ローン審査の在籍確認、会社に借金がバレる可能性はあるの?

ローンの申し込みをすると、審査の際には在籍確認があります。ローン会社から勤務先に電話がかかってきたら、会社にお金を借りるのがバレるかもしれない、と不安になる人もいるかもしれません。そこで、ここでは在籍確認にまつわるそんな心配に全部お答えします。これを読めば不安解消、ローン申し込みを検討している方、必見の情報です!



はじめに

ローンに申し込むと、融資審査の際には必ず「在籍確認」があります。在籍確認とは、ローン申し込み時に記載した会社に電話をして、申込者が実際に勤務しているのかどうかを確認するというものです。

ローン会社から勤務先に電話がかかってくる、というと少しドキドキしますよね。その電話で会社の人に借金がバレたら嫌だな…と、心配になるものも無理はないでしょう。

そこで、ここではその在籍確認について詳しく解説してゆきます。これを読めば会社に電話がかかってきても心配ナシ、ローン検討中の方は必見です!



ローンの審査の在籍確認とは

在籍確認では何をするの?

在籍確認では、ローン会社の担当者が、申込者の勤務先に電話をかけて、本人が実際に在籍しているかどうか確認をとるものです。在籍が確認できればそこで電話はそこで終了、特に細かい質問などはないでしょう。

電話のタイミングはいつ?

在籍確認は、ローン審査の最終段階で行います。申込情報に不審な点がなく、信用情報にも問題がないことが確認された後に行われます。

勤務先に電話がかかってくるタイミングは、ローン会社によって異なりますが、即日融資などのサービスがある会社では、申込当日に在籍確認を行います。また申し込みから2~3日後に行う会社もあります。その他、申し込みが郵送の場合や、審査に土日をはさむ場合などはそれ以上かかることもあります。

こればかりは、ケースバイケースのため、各ローン会社のHPなどで公開されている情報を参考に申し込みをしましょう。

アルバイト・パートの方でも電話がきます

ローン審査の際には、アルバイトやパートの方であっても、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるでしょう。そのため、普段本人宛に電話がかかってこない立場の方は、あらかじめ勤務先の方に電話がくることを伝えておくと取次がスムーズです。

勤務先に申し込みはバレる?

バレる可能性はほとんどありません!

在籍確認では、勤務先にローン契約がバレる可能性はほとんどありません。なぜなら電話をかける担当者は、ローン会社からの電話であることを悟られないように工夫して電話をしてくれます。担当者も電話の際にはその辺りには配慮をしています。ローン会社の名前やローンのサービス名などを名乗ることはありません。

担当者は個人名でかけてきます

在籍確認の電話のかけ方は、ローン会社によって少しずつ違いはありますが、共通しているのは担当者の個人名で電話をかけてくるということです。「もしもし、佐藤ですが鈴木さんはいらっしゃいますか?」といった様に、担当者が自分の名前を名乗り、申込者の在籍をさりげなく確認します。

ただし、銀行系のカードローンについては、会社名を名乗ることがあるようです。その際もローンサービスについて何か言うことはありませんので、会社の人には銀行からの電話だと思ってもらえます。

本人不在でも問題ナシ

在籍確認で心配なのが、自分の休み時間や、休みの日に電話がくることです。もし不在の時に電話がきて、詳しく事情を話されてしまったらどうしよう…と不安にもなりますが、その心配には及びません。本人が不在の場合、電話を取り次いだ人が「席をはずしています」と答えれば、その回答をもって在籍していると判断され、そこで在籍確認は終了します。

本人不在だからといって、何度も電話がかかってくるといったことはありませんので、その点は心配しなくても大丈夫です。



会社の人に怪しまれない方法

ローン会社に電話のかけ方を相談する

在籍確認の電話の内容は至ってシンプルなものですが、勤務先によっては、普段電話がかかってこない人からいきなり電話がきたら、それだけで不自然に思われることもあります。その場合、例えば、ローン会社の担当者に「○○に関連する要件の電話です」など、勤務先の仕事に関連した要件で電話をしてきて貰えないか、相談をしてみるのも一つの手かもしれません。

この時、担当者に嘘の会社名を名乗ってもらうなど、事実でない内容での電話の依頼はできませんが、自身の会社で自然に電話を取次してもらうための工夫についてお願いすることは、ローン会社によってはOKのところもあります。

勤務先には電話がくることを伝えておく

自身の勤務先に対しては、在籍確認の電話がくることはあらかじめ伝えておきましょう。その際に「クレジットカードを作るので電話がきます」といっておくと良いかもしれません。

なぜなら、クレジットカードを作る時にも、在籍確認の電話があります。社会人がクレジットカードを作るのはごく自然なことです。ローンの申し込みを知られることには抵抗があるかもしれませんが、クレジットカードを作ることは会社の人に分かっても恥ずかしくありません。特に日頃、勤務先に自分宛てに電話がこない人にはオススメの方法です。

まとめ

いかがでしたか。このページではローン審査の在籍確認についておさらいしました。

ローン審査には必ず在籍確認があります。ただし、担当者は、ローン会社からの電話だと分からないように十分配慮をしてくれますし、電話の際に本人不在でも問題はありません。また、自分の勤務先には、あらかじめ電話がくることを伝えておくと良いでしょう。そうすることで、電話がきたときにも自然に取り次いでもらえます。

在籍確認の電話がきても、勤務先にローン契約がバレることはまずありません。その点はあまり心配する必要はないと思いますので、あまり身構えずに申し込みをすることをオススメします。
※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。