い出を大切に!等身大のぬいぐるみ

産まれたての時に着ていた思い出の詰まったベビー服にハサミを入れられない、という方もいるのではないでしょうか。そんな時は服に綿を詰めて赤ちゃん時代の等身大人形を作りましょう。顔や手は羊毛フェルトで作れば、それらしくなります。できるだけ顔も似せてあげましょう。

大切にとっておいて、お子さんが大きくなってから写真と一緒に「こんなに小さかったんだよ」と話してあげてもいいでしょう。きっと楽しい思い出になりますよ。

犬の服にリメイク!

小さくなったTシャツやタンクトップは犬の服にしてもいいでしょう。

10kgくらいの犬ですと120cm以下の服がちょうどいいです。犬の服にする場合、人が着ていた時のお腹部分が犬の背中部分になります。後ろ側は切って縫い合わせるので、なるべく後ろに派手な柄や絵のないものにしましょう。



まとめ

いかがでしたか?

ついつい溜めがちな子供服。着れなくなった服を置いておいても場所を取るだけです。ぜひリメイクしてサイズアップしたり、普段使える小物にしましょう。断捨離にもなりますのでぜひチャレンジしてみてください。 参照元:DeNA(2016年6月時点、著者調べ)