原状回復費用に相場ってある?よくわからない賃貸物件の退去問題

さぁ、引っ越しだ!ちょっとお金が厳しいけど、今の家を契約した時の敷金・保証金が返って来るから大丈夫!なんて思っていたら、大幅に減った金額しか戻ってこなかった!?どうして!?



退去時のジョーシキ!原状回復

新しい家に引っ越そうと思ったとき、賃貸住宅の契約を解除する際に発生するこの「原状回復」とは、いったいどういったものなのでしょうか?

原状回復の費用とは?

一般的な「原状回復」とは、何かの事情によって今現在ある状態を、元の状態に戻すことを言います。そして、私たちが最も接する機会が多い「原状回復」とは、不動産の賃貸契約における「原状回復」でしょう。

不動産賃貸契約における「原状回復」とは、借りている人が、貸しているいる人に対してその物件を明け渡す際に、そのままではなく、最初に借りた時の状態に戻す義務のことを言います。「原状回復」の範囲としては、借りている人が住んでいることにより使用した部分、部屋およびその中の設備などで、過失により損傷したもの、故意に損傷したもの、丁寧に使っていなくて損傷したものや、常識外の使用方法などが含まれます。

基本的には、経年劣化(年月が経つことで劣化するもの)については借りている人が負担する義務はありません。また、借りている人が月々支払う賃借料(家賃)には、退去後に原状回復するための工事・清掃費用が含まれていると考えられているため、普通に使用していたのならば、よっぽどの事情や契約時の特約条項が無い限り、退去時に新たに支払う必要はないものとされています。

さて、あなたが借りていた部屋で、例えば畳をタバコで焦がしてしまった、台所のシンクを凹ませてしまった、風呂釜にヒビを入れてしまった、便器を割ってしまったなど、退去時に明らかに原状回復しなくてはいけない状態になってしまった場合、一体いくら負担しなくてはいけないのか不安になりますね。



原状回復の相場ってある?

原状回復って一体いくらぐらいするものなのでしょう?敷金だけでは足らなくて、追加で請求されたりするものなのか、予測がつかなければ不安です。相場というのは、私たちが通常業者に依頼して室内クリーニングをしてもらったり、リフォームをしてもらうのとたいして変わりはありません。オーナーが悪徳な業者にでも引っかからない限りはそれほど一般的な相場を逸脱する心配はないでしょう。

クリーニングだけでOK?

では、退去時に自分で家の中をきれいに片づけておけば、原状回復を言われる心配はないんじゃない?と思われるかもしれません。オーナーの中にも同じように思う人は大勢います。オーナーも、自分が負担しなくてはいけない部分はリーズナブルに済ませたいものですから、例えば水回りの洗浄をオーナー自らやって、掃除をして済ませてしまおう、という物件もあります。

ただ、原状回復というのは、ただ単に次の入居者を入れるための掃除ではなく、その物件の価値を落とさないための手入れですので、きちんと専門の業者に依頼をしてクリーニングする場合も多くあります。

クリーニングだけならば、業者が変わっても数千円の違いで済みますが、問題はそれ以外の原状回復をしなくてはいけない時です。退去後にオーナーや仲介業者が手配した業者が原状回復をして料金を請求、というのが一般的なのですが、自分が支払わなくてはいけないのであれば、1円でも安く済ませたいのは当然のことです。

原状回復の相場

では、一般的なリフォーム業者がする「原状回復」とは、どのようなものなのでしょうか。クロスの貼替、畳の表替え、襖や網戸の張り替え、トイレや洗面所のクッションフロアの張り替えなどがあります。

当然のことながら、部屋の広さが広ければ広いほど原状回復費はかかりますし、狭ければ狭いだけ費用は抑えられるでしょう。例えば畳の表替えは1畳あたり大体4,000円前後です。6畳間の表替えならば24,000円前後ということになります。

クロスの貼替はどうでしょう?あなたはタバコを吸いますか?タバコのヤニは拭いても取れませんので、喫煙者に貸した物件は基本的にはクロス貼り替えが必要になります。クロスは選ぶ壁紙のお値段によりますので、おしゃれなものを選んでいたら割高になりますが、一般的なものであれば900~1,000円/mです。壁紙はロールに巻かれていますので、何メートル使うかで総額が変わります。

便器を割った場合はどうでしょう?最低限の便器を入れるか、洗浄機能付きの便器を入れるようにオーナーから言われるか、選ぶ便器+工事費となります。

相場はどうやって確認する?

「長い付き合いだからいつものところにお任せ」などというオーナーが多いので、合い見積もりなどもありません。業者の言い値で施工してしまう場合が多いので、もしも自分が原状回復をしなくてはいけないのであれば、是非相場を確認したいところです。

確認することで、退去時にオーナーに対して値段を提示することができますので、オーナーが「いつもの業者」に依頼をする際にも、価格を不当に釣り上げられたりする心配は無くなります。

バカにできないチラシ

自宅の郵便受けや新聞の折り込みチラシなどで、普段は用が無いと思って捨てていたようなリフォーム会社のチラシを見てみましょう。ちょうどいいタイミングでキャンペーンをしているかもしれません。また、大型のホームセンターなどでも工事費込みなどお手軽なコースを設けていたりしますので、これを機にぜひ見てみましょう。

こんな時こそ!

自宅にそんなチラシは入ってこない、新聞は購読していない、そんな時はインターネットを活用しましょう。一般的なリフォーム業者から原状回復を専門にしているような業者まで手広く調べることができます。

ただ、この時注意したいのは、インターネットでは全国の内装業者、清掃業者にアクセスが可能だということです。安いと思ったら遠方の業者で出張量がかかる、見積もりが無料でない、などの落とし穴があるかもしれません。



手順が大事!

張り切って安上がりな業者を見つけても、必ずしもそれがオーナーや管理会社に受け入れてもらえるとは限りません。そういったものを込み込みでオーナーが仲介業者に委託している場合もあるからです。

事前に確認

まず、解約を告げる段階で、原状回復が必要な場合は自分で業者を手配したい旨、相談してみましょう。

期限に注意

「あ、このチラシの業者安いなぁ。退去の時に役に立つかも」ととっておいたチラシがあっても、そこに表示されている価格は期間限定の価格である場合がほとんどです。チラシの有効期限を確認しましょう。

立つ鳥跡を濁さず

自分の敷金を取り戻すことばかりを考えて、ごり押しをしないように注意しましょう。最後の最後にオーナーの心象を悪くして、揉めに揉めて退去、となるとオーナーにとっても自分にとってもただただ徒労感が残るだけです。

元々はオーナーから場所をお借りしていたわけですから、借りていたものは大切に使ってきれいに返すのが原則です。お互いに気持ちよく次のスタートを切れるようにしましょう。