<生活費をシュミレーション>まとめ払いの活用でお得に生活!

突然の出費にも慌てない強い家計作りをしませんか。頑張って毎月やりくりしている生活費。月単位でなく、1年単位で考えて、計算する習慣がつくと、かなりお得に生活できるようになりますよ。年単位で収支を考えたほうがよい理由から、まとめ払いを考える効果や、どれくらいお得になるのかなどをまとめています。



年単位で考えたほうが良い理由

まとめ払いで割引が適用

月単位で支払いをしていると、毎月毎月支払日があるわけです。利用しているサービスによってその支払日も様々。何日にあれ、何日にはこれ…と、ただでさえ慌ただしい毎日の中で把握していくのは、頭の中で多くの負担になっていたりするのです。

月々払いだったものを1年単位でまとめて払ってしまえば、以降1年間はその支払いのことを考えなくてよくなります。家計簿をつけている場合も毎月毎月の書き込む手間も省けますし、管理する領収書の数もぐんと減ります。

毎月支払いにいかなくていい

ご家庭で現在支払っているものの中にもまとめ払いが出来るものが、必ずいくつかあります。公共料金や生命保険、医療保険などの保険類などは、まとめ払いでいくらか金額が割引になるサービスを実施している場合があります。1つ1つはそれほど高額な割引ではないにしても、毎月支払っている数々の費目でまとめ払いを利用した場合、割引になる金額の合計は、ちりも積もればで万単位になるなど、かなりお得になることもあります。

いつ幾ら必要か把握できる

年間で生活費をシュミレーションするようにすると、いつ幾ら位用意したらよいのかが事前に把握できるようになります。その必要な金額を目標に積み立てておくことも出来ますし、あ!あの支払い忘れてた!どうしよう!とお金の捻出に慌てることもなくなります。

また、月々に分けて計算していると、いったいいくら総額で支払っているのか把握しにくくなります。月々払っているものを1年間で計算してみると、月々は少額の契約で、あまり意識していなかったものも意外と高い金額を払っていた!なんて気が付くこともあります。

1年の買い物計画がたてられる

その季節、その時期に、思いつきであれもこれもと買い物をしていると、1年を振り返った時に、結構な額の買い物になっていることがあります。そこで、だいたい何月にどんなイベントや行事があるかをリストアップしておきます。それと同時に、その時に必要と思われる買い物リストも事前に作り、いつ頃いくら位必要としているのか、必要な物品は何かなどを把握します。

こうすることによって、計画的に良い買い物が出来、準備にもバタバタと慌てることがぐんと減ります。事前に必要なものがわかっているということは、それに向けて価格や品質をじっくり調べる時間も取れますし、本当に必要か?など冷静に精査する時間も取れますので、無駄使いの防止にも大きく役立つのです。



今後の生活費をシュミレーション

出来り限り支出をまとめて節約効果をあげるには、自分のご家庭が毎月いくら何に支払っているかを一度リストアップしてみることが大切です。出来れば今後1年間の支払い金額を月ごとに表にして眺めてみると、「ここの費目はもう少し削ってもいいかも」とか「総額でこんなに払っていたんだ」など、いろいろな発見があります。

こうしてリストアップして作った「我が家の支払い表」を、何度も何度も見返してみて下さい。予算を抑えて暮らしてみて、支払い金額が安くても高くても、生活具合が特に変わらない部分があるのであれば、そこの費目はもっと予算を抑えてもいいとも言えます。そして、まとめ払い出来る費目については、現在の年間に換算した支払い総額とまとめ払いをした際の金額の差を照らし合わせて、支払い方法を改めて検討してみましょう。

こうして1年分の生活費をシュミレーションして表にしてみてみると、客観的に家計を把握できるようになり、月々自分がいくら使えるかや、無駄に払っていた部分などもわかってきます。

年払いの利用が出来るものは?

税金や年金など

住民税などの前払いの割引は、実施している自治体とそうでない自治体があるようですので、お住まいの地域がまとめ払いによって安くなるかどうかを確認する必要がありますが、実施している場合は前納報奨金といっていくらか割引が行われます。

また、会社員の方などは特別徴収といって、お給料から月々分割で天引きされて支払われている場合もあります。ご自分でまとめて支払い割引を受けたい場合は会社に「一般徴収をしたい」旨の希望を伝えて手続きを行います。

国民年金については、4月に1年分を口座振替で一括払いをすると3,800円の割引が適用となります。また、現金でまとめ払いする場合については、3,220円の割引になります。まとめ払いには申請が必要です。口座振替でまとめ払いを希望する場合の申請の締め切りは2月の末まで、現金でまとめて払う場合は4月1日~4月30日までに申請を行うことが条件となっています。

国民年金保険料|日本年金機構
参照元:日本年金機構(201511月、著者調べ)

保険会社への支払い

生命保険や医療保険、自動車保険など様々な保険がありますが、保険会社への支払いのほとんどはまとめ払いと利用することが可能です。会社により設定は様々ですが、毎月の分割払いから、半年払い、年払いなどの支払い方法があり、まとめて支払う年払いが一番割引率が高くなります。また、1年単位の年払いというくくりの他に、保険類の場合は数年分をまとめて支払える前納という支払い方も選択でき、年払いよりもさらに割引率が高くなります。

家庭によって加入している保険数も違いますが、利用する全ての保険会社でまとめ払いや前納をした場合、その節約効果はとても大きいものになります。最初のまとめ払い分は貯蓄やボーナスで支払い、その後は毎月保険料支払い分として口座などに積み立てをしておくことをおすすめします。

1年後に、また1年分をまとめ払いをしても、割引されたおよそ0.5か月分は手元に残り、これは定期預金などの利息よりもはるかによい利回りになります。

NHK受信料

NHK受信料は2カ月払い、半年払い、年払いと支払い期間が自分で選べますが、もっとも割引率が大きいのはやはり年払いでおよそ約1カ月分が無料となります。一番一般的な衛星契約で1カ月分は2,230円となっており、1年間払い込み用紙などで毎月毎月払い続けると、総額は26,760円となります。

これを、12カ月分前払いでまとめて払うと割引が適用され、支払う金額は24,770円となり、その差額は1,990円にもなります。

NHK受信料の窓口
参照元:NHK(2015年11月、著者調べ)

新聞代

新聞代も3か月分や半年分、年払いなど支払い期間が自分で設定できるものの1つです。また、新聞に限っては、自分で新聞屋さんに交渉することが多く、割り引いてくれる額や、お米や洗剤といったもらえるものなども変わってきたりしますが、1年間まとめて払うことに対しては、1か月分が無料扱いになるといったサービスがもっとも多いようです。



まとめ払い家庭の月々のやりくり術

年払いがないものは積み立てる

1年分まとめ払いをして割引を受けたり、毎月の支払いをなくしてすっきりしたい!と思っていても、サービスによってはまとめ払いがなかったりしますよね。そんな時に使える方法としては、毎月払う分として引き落とし口座などに積み立てをしていく方法があります。

貯蓄にゆとりがあるならば、前もって1年分を引き落とし口座に入れておけば、あとは毎月の使用料や引き落とし結果をチェックするだけで、わざわざ支払いにいく手間も省けます。払い込み用紙をもってコンビニにふらりと立ち寄るのは便利ですが、行けば他の買い物もする機会が自然と増えてしまいます。一回の買い物の額は少額でも、お財布からお金がちょくちょく出ていく機会を減らすことが、無駄な出費を抑えることに大きな効果をもたらします。

クレジットカードの利用もお得

まとめ払いの方法としてクレジットカードを利用することで、よりお得になれることもあります。クレジットカードで支払いが出来るものも増えてきており、NHKや年金、税金までもカードで支払うことが出来るようになってきています。

まとめ払いとなると額もある程度大きくなっていきますので、その金額をカードで支払った際のポイントは数万円分相当の結構な額になることがあります。そのたまったポイントで本来現金で購入する予定だったものを購入すれば、現金も使わず手元にお金を残しておくことが出来ますよ。

必要日用品もまとめ買い

1年間の支払いをまとめる他に、毎月毎月必ず買っている生活必需品がどのご家庭にもあるかと思います。トイレットペーパーや洗剤、歯磨き粉やシャンプーなど、なくては困ってしまう、必ず買っているものです。それらを特売の日や、安く売っているのをみかけたときに数か月分や1年分まとめ買いをしてしまうことで、毎月無くなるたびに買いに行く手間も省けますし、買いに出た先で余計なものを一緒に購入してしまうことも避けられます。

また、まとめ買いすることで割引がきくものもあるので、さらにお得に買い物が出来るのです。一度、月にどれくらいの量を必ず消費しているのかということを、ご家庭でチェックしてみて下さい。必ず消耗するものですのでまとめ買いしても、無駄使いにはなりません。ただし、まとめ買いがあるのに、また必要以上に購入してしまうのは、在庫が増えていってしまいますし節約にはなりませんので注意しましょう。

未来の生活も想像してみる

3年後、5年後を考える

向こう1年間の支払い金額などを考えたあと、少しステップアップして、近い未来の3年後、5年後の自分の暮らしについても考えてみます。家族は何歳になっていて、自分はどんな暮らしをしたいですか?出来る限り自分がワクワクするような前向きな未来を思い描いてみて下さい。

そして次に、そのわくわくする暮らしを実現するためには、何をするべきか逆算して考えていきます。目指すべき日までにやっていったらよいことを、どんどん現在までさかのぼりながら、落としこんでいって下さい。例えば、3年後にマイホームを購入するということを思い描いたならば、2年後は、1年後は、半年後は、来月は、と逆算するように計画をたてます。

その際に、必要になるおおよその金額も一緒に考えて記入していけば、今現在から夢の実現までどのようなお金の使い方をし、いくら貯めておけばよいのか、その費用をどうやって捻出するのかなど、今まで漠然と思い描いていたことも、より具体的に考えることが出来ます。

理想の生活を具体的にシュミレーションしていくことで、今無駄使いしている場合でないことに気が付くこともありますし、現在の家計でもっと見直してみるべきことがあるなど、より細かく気が付くようになっていきます。

10年後、20年後を考える

少し近い未来の数年後を考える際に、時間があれば、10年後や20年後、老後の暮らしなどについても想像を巡らせてみます。その頃にどんな暮らしをしていたいですか?必要な費用はまかなえていそうでしょうか?10年後、20年後というと漠然としすぎていてやや想像もしにくいですが、10年後や、20年後、そして老後までの自分と家族の年齢を記入した表などを作ってみます。

学校卒業や、受験、といった、家族のライフイベントも記入していくと、ぼんやりとしか見えなかった自分の10年後や20年後の暮らしが想像しやすくなります。また、そういったライフイベント表などを作ると、何年ごろまでにいくら用意しておくべきかといったマネー計画も必然と立てやすくなりますのでおすすめです。

人生はなかなか計画通りには行きにくいものですが、自分や家族の人生のおおよそのシュミレーションをしてみるのと、しないのとではお金を計画的に使って生活していく上でも大きな差となります。

まとめ

お金持ちの人は、自分が支払うべきものを月単位などでなく、1年の収支としてまとめて考えるといった習慣があるそうです。大きなくくりで考えるようにすると、全体をよく見渡すことも出来ますし、節約効果も大きなものになります。

まとめて払うとその時は一時現金が一気に減ったような気がしますが、12カ月後を見れば得するのはまとめて支払いをしたほうです。毎月の支払いに慌てない、安定した強い家計作りをするには、現在の生活費を把握することからはじまり、支払い方、1年間の過ごし方を考えるといった地道な作業が大事だと言えます。

そして、自分の未来をちょっぴりシュミレーションしてみると、お金をどのように使っていったらよいのかが見えてきます。ぜひ、ご自身の家計のお金について、今日はほんの少しでも考えを巡らせてみて下さい。きっと新しい発見がありますよ。 ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。