金運の良い手相とは?あなたの手相は金持ち?貧乏?

金運の良い手相って知ってますか?手相にも、生命線からはじまり、知能線、感情線、運命線など色んな種類があります。自分のお金に関する手相って興味ありますよね。今回は、その「金運」にスポットライトを当ててお送りしたいと思います。



金運の良い手相ってどんな手相?!

手相には、人の性格や考え方、現状などの様々な情報が現れると言われています。また、左手が未来で右手が過去など、見る側の流派や、人によっても違うと言われています。ただ、両手を総合的に見るのが一番正しいという手相家や本は多いですが、明確な決まりがないのが現状です。

日々変化していく手相を見て、新たな自分を発見できるのは、とてもワクワクしますよね。その中でも、金運に関しての手相は、多くの方が気になる項目ではないでしょうか?今の現状を踏まえ、先々お金に関してどう対処していけばいいのか等、皆さん興味津々です。

金運の良い手相には、薬指と小指の付け根から下あたりが大きく関わっているようです。それらを見て、人のお金に関する今と未来を参考にしていきます。



金運の良い手相を見るポイント

「財運線」と「太陽線」で金運を見る

手相を見るときに注目されるのが、小指の下に刻まれている「財運線」と、薬指の下にある「太陽線」です。この2本のバランスが重要なポイントになっています。

太陽線で分かることは、ズバリ、お金に関するセンスです。もともと、太陽線があるだけで人気運があり、客商売や人が多く関わる仕事に向いていますので、そこで財を成せる力があるかどうかを見極めます。

また、財運線でわかることは、稼いだお金をどれだけ蓄える力があるかが分かります。どんなに稼いでも、この線が乏しいと、湯水のようにお金が出ていってしまう要素があるようです。

この両方を兼ね備えていると、総合的に金運が良好だと言われています。

財運線がないからといって落胆しなくていい

よく手相を見てもらたっ時に、「ない!私にはこの線がない!」と動揺してしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、財運線がない方はたくさんいますし、特に若いうちはない方が多いようです。

財運線は、今の現状で稼げているか、もしくは稼げる状況にあるかを表しています。もし、自分に財運線がないとすれば、お金を稼ぐ術を持っていない可能性もあります。その代り、伴侶が持っている可能性もあるでしょう。

逆に、太陽線があれば、持って生まれた金運も示すことで知られています。薄いか濃いかでも、この金運に違いがあり、この線が目立つ人は宝くじなどにも向いているようです。

とにかく、財運線は状況によって大きく変化する生き物のような線ですから、あまりとらわれ過ぎずに、自然体で行動をしていれば、途中で現れてくる方も多いようです。

金運の良い手相に関してのQ&A

Q.金運を見たいのですが手相が沢山ありすぎて、どれがどれだかわかりません。

A.手相のシワ、線が多い方は一般的には苦労人ともいわれますよね。色んな経験をしていらっしゃる方が多いようです。ただ、金運線や他の線も必ず見分けるポイントがあります。根気よく探してみるのも楽しいものです。

金運線は、小指の下の財運線と、薬指の付け根から出る太陽線をみます。ある、ないでも分かれますが、長さや濃さでもその内容が変わります。濃ゆくて長い財産線は、より蓄えができることを表し、太陽線も同じようなら稼ぐ才覚も持ち合わせます。

ここの線も多いようであれば、金運はかなり期待してもいいかもしれません。太陽線だけが薄ければ、長期的に見てお金の心配がありそうですので、今からの貯蓄を考えたりすることも大事かもしれません。

金運に関する線をきっかけに、色々な行動や考え方が変わっていくのが、手相を見ることの魅力的なところだと思います。

Q.金運の手相って、自分で書き足すといいって聞きましたが本当ですか?

A.効果は別として、油性ペンで書き足すのがいいと言われています。この書き足す作業自体で開運することは、基本的にはないかもしれません。ただ、書き足す行為があなたの意識、つまり潜在意識に落ちることで、物事がいい方向になる方が多いようです。

人間は、無意識のうちに心臓を動かすことから始まり、呼吸やまばたきなど、体の中でもそういう無意識が起こっています。脳も同じで、意識深くに事柄を刷り込むことで、実際の行動に変わり、その方向へ進んでいくものです。そういう意味では、本物です。

それで、開運するのであれば素晴らしいことですし、ドンドン書き足しても足りないくらいですよね。書いたからもう大丈夫ではなく、書いたから晴れやかな気持ちで前向きに進んでいこう!という気概が非常に大事だと思います。



金運の良い手相をきっかけに、自分の未来を明るく照らす

いかがだったでしょうか?お金を生み出す能力を表すのが「太陽線」、稼いだお金を蓄える力を表すのが「財運線」でした。早速、自分の線を見つけてみましょう。案外、見逃しているかもしれませんよね。

「その人間が歩んできた道のりが手相に現れる」とも言われますが、金運の良い手相の持ち主は、考え方や物のとらえ方が前向きで、明るい方に多いような気がします。形から入るのは良いことだと思います。

やはり金運の良い手相は、その状況によっても変化していくものですから、書き足しても何をしても、そうなるように毎日を楽しく送っていくことが、すべての開運のきっかけになるかもしれません。

今後異性を選ぶときにも、手相を見ることは大事かもしれませんんね。そのような時や、金運に関する手相を見るときに、何かの参考にして頂ければ幸いです。