家賃相場【東京編】1人暮らしからファミリーまで徹底調査

地方から東京に一人暮らし!っと思ったら、東京の家賃ってどうしてこんなに高いの!?東京の家賃の相場ってどのくらいなのだろう?家族が増えたから広い家に住み直したいけど、東京ではいくらくらいが相場なのだろう。と、東京の家賃の相場が気になる方へ、様々な東京の相場をまとめましたので是非参考にしてみてくださいね。



家賃相場は東京でいくら?

家賃の相場っていくらいくらいなのだろう?東京は本当に高いので、地方から上京した方はいくらくらいが普通なのかわからなかったりしますよね。地方では、5万円もあれば普通の一人暮らしのお部屋を借りれたのに、東京では都心や築浅物件ではまず5万円では借りることができないでしょう。東京は全体的に物価が高いので、お給料も同じように働いていても地方の方よりは多くもらえているはずです。

ですので、東京は家賃が高いから暮らしていけるか心配というかたも大丈夫だと思います。東京の家賃相場は場所や広さで全然変わってきます。では、詳しくみていきましょう!



一人暮らしの家賃相場

一人暮らしの家賃の相場は、場所によってかなり異なりますが1Kや1Rで大体8万円前後になります。場所によっては5万円代からあり、都心に行くと12万円が相場の所もあります。家賃を安く済ませたいのであれば、都心から遠い所になるでしょう。

また、同じ地域でも築浅なのかどうかによっても料金がかなり変わってきます。少し古いアパートでもよければ、都心でも安い物件は結構あります。自分が譲れないポイントはどこなのかをしっかりと決めて、お気に入りのお部屋を見つけましょう!

人気の駅の相場

東京の家賃の相場は、暮らす街によって全然違います。一人暮らしの人にとって人気の駅の相場をご紹介したいと思います。職場への通勤の関係も関わってくると思いますので、ご自身にとってベストな街を選びましょう!

世田谷区で一番家賃がお手軽な街です。安めですが治安は良く、駅周辺もお店が沢山あって不便を感じることはないでしょう。24時間スーパーも沢山あります。また、学生も多いのでお子様も楽しんで過ごすことが出来ると思います。新宿まで17分で行けますので、新宿勤務の方には最適の街です。

◼︎吉祥寺駅/約7.5万円〜
一人暮らしの人にとって一番人気の吉祥寺。渋谷や新宿まで直通で15分ほどで行けるのに、家賃がそんなに高すぎなくて住みやすい。駅周辺には、安いドラッグストアもあれば、百貨店もあり、全てこの街で必要な物を揃えることが出来ます。また、井之頭公園という大きな公園もあるので、子供も楽しく過ごすことが出来る街です。

◼︎池袋駅/約8万円〜
駅周辺には、ビックカメラなどの大手家電量販店があったり、15分ほど歩けば商店街と住宅街が広がる住みやすい街。また、人気の山手線沿いにも関わらず少し安めの家賃で住めるとも人気の一つ。すぐに新宿や渋谷まで行くことも出来ます。また、逆方面だと、東京駅なども一本で行けるので本当にアクセスが便利です。

◼︎恵比寿/約12.5万円〜
おしゃれな街、恵比寿。誰もが憧れる恵比寿での生活。やはり相場はかなり高めのようです。よく飲みに行く人は、電車に乗らずに歩いて帰れる距離なので家賃は高いですが本当に便利です。西口側は常に賑やかですが、ガーデンプレイス側は夜でも静かでとても住みやすい大人の雰囲気です。

◼︎中目黒駅/約10万円〜
恵比寿に続き、おしゃれな人が多い街。カフェやレストランもおしゃれな所が多く、歩いているだけでも楽しめる街です。恵比寿まで日比谷線で一駅ですので、自転車を持っているとすぐに恵比寿だけではなく代官山も行けてとても便利です。電車は日比谷線の始発なので、ラッシュの時間でも座ることが出来るでしょう。また、飲んで帰ってきても終点なので寝てしまっても安心です。

◼︎早稲田駅/約7.5万円〜
早稲田大学まで徒歩3分。学生に人気の駅です。駅周辺には安めの飲食店やスーパーがあり、生活にとても便利です。また、早稲田大学だけではなく、中学・高校もあり、沢山の学校がありますので教育施設がとても充実しています。また、山手線の高田馬場駅まで一駅ですので、交通にもとても便利な場所にあります。

場所が違うだけで、同じ広さでも5万円近くの差があります。人それぞれ生活の習慣が違いますので、何を重要とするのか自分自身で確かめ合いながら、自分に合った街を選びましょう!

東京都の家賃相場【HOME'S】|家賃を調べる[目安・平均]なら家賃相場
参考元:HOME'S (2015年12月、著者調べ)

ファミリー向け家賃相場

ファミリー向けのマンションは何人家族なのかによっても変わってきますが、こちらもやはり地域によって大幅に相場が変わってきます。大体東京全体のファミリー向けマンションの相場は、11万円前後くらいになります。

子供の学費などがいろいろかかるファミリーにとっては、出来る限り家賃は控えたいもの。こちらも都心から少し遠めの場所にしたり、少し古いマンションを選んだりすれば、10万円以内のマンションはいくらでもあります。まずは、ファミリー向けに人気の駅ごとに相場をご紹介したいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

ファミリー向け人気の駅の相場。

◼︎三鷹駅/約16.5万円〜
都会と自然の両方を味わえる人気の三鷹駅。北口を出ると、自然たっぷりの武蔵野市、南口を出ると数多くのビルやお店が立ち並んでいます。人気なだけあって家賃も少し高めですが、少し駅から離れると10万円くらいからありますので、探してみる価値はあるでしょう。

◼︎光が丘駅/約13万円〜
多くの団地が立ち並び、学校も多くファミリーには子育てしやすい街。駅の北側にはとても広い光が丘公園があり、図書館や体育館、テニスなども出来る為育ち盛りの子供たちには嬉しい施設。また、新宿や六本木、汐留などまで電車一本で行けるので、とても便利な街です。

◼︎亀有駅/約10.5万円〜
家賃が安めなのに、周りには商店街などがありとても便利です。新宿や渋谷までが少し遠いですが、あまり行くことがない方にとってはお勧めの街です。新しい建物ではなく、レトロで下町っぽい街並みが好きな方に好まれる街です。駅の近くには、アリオ亀有があり映画館も入っているので、仕事帰りに軽く見て帰ることも出来ます。

◼︎千歳鳥山駅/約14.5万円〜
世田谷区で一番家賃がお手軽な街です。安めですが治安は良く、駅周辺もお店が沢山あって不便を感じることはないでしょう。24時間スーパーも沢山あります。また、学生も多いのでお子様も楽しんで過ごすことが出来ると思います。新宿まで17分で行けますので、新宿勤務の方には最適の街です。

◼︎六町駅/約10万円〜
ペットと一緒に住むのが可能なマンションが多いと評判の街です。また、車の駐車場代も安めなど、ファミリーにはとても住みやすい街です。街並みが綺麗だったり、新しい路線のため電車も綺麗です。また、歩道が広いので、小さなお子様連れの方には安心して過ごせる街でしょう。

ファミリー向けの街は、旦那様がどこの勤務なのか、また、子供は何歳くらいなのかによっても住む街が変わってくるかと思います。また、今後教育にお金がかかるため、そのための資金を貯金しなければならないのであれば、安めの街を選ぶ必要が出てくるでしょう。先を見越した家賃価格を決めて、それぞれの家庭にあった街を選びましょう。

東京都の家賃相場【HOME'S】|家賃を調べる[目安・平均]なら家賃相場
参考元:HOME'S(2015年12月、著者調べ)



駐車場代の相場

東京の駐車場代は、場所によっては一人暮らしの家賃くらいかかってしまうところもあります。車に乗られる方は、家賃だけではなく、駐車場代もいくらかかるのかがとても重要になってくるでしょう。

◼︎東京の都心:平均6〜7万円
やはり、一人暮らしの家賃ほどかかってしまいます。都心で駐車場代が高いということは、家賃もかなり高くなってきます。また、都心のコインパーキングも1時間で1,000円かかってしまうところもありますので、とにかくお金がかかります。都心で車を持つ方は、かなりお金に余裕がないと維持出来ないでしょう。

◼︎都心を外れた街:約3万円
都心を外れると、約半分以下の金額ですみます。しかし、家賃の他に3万円はなかなか大きいですよね。年に36万円かかってしまいますので、どうしても車が必要な方は、思い切ってかなり遠くの街を選ぶと駐車場代ももっと安くなってきます。広い土地のところであれば5,000〜10,000円ですむところも沢山ありますので、よく調べて決めた方がいいでしょう。

23区内の家賃相場が安い駅

誰もが憧れる都心の暮らし。少しでも都心の近くに住みたい!実は、23区内でも家賃相場が安い街も沢山あります。家賃の安さだけで遠くに住んでいる方には必見です!

◼︎1位:北綾瀬/4.95万円〜
都心ほどガヤガヤしていなく、地方ほど何もないわけではないので、程よい街並みです。周りに公園が多く、ゆったりとした休日を過ごすことが出来るでしょう。都心までは30分〜1時間ほどで着き、東京メトロでは出発地点であり最終駅でありますので、電車のストレスが少なく利用出来るでしょう。

◼︎2位:柴又/5.16万円〜
映画「男はつらいよ」の舞台でもある柴又。ファンにはたまらない街です。地域コミュニティーも多く、住んでいる人たちはとても仲が良く楽しそうです。河川敷や公園など、自然が多くリフレッシュ出来る場所が沢山あります。都会に疲れてしまう方には、常に気分転換が出来ていいでしょう。

◼︎3位:堀切菖蒲園/5.18万円〜
広くて安めのお部屋が多い堀切菖蒲園。お部屋はゆっくり広々したところがいい方にはお勧めです。安いお惣菜が売っている商店街が多く、忙しくてご飯を作れない方には助かるでしょう。一人暮らしの方が多いので治安はいいです。深夜に騒ぐような人もいないので、夜はゆっくり寝ることが出来るでしょう。

◼︎4位:京成立石/5.35万円〜
住宅街のため、こちらも夜はとても静かで治安もいい方です。近くに葛飾区のスポーツセンターがあるので、休みの日は雨の日でも室内スポーツを楽しめます。また、家賃も安いですが、物価も安いので日常でかかる費用も抑えることが出来るでしょう。

◼︎5位:武蔵関/5.36万円〜
駅前には商店街やスーパー、少し離れるとドン・キホーテやサミットなど、生活するにはとても便利な街です。また、武蔵関駅周辺には歯医者を含めた病院が多いので、安心して住むことが出来るでしょう。また、バスで15分ほどで吉祥寺にも行けますので、とても住みやすい街になると思います。

2位〜3位は葛飾区となっています。安い家賃を探すのであれば、葛飾区を中心に探すと見つかりやすいかもしれません。また、5位の武蔵関は、人気の吉祥寺までバスで15分の立地。家賃がこんなに安いのにとても住みやすい街です。

23区内だけでも、駅数は約460駅あります。それぞれ違う雰囲気で、高いところもあれば安いところもあります。また、一駅違うだけで、家賃がぐっとさがったり、交通の便がとても良かったりと様々です。それぞれの生活スタイルをしっかりとイメージして、ストレスのない日常を過ごせるよう選ぶと良いでしょう。

東京23区の家賃相場が安い駅ランキング! | スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト
参考元:スーモ(2015年12月、著者調べ)

まとめ

いかがでしたでしょうか。地方からこれから上京されて初めて東京に住むと言う方には、とても難しい決断だと思います。東京には、いい街もあれば、治安の悪い街もあります。家賃が安いというだけで選ぶのは危険がつきものですので、しっかりと事前にリサーチをして選ぶ必要があるでしょう。

また、事前に何度もその住みたい街に行って、日々どんな人が住んでいるのか、スーパーや病院はあるのかなど、街の雰囲気を実際に感じておくことが重要です。また、時間によっても、昼間は平和な雰囲気なのに夜になるとひったくりが多いなど、時間によっても犯罪件数が異なる地域もありますのでこちらもしっかりと調べておく必要があります。

基本的には、家賃が高いところは治安がいいと言われていますが、高くても治安が悪いところもあります。逆に、安くても治安がいい街も沢山あります。周りで東京に住んでいる方や、東京出身の方に聞いても詳しい方も多いので、インターネットだけではなく、人からの情報も得るとさらに良いと思います。

家賃が安いにこしたことはありませんが、身の安全は自分で守らなければなりません。不安であれば、多少高いところでも確実に治安のいい街に住むようにしましょう。特に、深夜の女性の一人歩きは狙われやすいので注意が必要です。人気のないところであれば、どんな街でもタクシーを使用することをお勧めします。

また、電車の乗り換えがとにかく多いので、目的地まで行くのに乗り継ぎが不便ではないかどうかも事前に調べておく必要があるでしょう。東京は素敵な街が沢山あります。しっかりと下調べをして、素敵な街で素敵な東京生活を楽しみましょう! ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。