ウッドフェンスは楽しく簡単にdiyしよう!材質・用途・価格まとめ

ウッドフェンスはエクステリアではあまり華やかな部分ではないように思われがちです。ですが、ウッドフェンスが素敵であれば、家そのもののイメージがぐんとUPするんですよ。今回はウッドフェンスのdiyが簡単にできるように、材質、塗装、支柱、価格などにもふれながら、ウッドフェンスについて紹介していきます。



ウッドフェンスは縁の下の力持ち?

ウッドフェンスは、それだけをみると何だか味気ない感じがします。ですがウッドフェンスには大切な役割があります。まずは目隠しです。ウッドフェンスがないと、外との境界線がありません。目隠しをすることで、外から見えないようにしてくれます。そして防犯機能もあります。フェンスがしっかりしていると、それだけでセキュリティー効果もあります。このようにウッドフェンスは機能面でも、家に貢献しています。

そしてエクステリアとしての魅力もあります。ウッドフェンスには本当に沢山の材質があります。木材をみているだけでも、癒されるのではないでしょうか。ウッドフェンスはそれぞれの材質によって、庭の雰囲気が変化していきます。今回はウッドフェンスdiyのための材質の紹介、価格や取り付け方法も織り交ぜながら紹介していきます。 最近のDIYブームでお洒落な庭造りを目指している人も多いでしょう。そんななか、ウッドデッキの次に大きな構築物として考えられるのが、ウッドフェンスかもしれません。また、ウッドフェンスは倒壊のリスクがあるため、自作をするのをためらうこともあるようです。かっこいいけど木は腐るから寿命が短いのでは?費用も結構高いのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな疑問を解決したいと思います。



価格の見積りはどれくらい?~外注した場合

材質にもよりますが、外注した場合、幅1メートルあたり約8,000円~35,000円となっているようです。ウッドフェンスは高さが必要な場合もありますから、高さがあるということは、材質もその分沢山使うので、費用がかさんできます。材質では、檜など、木の種類によっても価格は変動します。アルミなどは比較的安いようです。

目隠しの場合は、幅1メートルあたり10,000円~35,000円ほどのようです。施工業者によっては、35,000円~、と宣伝している所もあります。ご自宅の庭の幅がどれくらいあるかで、総額も変化してくるようです。

フェンス・柵を激安価格で販売施工 – 外構工事ならエクスショップ
参照元:株式会社デジアラホールディングス(2016年6月時点、著者調べ)

diyだと費用はどれくらいかかるの?

ウッドフェンスをdiyした場合は、工事費用がいらなくなるので、材料費だけですむということになります。材料としては、支柱、ブロック、横板などがあります。支柱、横板を木材にするのか、樹脂にするのかなどでも費用は違ってくるようです。木材でもピンキリなので、費用を抑えたいという方は、木材ではなく、アルミや樹脂にすれば抑えられるようです。

[今回のデザイン]
 幅80mmのフェンス板で横貼り
 フェンス板と板の間隔 … 20mm
 フェンス板と地面までの隙間 … 約200mm
 柱と柱の間 … 900mm

今回のフェンス費用
フェンス板 イタウバ材 20×80×3000mm 18本
柱材 イタウバ材 70×70×3000mm 4本
笠木材 イタウバ材 20×105×1500mm 2本
その他、フェンスブロック、ビス等が必要になります。
合計 約69,000円

※フェンス材はほぼ輸入木材ですので、
 輸入の時期によっても価格が変わります。

出典:

www.1128.jp
これらの材料で、約2メートル70センチのウッドフェンスが出来たことになります。ブロック、モルタル、ビスなどの値段は別途かかりますので、もう少し多めに見積もっておくといいようです。

自由設計で作るフェンス | ウッドデッキ・DIY・エクステリアの通信販売 リーベ
参照元:株式会社リーベ(2016年6月時点、著者調べ)



diyの基礎~イメージしてみる

ウッドフェンスがどんな風に出来ていくのかを、連想してみましょう。まずはフェンスを用意します。そのためには、縦の長さはどれくらいなのか、幅はどれくらいなのかが分からなければいけません。メジャーで測ります。次にブロックで支柱を立てるための基礎部分をつくります。そして支柱を発注し、立てます。支柱を立ててから、横板をつけていくという流れです。最後にウッドフェンスの幅を網羅するような笠木をてっぺんに置けば完成です。

diyの材料をそろえる~価格はどれくらい?

材料をそろえていきます。気になるのは、材料の価格です。ウッドフェンスで必要なのはこれらの材料です。

●ブロックなどの土台
●モルタル
●支柱
●横板
●笠木
●くぎやハケなどのアイテム

これらの材料をひとつひとつそろえるのがdiyの醍醐味の1つでもあります。ですが、便利・簡単といえばやはり通販でまとめ買いではないでしょうか。

材料は通販が便利?

ホームセンターで買うよりも、便利なのはやはり通販です。ホームセンターの場合、購入してから、家まで持ち運ぶのが大変です。配送サービスをしてくれるところもあるかも知れませんが、別途費用などがかかることもあるようです。

通販の場合、アマゾンで買うとホームセンターの定価よりも安く買えるのも特徴です。楽天サイトで買うのもおすすめです。楽天には、楽天スーパーポイントというポイントシステムがあり、買い物をするたびに必ずポイントがつきます。そのポイントは、次に購入する対象物に対して、すぐに1ポイント1円として使えるので、常に割引された状態で買えます。友人によると、1年ほど、いつも通販で買うときは楽天だと決めて買っていたそうです。すると、5,000円分のポイントがたまり、かなりお得に買い物ができたそうです。

ホームセンターのいい所は、専門の方に相談ができるということです。ホームセンターと、通販を使いながら、お得にウッドフェンスの材料をそろえてみてはいかがでしょうか?

【楽天市場】スーパーポイントアッププログラム ポイント7倍 | SPU
参照元:楽天(2016年6月時点、著者調べ)

さらに便利!diy用キット

通販には、支柱、横板もすべてそろったキットというものがあります。お値段もお得なものもあり、ウッドフェンスの組み立て方も、説明書にきちんと書かれているので、便利なアイテムです。

ボーダーフェンス ハイタイプ1面用セット(スタンダード+埋込み金具)【送料無料!】目かくし(目隠し)や境界にウッドフェンス・木製フェンス・ゲート(門扉)をDIY!

木製フェンス・ウッドフェンス・目隠しフェンス・ボーダーフェンス・横貼フェンス【組立品】【セット商品】【柱脚金物タイプ】独立セット長さ約1260×高さ約870×奥行約70

タカショー EUF-07 e-ウッドフェンス 7型 (アメリカン) 無塗装

ウッドフェンスを何から何まで自作してみよう

通販でキットを買ってしまうと、ご近所でも同じものがあっても不思議ではありません。diyの良さは自分だけのオリジナリティーあるものが出来るというところです。そうすることで、ウッドフェンスにも愛着がわいてくるでしょうから。そこで、ウッドフェンスを最初から、diyする場合の材料や作り方について紹介していきます。

diyにマストな材料~ブロック

ブロックは、支柱の土台となる大切なものです。支柱が長いものになる場合、安定性を維持するために、ブロックと支柱の間に、支柱の固定金具をつけることで、安定性が定着するようです。支柱と支柱の間が広すぎると、風に支柱が耐えられなくなり、倒れる原因になるので、注意が必要なようです。

ラティスや木製フェンスなどのポール(支柱)に 15cm幅専用ブロック固定金具 [72-74mm角対応] ネジ付 BB-7215

インテリアブロック ファニーブロック オレンジ【535723A08】送料別

久保田セメント工業 コンクリートブロック 10cm キホン 2個入り 1010010(2P)

75角用フェンスブロック 2個セット

diyウッドフェンスの支柱の材料をみてみよう

最高の木材ウリンの価格は?

ウリンは、インドネシアで栽培されており、硬度が強いので、頑丈な素材として重宝されています。日本には、1990年代後半に輸入されるようになったそうです。住宅のウッドデッキはもちろん、公園や遊歩道にも使われるようになりました。ウッドデッキは、長持ちすると数十年ももちます。水中などでも使われているようです。その秘密は、抗菌作用の強い「ポリフェノール」にあるようです。ウリンでウッドデッキをつくると、虫食いなどで腐敗することなく長持ちするようです。

さらに塗装がいらないので、木材は高くても、塗装費用が節約でき、耐久性もあるので結果的にはお得となるようです。ウッドフェンスを眺めているだけでも、インドネシアの悠久な雰囲気に浸れそうです。

7センチ×7センチ、長さ2メートル1本の場合、価格は5,500円~7,500円ほどです。9センチ×9センチになると、10,000円~13,000円ほどになります。支柱は5センチ×5センチ以上であれば、問題はないようですが、高さ、支柱の材質、間隔などから一度ホームセンターなどで相談してみたほうがいいと思われます。

とにかく耐久性を重視している方には、おすすめの素材です。

ウリン (アイアンウッド ・ ビリアン) | ウッドデッキ材専門店 サニーウッド
参照元:山一製材株式会社(2016年6月時点、著者調べ)

ウリン・サイズ一覧表|ウッドデッキ・DIY・エクステリアの通信販売 リーベ
参照元:株式会社リーベ(2016年6月時点、著者調べ)

価格が安い杉はどんな木なの?

杉はシダーとも言われています。杉は日本固有の木ですが、東北より南側で樹林されているようです。太平洋側と日本海側で種類が違うのも特徴です。木そのものは、やわらかく割りばし、工芸品、桶などに利用されています。杉の木をみたことはありますか?とてもまっすぐなんです。まっすぐな木材なので、柱にもってこいの木です。松の木は、曲がっています。曲がった木を柱にしたとします。曲がっていたときの姿勢に慣れて、柱になった後も曲がろうとするそうです。

ウッドフェンス初心者diyの場合、杉はカットしやすく、組み立てやすいのでおすすめです。価格は9センチ×9センチ、長さ2メートルの場合1,020円ほど、10.5センチ×10.5センチ、長さ1メートル80センチ~3メートルほどで、1,700円~2,800円ほどになっているようです。

【楽天市場】杉角材(グリーン4面プレーナー)90x90x2000(AXBX長さ)約12.96kg:DIY木材センター
参照元:楽天(2016年6月時点、著者調べ)

腐りにくいならアルミ支柱でdiy

アルミは腐食しにくいので耐久性、錆よけにも優れています。缶ジュースでもアルミ缶はさびにくいですからね。軽いので、地震がきても大きく揺れないようです。価格は6センチ×6センチ、2メートル15センチほどで6,300円ほどです。

支柱までをdiyしてみよう

支柱に対して、埋め込みの深さはどれくらいなんでしょうか?1メートル50センチまでであれば30センチ以上、1メートル80センチ以下であれば、40センチ以上、2メートル以内であれば45センチ以上、2メートルを超える場合は、50センチ以上をみておきます。コンクリートやモルタルを流し込み、支柱を固定する場合と、ブロックを土台にする場合があるようです。

ブロックの高さが30センチの場合で、掘る深さが40センチの場合、30センチ近く掘り、少しブロックが出ていても気にならないようでしたら、それでもOKなようです。

ブロックを使わない場合、モルタルを穴に流し込み、支柱を固定することになります。このとき、底に砕石を敷いておくと、コンクリートの通気性がよくなり、耐久性がUPするようです。ブロックを埋め込む場合でも、砕石を少し底に敷いておくと、耐久性が伸びるようです。この時、砕石が斜めになっていると、ブロックが水平にならないので要注意です。

ブロックを埋め込む場合、埋め込んだ後は水平でないといけないので、水平器を使うことをおすすめします。縦と横それぞれに水平器を置いてはかります。

ブロックに支柱を差し込みます。このときグラグラするので、インスタントモルタルを支柱とブロックの間に、スコップなどでいれていきます。満タンになれば、ブロックにこぼれ落ちた分を払います。じょうろなどで水を入れて、モルタルを湿らせます。次の日にはモルタルが乾き、固定されるようです。

シンワ ブルーレベル 300mm マグネット付 76379

インスタントモルタル 10kg

ウッドフェンスのモルタル作り

モルタルは、ブリックモルタルを使えば、セメントと砂を混ぜ合わせてつくる必要はないので簡単です。モルタルを混ぜる器具は、100均アイテムで作れるようです。モルタルを練るためのバケツ、モルタルを入れ、かき混ぜるためのお玉がそろえばいいようです。

モルタルをお玉で、必要な分量だけバケツに入れます。水を少し加えて硬さを調節します。支柱を埋め込んで固定が出来るくらいの硬さなので、やわらかすぎず硬すぎずというところでしょうか。バケツのモルタルをお玉ですくい、上からポトンと落とした時に、型崩れしない程度でいいのではないでしょうか。ブロックから垂れてしまってはいけませんし、支柱も固定できないようですから。

気を付けたいのは、モルタルと水の場合でも、モルタルと水を「かなり練る」ことが必要なようです。要はたくさん混ぜるということですね。モルタルは、その時はしっかり固まっているように見えても、ブロックにのせたら水分が出てくることがあるようです。そうならないためにも、水がモルタルに吸収されるように練り込むことがポイントなようです。

かるかるブリック専用モルタル4kg

セメントと砂でモルタル作り

セメントと砂で本格的にモルタルを作る場合、セメント、砂、バケツに入れた水、練るためのバケツ、お玉、ビニル手袋を準備します。お玉は、混ぜる用、セメント用、砂用と3本準備しておくのをおすすめします。水が入ると固まってしまうからです。

沢山作る場合、ホームセンターの金属製バケツがおすすめですが、少しでいい場合は、セメントが練れるような100円グッズでもいいようです。金属製のバケツを使った場合のセメントの作り方を紹介します。

バケツに3センチ程度水をいれます。目分量でいいようです。砂を先に入れます。水が上に少し残る程度までいれます。ドロドロではなく、水が残っている状態ですね。

セメントを大きなお玉4杯くらい投入します。セメントを入れても、入れる前よりも変化がないように思われるかも知れません。ここで再度、砂の登場です。砂で固さを調整します。砂は少しずつ投入していきます。お好み焼きの粉もそうですが、1気に入れてしまうと、硬さ調整がしにくいものです。お玉に2杯ずつくらい入れ、サクサクになるようにします。

硬さはモルタルの時と同じく、救った時に、型が崩れない、さらに上からポトンと落とした時に、原型が少し残るくらいです。固すぎないことがポイントです。

横板の材料にはどんなものがあるの?

spf材はソフトウッドで安価

ホームセンターに行くと、必ずと言っていいほど置いている資材がspf材です。北欧の針葉樹林が多く、やわらかく、加工がしやすい反面腐敗や虫に弱い性質もあるようです。杉も比較的やわらかいとされていますが、さらに弱いと言われている素材です。

ホームセンターでspf材を買う場合、店内で保管されているものがおすすめです。ウッドフェンスをつくる時は防水・防腐塗装をしてから組み立てるほうがいいようです。そうしないと、2年ほどで腐ってくるようです。コスト的には、ハードウッドよりも安価なのでおすすめです。

ホームセンターでは、●×◎という表示で売っています。ツウ―バイフォーというのが一般的にdiyでよく使われるようです。●インチ×◎インチと言う意味なのだそうです。2×4=2インチ×4インチ=(2×2.54)×(4×2.54)=5.08センチ×10.16センチということになるようです。

ハードウッドのような、深みのあるカラーをだすには、「チーク」を2度塗りするのがいいようです。

日本エンバイロケミカルズ キシラデコール 4L #103 チーク

コーナンeショップSPF材 2×4材 約910×38×89mm ×5本セット: DIY・工具ホームセンターコーナンの通販サイト
参照元:コーナン(2016年6月時点、著者調べ)

硬度がいいパイン材

パイン材は硬度がいいので、おすすめです。価格もお手頃です。2×4で、長さ3メートルほどの場合、1本あたり800円ほどです。

【楽天市場】ツーバイ材 [2×4] 長さ3050ミリ×89ミリ×38ミリ 1本/束 ジャパングレード SPF 10ft 無塗装 おすすめ/DIY/パイン材/パイン/スプルス/ファー/木材/無垢材/無垢/パイン/板/ディメンションランバー/10フィート/2バイ4/3050/89/38:レッドパイン専門店
3050mm×89mm×38mm (2×4) Jグレード 1本 お得な2本入り/4本入りもあるよ 入金確認次第即日発送可能。ツーバイ材 [2×4] 長さ3050ミリ×89ミリ×38ミリ 1本/束 ジャパングレード SPF 10ft 無塗装 おすすめ/DIY/パイン材/パイン/スプルス/ファー/木材/無垢材/無垢/パイン/板/ディメンションランバー/10フィート/2バイ4/3050/89/38 参照元:楽天(2016年6月時点、著者調べ)

耐久性抜群の樹脂素材

木材とプラスチックで作られた人工木のことです。ソフトウッドであるspfや杉よりも、防腐に強く、耐久性もあり、比較的安価なのが特徴です。ウッドフェンスにも多く利用されているようです。2.5センチ×7.5センチ×3メートルで2,600円ほどです。

樹脂製素材は、ポリスチレン発泡樹脂など、まだまだバラエティーがなく、カラーも茶系に限られています。板の幅も細めになるので、高さのあるウッドフェンスを作ろうと思った時は、費用がかかることが考えられます。ですが、耐久性がいいので後のメンテナンス費用は節約できるようです。

ウッドデッキ 樹脂 人工木 ハンディウッド・ランバー材 25×75×3000mm (4.1kg)

防蟻&白い美しい木~サイプレス

世界一シロアリに強い木だと言われているサイプレス。豪州ひのきと言われているので、抗菌作用のあるヒノキチオールが含まれているためです。ハードウッドにありがちな、加工のしにくさもありません。ヒノキのような癒される香りがするのも特徴です。劣化していくにつれて、白い表面はグレー系になっていきますが、それもまた味があるようです。

木材 ひのき 豪州 サイプレス材 (25×105×2900mm) デッキ材 板 カット 材料 角材 DIY 高耐久Theバーゲン

いい香りで耐久性もある檜

檜は年数が経過するにつれて、より味が出てくる特徴があります。文豪太宰治の家も檜でできているそうです。カビの増殖をおさえ、白アリなどを寄せ付けないと言われているフィトンチッドやヒノキチオールが、檜の耐久性を伸ばしているようです。価格は厚み1.5センチ、幅10センチ、長さ2メートルで1本あたり700円ほどなようです。

【楽天市場】【無垢材】国産桧 2000×100×15(ミリ) 乾燥材 4面面取り 4面プレナー(2.4kg):木材倉庫 ムック
参照元:価格.com(2016年6月時点、著者調べ)

diyでは「すのこ」が便利

靴箱の下や、フローリングのお布団の下に敷くと便利なすのこ。すのこはホームセンターに売っています。すのこは、支柱と横板を取り付けてあるウッドフェンスとして活用できちゃいます。

すのこは縦に使う事もできますし、横に使うこともできます。縦に使う場合は、先端部分を電動のこぎりでカットします。すると西洋風ガーデンに早変わりします。横に使うこともできます。縦に使う場合は、すのこの横板の幅がせまいほうがいいようです。ペンキで好きなカラーに塗ると引き立つようです。檜のすのこもお手軽価格で売っているのでおすすめです。

池川木材 【国産】 桧 多目的すのこ 600-5枚打 (60×38.2×3.7cm)

diyは白がお洒落?

ウッドフェンスは茶系や黒系が多いですが、意外に白はお洒落なんです。白はどんな草花にもあいますし、お庭やベランダを明るくみせてくれます。用具入れなども白にすると、統一感がでます。ただ、真っ白な木材はないので、塗装することが必要になってきます。

塗装すればよりゴージャス

ウッドフェンスの塗装方法

縦のウッドフェンスで、隙間がない場合は、ハケで塗るよりもローラーで塗ったほうがいいようです。このとき、ペンキはたっぷりつけることがポイントのようです。夕方に塗装すると、虫がペンキの中に埋まることもあるので、塗装をする時は、雨がふっていない朝早くにするといいようです。曇りの場合もにわか雨がふってくることもあるので、天気予報は必須アイテムですね。

ウッドフェンスは、組み立てる前に塗装しておきます。完全に乾いてから反対の面を塗っていくようにします。すのこの場合、塗りにくい面から先に塗っておくと楽に塗れるようです。ハケはハケのすぐ近くを持つようにしたほうが、手首が疲れずにすむようです。手首で塗るのではなく、脇をしめ、腕全体を動かすように塗ると肩や腰にこないようです。

ハケでも塗れない細い部分には、ベンダーを使うのをおすすめします。五平餅のような形をしているので、全体がハケのようになっているので塗りやすいようです。塗り分けをする場合、マスキングテープを使えば色が混じりません。

古いウッドフェンスを塗装し直す場合は、サンドペーパーで表面を塗装してから塗ると、きれいに仕上がるようです。

塗料の中にも、防菌加工がしてあり、ペットや赤ちゃんに安心塗料もあるようです。水性塗料の場合、よくふってから使うといいようです。トロンとしていないので、ハケにつけすぎに注意です。油性ペンキの場合、使った後はシンナーにつけると固まらないようです。

ウッドフェンスの幅が広い場合、コテバケを使うと早く塗装が完了するようです。

ホームセンターでソフトウッドを準備して作る場合、防腐・防虫塗料を使うと効果的なようです。

大塚刷毛 ベンダー 特殊C 短毛

和信ペイント ガードラックアクア ホワイト 0.7kg

日本オスモ オスモカラー コテバケ(90mm) [刷毛]

アサヒペン 水性木部防虫・防腐ステインEX 3L パイン

ウッドフェンスを「目隠し」で使いたい場合

目隠しの隙間はどれくらい?

ウッドフェンスdiyで、目隠しとして作る場合によくあるミステイクがあります。それは、目隠しだからと言う理由で、横板と横板の隙間を開けずに組み立ててしまうことです。これでは、嵐など、風が吹いたときにまともに受けてしまい、倒れる原因となります。大きな倉庫など、台風のときに倒れるのは、隙間がないからなんですね。隙間は2センチほどでいいようです。人通りが気になる場合、1センチでもいいようですが、風通りをよりよくするには、2センチほどがいいようです。遠くから見た場合、2センチでも、家の中は見えないようです。

横板をdiyで貼ってみよう

支柱までのdiyを先ほど紹介しました。今度は横板を貼っていきましょう。横板を横に取り付ける場合をみていきます。横板はまず、笠木を最初に貼っていきます。

ウッドフェンスをきれいに魅せるひとつのアイテムが、ビスの並び方を統一させることです。クギはトンカチで打ち込みます。ハードウッドなどでは、クギでは固くて折れてしまうので、ビスを使うようです。ソフトウッドでもビスのほうが、安定するようです。ビスは表面にドライバーでまわせるように、クロスになっているようです。ビスは、下穴をあけずにドライバーでまわすとひび割れの原因にもなりますし、数が多い場合は大変です。

ハードウッドの場合、最初にビスの径よりも小さ目の下穴をあけておくことをおすすめします。下穴は、インパクトドライバーで開けます。ソフトウッドの場合も、ビスはインパクトドライバーでつければ、楽にとりつけられるようです。

マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 1.3Ah バッテリー2個付き DF030DWX

スターエム 六角軸 木工用 F型下穴錐 3.8mm

横板を水平に取り付けるには?

横板を水平にとりつけるのは、難しいものがあります。そこでおすすめは印をあらかじめしておくことです。ですが横板を横に取り付ける場合、最初の笠木の段差も配慮して測定するのは面倒です。

そこでおすすめは、支柱幅くらいの小さな板を用意することです。横板を横に取り付ける場合、笠木と次の横板の幅は、1~2センチ程度です。小さな板の厚みをそれくらいに設定すれば、横板をつけるごとに、先につけた横板に、小さな板をくっつけ、印をつけていきます。印に次の横板の上辺がくるようにすれば水平になっているという訳です。

人手がある場合は、取り付ける横板を他の人に支えてもらいます。そうすれば支柱をたてた状態で、ビス止めができます。ですが、1人diyの場合は、支柱に横板の最初を取り付けている時にずれる可能性があります。その場合、支柱をブロックに建てる前に、支柱に横板をつけてしまうのもおすすめです。

ですが板が軽い場合、板にひもをまきつけます。その巻きつける位置は、支柱に当たる部分の横板です。さらに巻きつけたひもに新しいひもをひっかけ、さきほどの印に横板の上辺が重なるようになる高さで、ひっかけたひもを、先に取り付けた横板部分に巻きつけ、横板を固定します。横板は、支柱2つ目が終われば安定するようです。3つ目からは、固定のためのひもはなしで、ビスがとりつけられるようです。1人diyの場合、クランプという工具で、横板を支柱に固定するのも便利なようです。

目隠しの場合は1~2センチの隙間でした。1センチ程度の場合、横板を水平にとりつけるために、かます板として、ベニヤ板がおすすめなようです。ベニヤ板を先に取り付けた横板と、次に取り付ける横板で挟むようにし、ビスを取り付ければ、印がなくても簡単です。ですが、1人diyの場合、印は必要なようです。

横板の最後の位置を、ほんの少し余裕をもたせ、ライトなどを設置すると、とてもキレイなお庭になるようです。

SUN UP 工作台用クランプ 大 CS-15

埋め込み式 ソーラースポットライト ソーラー充電 自動で点灯&消灯

【2個同梱】 Qtuo ソーラー充電LED 防水LEDスポットライト ガーデンライト 【200ルーメン/180°角度調整可】

縦張りの場合

縦張りの場合の横板の役割は、縦の板を支える役割をします。支柱を立てるところまでは、横張りと同じです。横張りの場合、横板を支柱に貼っていくだけでよかったのですが、縦張りの場合、支柱に数本張った横板に、縦の板を張り付けていきます。

縦張りの場合も、風をまともに受けて倒れないよう、幅を1センチほどあけるようにします。遠くからみると幅が無いように見えるようです。

電動のこぎりで、上辺の板を、とがらせます。塗装をする場合、塗装前にカットしておきます。塗装を最後にする場合は、取り付けの後になりますが、塗料を節約するには、塗装前がおすすめです。

塗装のとき、木目を残しながら塗料をつけるのもきれいです。

木材保護塗料ウッドステインプロ 4L チーク 【ウッドデッキ ウッドデッキキット 木材防腐に】
木材に染み込み、白アリや腐敗などの対策をしながら、木目を残しつつカラーを出してくれるようです。

【豆知識】ウッドフェンスあれこれ

隣人に許可はいるの?

よく問題にされるケースとして、隣から見えないように目隠しのためのウッドフェンスをdiyしている最中に、お隣さんから文句を言われてしまったということがあります。

ウッドフェンスの場合、自分の敷地内にフェンスを作れば問題はないようです。ただ、建売住宅の場合はどうなるのでしょうか?建売住宅の場合、ブロックなどの境界線にフェンスが建てられていることが多いようです。見た目では、共有物になりそうです。ですが、最初に購入するとき、販売会社は把握しているはずなので、確認してみることをおすすめします。

特にすのこを、フェンスに固定してつくるウッドフェンスの場合、苦情が出るかも知れませんから。

泥棒が侵入しにくいのは?

目隠しのウッドフェンスをdiyされようとしている場合、泥棒が侵入しにくいのは、隙間ができるだけ狭いほうだと思うことありませんか?実はそうでもないようです。泥棒は人目がない場所の方が、侵入しやすいそうです。ですから、全く外から見えないよう、ウッドフェンスで囲うと余計に危険なようです。ある程度、外から見えたほうが、セキュリティー面では安全なようです。

ペット放し飼いの場合

フェンスをウッドフェンスにdiyする場合で、ブロックを土に埋め込むタイプの場合は、ブロックがない部分が土だけということになることも。ペットを庭で放し飼いにしている場合、横板は地面ぎりぎりまで取り付ける工夫が必要なようです。この時の塗装は、ワンちゃんが板を嗅いでも安全なような塗料にすることを、おすすめします。

ですがこれで安心ではないようです。ペットが土を掘り、外へ逃げることもあるそうなので要注意です。友人のわんちゃんは、中型犬だったのですが、穴を掘るのが趣味だったらしいんです。ある日いなくなったと分かった時は、フェンスの下を掘り、隙間を作り外出したようです。ワンちゃんの知恵に感動した一コマでした。

地震対策にもおすすめ

ブロックフェンスや、レンガで目隠しをされている場合、地震が来たらすぐに倒壊する可能性があるようです。その点、ウッドフェンス、特にアルミ製は軽いので地震対策アイテムとしてもいいようです。

まとめ

ウッドフェンスひとつで、お庭のエクステリアががらりと変化してくれます。目隠しアイテムとしても重宝できますし、ウッドフェンスの下にプランターを置き、ゴーヤなどの植物を巻きつけても涼しげですね。材質や高さなど、お気に入りの寸法で簡単にdiy出来そうですので、ぜひ一度お試しをされてみてはいかがでしょうか。