老後の貯金はいくら必要?実際の老人の生活費を公開

老後の貯金はどのくらい必要なのだろう?最低3,000万円と言われているけど、具体的に何にどのくらいかかるのだろう?3,000万円は少ない方?多い方?後悔はしたくないから、今からしっかりと計画したい!そんな方のために、老後にかかる費用をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。



老後の生活費はいくらかかる?

老後は何もしないから大丈夫!家も今のうちに購入しているし、かかるのは食費くらいだろう!そう思っている方も多いのではないでしょうか?老後は想像以上にいろんなことにお金がかかります。家は購入していたとしても、老後の時期になると建て替えの時期になっていたり、自分は死ぬまで病気にならない!と言い張っていても、実際はすぐに病院通いになってしまったりと自分では想像できない未来が待っています。

また、自分の子供から、住宅購入資金や孫の学費資金などを援助してほしいなどと言われる可能性もあります。老後はバリバリ働くことはほぼ不可能に近いので、今からかかるべき費用をしっかりと把握し、どんなことが起きても動じない資金を今からしっかりと貯金しておきましょう!

老後の生活費の平均は?

総務省の調査によると、老後(2人)の生活費の平均は月約26万円です。収入がある時の生活費であれば特に問題はないと思いますが、収入がなく毎月消費していくと思うとかなり不安になりますよね。では、内訳を細かく見てみましょう。

<内訳>
▪️食費/6万円
▪️住居/1万5千円
▪️水道光熱/2万円
▪️保健医療/1万5千円
▪️交通通信/2万5千円
▪️教養娯楽/2万5千円
▪️社会保険/3万円
▪️その他 6万円
(交際費、服など)

です。どれも特に贅沢などしていませんが、これだけ毎月かかってきてしまいます。これはあくまでも平均的な内訳ですので、ご家庭によって持ち家があるのかないのか、賃貸の家なのかによってもかなり変わってきます。また、外食は一切しないという生活であれば、もっと食費は削ることが出来るでしょう。

老後の生活で節約できる所とは?

せっかく老後のために何千万円も貯金したのに、贅沢な暮らしをすればすぐに底はつきてしまいます。お金がなくなってから働こう!と思っても、身体は思うように動きませんし、雇ってくれる会社もかなり少なくなるでしょう。困らないためにも、毎日大切にお金を使うことが重要になってきます。では、老後の生活で節約できるポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?

<お金を使わない趣味を持つ>
今まで働きづめでなかなか好きなことを出来なかった人も、老後は時間がたっぷりありますのでなんでも出来てしまいます!今まで気になっていた趣味も始めることが出来ます。しかし、その趣味がお金のかかるような趣味であればあっという間に老後資金がなくなってしまいます。

ギターなどの楽器であればギターを買うお金、レッスン代。お料理に凝ってしまうと、高い食材を購入したり、高いお料理教室に行きたくなってしまったりとどんどんお金がなくなってしまいます。そうならない為にも、趣味はお金のかからない趣味にしましょう!今ご年配に人気なのがランニングです!健康にもよく、お金もかからないので一石二鳥です!

ランニングをするとより若返ったとう方も多いほど、運動は健康の為にとても大切なことです。病気になってしまえば好きなことも出来ませんし、どんどん医療費がかさむだけですので、老後は特に健康に気をつける生活を心掛けましょう!

高額所得者ほど要注意!

老後生活は、死ぬまで高額所得者として収入を得ることができるのであれば別ですが、仕事もせずにゆっくり暮らしたいという方は要注意です。収入がなくなりますので、一気に生活水準を下げなければなりません。それの生活になかなか馴染めない方は、すぐに老後の貯金を使い果たしてしまう可能性があります。

老後資金のために生活水準を下げることも必要ですが、老後の生活も無理なく出来るようにも今から慣れておく必要があります。また、死ぬまで働くから大丈夫!という方でも、いつ急に病気になって働けなくなるかわかりません。常に最悪の状態を予想して行動するようにしましょう。



老後貯金の一部を楽しみに

老後の旅行費用はどのくらい?

今まで仕事が忙しくて長期休みが取れなかった。海外旅行もずっと我慢していた方も、ついに老後になるとゆっくり時間がもてますので、海外旅行の計画を立てるかたも多いと思います。では、生活費の他に旅行費用はいくらくらい貯金しておくべきなのでしょうか?

旅行はどのレベルの旅行をしたいのかによっても金額が全く異なります。国内線の旅行を何度もいくのか、それとも、海外旅行を2~3回行くくらいなのか。国内旅行であれば、1回の旅行で平均5万円〜10万円、海外旅行であれば1回30万円〜60万円ほどはかかってしまいます。

その旅行を毎年1回行うと、×20回ですので、国内旅行で100万円〜200万円。海外旅行であれば、600万円〜1,200万円ほど最低でも必要になってきます。国内線であれば、シニアだと安くなる運賃などもありますので、うまく利用して無駄のない旅行を心がけると良いと思います。

海外移住とロングステイ

「老後は海外に住みたい!」という方も少なくはないのではないでしょうか?ゆっくりとビーチで本を読みながら過ごしたい!広い大地で野菜を作りながらのんびり暮らしたい!そんな夢を誰しも描きますよね。では、海外移住とは実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

オーストラリアは、資産1億円以上で、年金や不動産などからの収入が年間550万円以上ある方でないと、投資リタイアメントビザを取得することができません。かなりの富裕層でないかぎり、現実的ではないでしょう。

タイでは、預金と年金の年間収入が合計80万バーツ以上ある人や、60歳以上で月に年金15万円以上を受給できる人などの条件があります。

国によって、住居できる条件が全く異なりますので、早めにしっかりと調べて計画的な貯金が必要になってくるでしょう。

医療費の目安

医療費

医療費はどんなに努力をしても、病気や怪我は年齢とともにかかってきてしまいます。では、具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

医療費は、その人の病気や怪我の重度にもよりますが、厚生労働省の統計によると、国民一人あたりの年間医療費は約70万円ほどになっています。しかし、保険を使うことが出来ますので、実際にご自身で支払う金額はもっと少ない金額で済みます。

また、75歳以上になると、「後期高齢者医療制度」というものがあり、こちらの制度に自動的に移行され、医療費の負担が3割負担だったものが1割負担で済むようになります。また、65歳〜74歳でも、障害などがあると後期高齢者医療制度に移行されます。

また、「高額医療費制度」というものもあり、月ごとに決まった金額以上の医療費はかからないようになっています。この上限額は、所得の金額などによって決まってきます。

●70歳未満で、年収1,160万円以上の方は自己負担額の上限は約14万円、年収370万円未満の方は自己負担額の上限約5万円。
●70歳以上で、現役並みの所得者(月学28万円以上など)は上限約4万円、所得がない方は約1万円前後。

細かい規定はありますが、収入が低ければ低いほど、年齢が上がれば上がるほど、医療費はかからない制度になっています。

高齢者医療制度 |厚生労働省
参照元:厚生労働省(2015年11月、著者調べ)

高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
参照元:全国健康保険協会(2015年11月、著者調べ)

介護費

意外と忘れがちなのが、この介護費。なるべくお世話にならないようにと、運動を続けたいものですが、いつどうなるかわかりません。もし介護が必要になれば、月に何万も必要になってしまいます。訪問介護やデイサービスなどだと月に5万円〜10万円ほど。老人ホームに入るとなると、月に8万円〜15万円ほどかかってしまいます。

このような介護費用も、可能な限り自分で支払いたいですよね。自分の子供は孫の学費などで大変ですので、出来る限り今から自分を自分で世話を出来るよう貯金をしておきましょう。



老後の時期ならではの費用

家の建て替え

老後が近くなってくるということは、家も築20年を超えてそろそろ建て替えかリフォームかしなければいけない時期になってきます。まずは、建て替えの場合をみてみましょう。建て替えの場合の不安要素は、住宅ローンを組むことができるのか?ローンを組めたとしても、返済はできるのか?老後は生活費も残しておけるのか?など、いろいろ心配になるかと思います。

しっかりと建て替え資金がある場合は、家の寿命がきていたり、耐震性に問題があったりする場合は建て替えをした方がいいでしょう。しかし、建て替え費用が足りなかったり、家を受け継ぐ人がいない場合は、建て替えはしない方がいいでしょう。

家のリフォーム

建て替え資金がなかったり、あえてリフォームして今の家に住み続けたいという方も多いと思います。では、リフォームはだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?リフォームはやはり、その人がどの程度リフォームしたいのかによって金額がピンからキリまであります。100万円で済む人もいれば、平均は1,000万円と言われています。

また、バリアフリーなのどリフォーム費用であれば介護保険の対象となったり、工事費が20万円までなら1割の自己負担でよくなったりします。住んでいる地区によっては、審査に通れば約37万円までの工事であれば自己負担1割で浴槽リフォームが出来たりします。高齢者福祉の窓口に連絡すると、詳しく教えてくれます。

リフォームの会社は沢山あり、費用も全然違いますので、複数のリフォーム会社に見積もりを出してもらってから依頼をするようにしましょう。ここでも、少しでも無駄な出費は避けたいですよね。

車の買い替え

家と同時に衰えてくるのが、車です。ちょうど家の建て替え時期に車も買い換える必要が出てきてしまいます。特に、足腰が弱ってくると外を歩くのが大変になってきます。ましてや、都心であればものすごいスピードで歩いている人たちの中で歩くのはとても不安がいっぱいだと思います。

また、買い物に行ってもだんだん思い荷物を持てなくなってくることでしょう。高齢者になるほど、車は持っていたいですよね。車の費用は、あまりこだわらなければ約300万円ほどが平均です。古い車を動くからといっていつまでも乗っていると、急に動かなくなったり、修理が何度も必要だったりと逆に高くつく可能性もありますので、ある程度の年数が経っているのであれば買い替えをお勧めします。

子供にかかる費用

子供が成人してもかかる費用と言えば、結婚式の費用が一番メインになります。子供の一大イベントですので、盛大にお祝いをあげたいですよね。結婚式の負担は平均で100万円〜150万円ほどです。その分の費用も老後資金として貯金しておきましょう。

次にかかるものは、子供の住宅購入です。子供の住宅購入資金は、贈与税や相続税の軽減につながりますので、できれば積極的に支援してあげたい資金です。また、住宅購入資金だけではなく、もし、子供が結婚せずにずっと家にいる場合は、その分の生活費も子供に払ってもらうのか、自分達で払っていくのかも問題になってきます。

孫にかかる費用

孫にかかる費用も意外とかかるので用意しておきたい資金です。まず、孫が生まれたら、子供へ出産祝いを渡します。次に、毎年のお年玉や、遊びに来てくれた時のお小遣い、お誕生日プレゼントなど、イベントごとにかかります。

また、孫が大きくなり、大学進学などで大きな費用がかかって、子供から支援を依頼される場合もあります。孫が一人であれば負担は少ないですが、3人や4人いる場合は、こちらも覚悟が必要になってくる可能性もあります。

冠婚葬祭費

予測できないのが、冠婚葬祭費。老後の時期になると、人脈もかなり広がっており、親戚のつながりもかなりの人数になっているかと思います。その分、冠婚葬祭の回数がかなり増えてきます。また、自分や配偶者が亡くなった時の葬祭費も自分で用意しておきたいものです。

葬祭費用の平均は1回約230万円ほどです。どのくらいこだわるのかにもよりますが、結婚式並みにかなりの費用が必要になってきます。自分の子供にその負担がかからないよう、できる限り自分達で用意しておくべき資金です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?細かくみると、意外と老後にかかる費用はものすごく沢山あります。身体が老いてからバリバリ働くことはなかなか難しいので、若いうちからしっかり計画的に老後の貯金をしていく必要があります。老後には最低いくらかかるのか、どのような生活をしていきたいのか、しっかりとプランを立てて不安のない老後生活を目指しましょう!