【カウンターテーブルをDIY!】初心者にもできる裏ワザを紹介します!

DIY初心者でも簡単に、しかもおしゃれなキッチンカウンターが作れる情報です。自分で最初から木材を組むよりも、代用品をうまく使うことで、素敵なキッチンカウンターが出来ます。インテリアの一部になるような、おしゃれな出来栄えになるのでおすすめです。



カウンターテーブルの簡単な作り方

憧れのカウンターテーブルをお手軽に

カウンターテーブルがあると、料理を乗せるスペースができたり、カフェのような寛ぎスペースができたりと、おしゃれなキッチンスペースになります。加えて収納スペースがあるカウンターテーブルがあると、部屋がスッキリとして広く感じられます。このようにカウンターテーブルには、実用的な面だけではなく、観葉植物やオブジェを飾ることができるなど、インテリアの一部としての要素もあります。

板を組み合わせて作るのは、DIY初心者には少しハードルがたかくなるので、すのこやガーデンラティスで、脚の部分を作ると簡単です。ガーデンラティスの場合は、安全に自立固定出来るベースが販売されているので、お勧めです。

カウンターテーブルの脚を作るアイデア

カウンターテーブルを自作する場合、DIY初心者の人は、脚のバランスが悪くなって、がたついたり、安定が悪くなって、転倒したりと、安全に使えないことがあります。バラスがよく安定した脚を、他のもので代用することで、簡単にDIYできます。

脚専用のパーツがホームセンターに行くと販売されていますが、価格が高く、天板や他の材料をそろえると、既製品を購入した方が安くなることがあるようです。

■脚に代用できるもの
・脚立
・ツールなど背もたれのない椅子
・踏み台

安定した脚が出来ると、あとは天板を乗せるだけで簡単にカウンターテーブルが作れます。脚の部分を隠したい場合は、カーテンを付けると良いようです。



カラーボックスを使って簡単DIY

カラーボックスを使う方法

カラーボックスを使えば憧れのカウンターテーブルをお手軽に作ることが出来るようです。

■材料
①カラーボックス2個
②好みの大きさの天板
③ボンド
④好みでキャスター

■作り方
①カラーボックスを脚にするので、縦に並べたり、横に並べたりと、スペースに合わせて脚の位置を決めます。
②カラーボックスの上の部分にギザギザになるようにボンドをたっぷり塗ります。
③天板を乗せて乾かします。
④キャスターを付ける場合は、カラーボックスの底面に板をネジで止めて、底面を補強してつけることをお勧めします。

脚をカラーボックスで作ると、DIY初心者でも簡単につくれるのでお勧めです。

チープな印象にならない方法

カラーボックスを使うとチープな印象になってしまうと思う人には、ひと手間加えるだけで、おしゃれなカフェにいるような、作品に仕上がります。

カラーボックスの背面は塗装がなく、板がむき出しになっているところが、安っぽく見えるようですが、ベニヤ板やすのこを貼り付けると印象が変わります。

部屋の印象に合わせて色を塗っても、黒板ペイントを塗ってカフェ風のイラストや文字を書いてもおしゃれです。すのこを付ける場合は、S字フックを使ってグリーンの鉢植えを飾ったり、おしゃれなエコバックをかけても素敵です。 憧れのキッチンカウンターを、カラーボックスをリメイクして簡単に作ることが出来ます。DIY初心者でも簡単に作れます。材料もホームセンターで揃うものばかりです。カラーボックスのチープな印象がなくなるアレンジも紹介しているので、参考にしてください。

天板でおしゃれなインテリア

タイルをはっておしゃれに

カウンターテーブルの天板は、木目調のものもおしゃれですが、ひと手間加えると素敵なインテリアにもなります。

天板にタイルを貼るとおしゃれになるだけではなく、熱に強くなるので熱いお鍋やポットを置いても安心です。ホームセンターに行くと可愛いタイルが沢山あるので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いようです。

レトロなタイルもあるので、アンティーク調にまとめたい場合はお勧めです。細かいタイルと大き目のモザイクタイルを組み合わせても、ブルーや白を基調とした色合いでまとめてもおしゃれです。

ホームセンターで相談

DIY初心者の人は、すべてを自分でするとうまくいかない事もあります。そんな時に強い味方になるのがホームセンターのスタッフさんです。すべてを任せるのではなく、設計図を自分で作って置きたい天板をホームセンターでカットしてもらうのがお勧めです。

天板はある程度の耐水性を持たせたほうが使いやすいので、木材にあう塗装についてもアドバイスをもらうと間違いがありません。塗装はニス仕上げ、オイル仕上げ、ワックス仕上げがあります。木材の相性と利用目的を相談すると良いようです。

ニスを塗る場合は、光沢があるものとつや消しのものがあります。初心者の場合は、塗り斑が少なくなるつや消しタイプのほうが良いようです。



まとめ

キッチンカウンターは、料理を乗せるスペースができたり、カフェのような寛ぎスペースができたりとメリットが沢山あります。収納スペースのあるキッチンカウンターがあると、部屋が広く感じることが出来るようです。そのようなメリット満載のキッチンカウンターを、DIY初心者ででも簡単に作れる方法があります。

キッチンカウンターを作る時、脚となる土台を作るのが難しいところです。1から木材を組んで作るのではなく、バランスがよく安定した脚を他のもので代用することで、簡単にDIYできます。

脚立や椅子で代用したり、カラーボックスを代用したりすると作りやすくなります。

表に出る天板をおしゃれにすることで、インテリアの一部になるようなキッチンカウンターが出来ます。木材は事前に測っておいて、ホームセンターでカットしてもらうと綺麗な仕上がりにあります。タイルや塗料を塗って世界で一つだけの作品を作ってみるのもお勧めです。 おしゃれな女子のお部屋には必ずあるといっても過言ではないローテーブル。あるだけでインテリアがセンス良くみえるアイテムだから、いっそのこと自分好みにDIYしちゃいましょう!100均アイテムでも作れるお手軽な方法もありますよ。 DIYで自分のお部屋にぴったりのテーブルを作ってみませんか?自作のテーブルならサイズをカスタマイズして自分の好みのサイズに変えることも可能です。そんなみなさんのテーブルDIYをお手伝いするために役立つ知識を集めてみました。脚の取り付けや天板の補修・取り換え、自作テーブルのアイディアと作り方などを紹介します。