【夫の給料】だけで生活!やり繰り上手な専業主婦の心得とは?

夫の給料だけでは不安だったり、専業主婦に自信をなくしていたりしませんか?少ない給料でも貯蓄のポイントだけつかんで、自信をもって専業主婦になりましょう!



夫の給料だけでは不安ですか?

少ない不安より減る不安

女性の社会進出が進み、専業主婦に対して賛否両論がある世の中になってきました。女性は妊娠や出産また介護など仕事量を減らしたり辞めないといけないという状況が男性より多くあるように思います。共働きのダブルインカムはもちろん潤いがありますが、何かのきっかけで妻が働けなくなったとき、収入が激減してしまいます。

例えば共働きのときに給料の中からかなり貯金ができていたとしても、共働きなりの出費の癖がついてしまっています。「帰りにちょっとお惣菜を買って帰ろう…」、「日用品は特売などは気にせずなくなったときにコンビニで買って帰ります」などちょっとしたことかもしれませんが意外と使ってしまっているものです。

仕事を辞めた場合に多少の節約や、共働きのときに貯めたお金でなんとかやりくりはできても、これまであった収入の何割かが次の月から入ってこないのはとても不安です。それよりも、「夫の給料はそこまでよくない…」だけど、「やりくりしています」という場合一定した生活環境のなので、節約ややりくりの習慣付けもしやすいでしょう。

どれくらいの月収だったら大丈夫?

住む場所によってかなりの出費の違いがあるようですが、月収20万円~30万円で生活をしている方が多いようです。特に月収25万円前後が多く、調べてみると中には月収15万円で家賃も払いながら生活している方もいる様です。

月収の中の出費として割合が多いのは基本的には家賃ではないでしょうか。その為、社宅に入ったり、関東や田舎に住む場合によってかなり変わってくるところですので、一概にこれくらいの月収なら大丈夫とは言えないところです。

しかし、やりくりしている方の夫の年収から考えると、どの年収からでも始められるのではないかと思います。逆に「毎月これくらいもらっておけば大丈夫」と思っていると意外な赤字になるかもしれません。



【夫の給料生活】で大切なこと

これだけは押さえよう!

生活できるかどうかの不安材料として一つは【貯蓄】ではないでしょうか。給料の生活費の割合を調べると細かい適切な割合が出てきますが、そこまで決めているとストレスが溜まってしまいますので、給料のから考える貯蓄の割合を押えておきましょう。

実際に世帯としての貯蓄のスタートとしては10%を勧めてている場合が多くありました。これでは少し臨時の収入などに対応しきれなくなるかと思いますので、15%程を目安に家族の人数によっても貯蓄の割合が変えましょう。例えば、夫婦二人の場合ですと、20%~30%、子供がいる場合ですと10%~20%といったように平均貯蓄割合から臨機応変に貯蓄の割合を決めましょう。

目安は手取りの1~2割?お金の貯め方、理想と現実 [預金・貯金] All About
収入のうち、どれくらいを貯金するのが正解?まずは毎月、手取り収入の1割を貯金してみましょう。楽々やっていけるなら、もっと増やします。きつい人は、お金の使い方を見直しましょう。適正額は人により違います。

つまり生活費は?!

貯蓄の目標額が決まれば後は生活費ですが、生活費の割合を引いた90%~70%の給料で月にやりくりをすすめていきましょう。事細かに決めるよりもまずは【生活費】、【貯蓄】の二つにわけることで少し簡単に始められるのではないでしょうか。

まずは給料を受け取ったら、家族で決めた割合の給料を先取り貯金し、その他で生活を行いましょう。

2/2 生活費は収入の何割かけてよい? [家計簿・家計管理] All About
家計を考える上で一番重要なことが「いくら使えるか?」ということ。この数字を知っているだけでも、家計の状況は健全なものになります。家計にお悩みがある方もない方も、要チェック!

家族の協力と自信

夫に宣言しよう!

家計のことを任せっぱなしな夫とスーパーに行くと、ついつい不要なものを買う羽目に…なんてありませんか?著者はその失敗をする1人です。「仕事も頑張ってもらってるしな…」と思うとついつい買い物かごに無駄な商品をいれることを許可しましたが、これではダメだと宣言することにしました。

「食費は毎週5,000円でやりくりします!」これだけで買い物に一緒にいったりしても理解してもらえるようになりました。また、宣言することで自分自身の気合にもなります。家計をやりくりするのには家族の協力も必要なので、やり方を決めたら、夫に伝えておくことはとても大切だと考えます。

家計のやりくりに自信を持つ

専業主婦にとってのストレスはやりくりとは別に【劣等感を感じる】という場合が多くあります。夫がとんでもなく高給取りの場合はなんの問題もないかもしれませんが、実際に専業主婦である場合、キャリアに自信がなくなってしまうといった悩みがあるようです。

しかし、家に長くいられるということは、お金をかけることなく手間をかけるといった方法をいくらでも挑戦することができます。例えば、朝食用のパンを購入ではなく作ることによって節約だけでなく健康面にもメリットがあります。これは時間がなければできないことです。家を清潔にしておくことも毎日少しずつできるので、週末などにまとめて行う必要もありません。

自分が家を管理している・守っているということに自信を持ち楽しむことが大切です。

気は抜かないこと

家計のやりくりに自信をも持とうと説明をしましたが、気は抜いてはいけません。貯金と同じようになにかスキルを蓄えておくことをおすすめします。

基本的には夫の給料でやりくりをしていく生活ですが、時間があるからこそ資格などでスキルをつけておくこともできます。そうしておくことで万が一、夫が仕事をできなくなったり、離婚といった場合にも備えることができますし、自分自身の自信にもつながります。

時間があるからこその金銭以外の貯えをしておくチャンスがあるでしょう。



まとめ

ポイント的な節約ややりくり方法ではなく、数値と思想的なところを紹介しました。専業主婦になることの不安は金銭的なところと自分自身の自信の問題が大半を占めていることでしょう。大切な家族の生活環境を守っていることも立派な仕事です。インターネット上では専業主婦に対して否定的な考えも多く見かけますが、愛情のこもった家事・家計のやりくりは労力がいるものです。

貯蓄の目安だけ押えて、愛のこもったやりくりで家族の笑顔をいっぱいにしましょう!