[食費の節約]家の外で”何気なく使っている食費”が節約のカギ!

”食費の節約”というと、家での料理をいかにしてお金をかけずにつくるか?ということに目がイキがちですが、以外と食べ物に使っているお金って、家の外が多いんです。特に働かれている方は、仕事中や仕事の合間のちょっとした飲み物や間食が結構な金額になるんですよ。



飲み物代を節約する

1日で清涼飲料何本飲みますか?自販機要らずの節約術

人が一日に飲む水分の量は、約1ℓ~1.5ℓになるそうです。缶で売られている清涼飲料水なら約300mℓ、ペットボトルなら500mℓなので、金額にすると300円~600円になり、コレを毎日飲むとなると月で6,000円~12,000円になります。

チリも積もれば山になるわけで、毎月ここまでお金を使うのであれば、節約のしがいがありますよね?
ではその方法をご紹介していきます。

茶葉のパックを買って、オフィスでお茶を作る

紅茶、麦茶、緑茶など、日本人ってなにかとお茶が好きだと思うんですが、これらの飲み物を自販機やコンビにで買っていませんか?これを茶葉を買って、会社でお湯や水を(タダで)入れて飲むとすごい節約になるんです。

缶やペットボトルを買うと、大体100円~150円くらいだと思いますが、茶葉を買えば1杯分で2円~10円未満です。(あくまでも安いものを買ったときの相場です。)
つまり、10分の1以下のコストで済むということ。今はオフィスの中にはウォーターサーバーを置いている企業も増えてきています。

また、お茶類って、お湯じゃないと淹れられないと思っている方が多いんですが、お水でも全然問題ないですよ。カップに茶葉のパックとお水を入れておくだけでOK!
このこれだけで毎月約5,500円~11,000円の節約ってすごくないですか?



周囲を巻き込んで間食を節約する方法

おいしさ自慢ではなく、コスパ自慢のおやつタイム

間食なので、本来は”我慢する”のが一番手っ取り早いのですが、そうも言ってられない方のためにコストを抑えておやつを楽しむ方法をご紹介します。

これは仲の良い何人かでの連携プレーになるんですが、まずオフィス街となると、お菓子を購入するのは基本的にコンビニなってくると思いますが、コンビニは利便性の代償として高くついてしまいます。
そこで、グループを作って、各自の家の近所にある安売りのお店から激安おやつを買って持ち合うのです。

こうすると、安さ以外にもおやつのバラエティが増えるというメリットがあるので、お得に楽しめます。
また、「ただみんなでお菓子を持ち寄ろう」ではなくて、”あくまで節約のため”、という目的で実施することをお勧めします。
そうすることで、「こんな安物のお菓子だと恥ずかしい」と遠慮することもないですし、「高いけどおいしい近所の名物お菓子」に走って結局余計にお金がかかってしまうのを防げます。

味はともかく、”この量でこの値段ってお得だよね!”と、コスパ自慢ができるようになればこの取り組みが軌道に乗ったと思ってください。恥ずかしさなんてこれっぽっちも感じる必要はありません!
そして、節約を目標にすることで、「一人1日何個までね」とういルールを設けることができます。

これもグループで取り組むからこそできること。一人だと制限なく食べてしまいますが、みんなで取り組めば一人だけルールを破ることはできないので、食べすぎの抑止効果になります。

ご飯を持参するだけでも大違い!

ランチを節約しようと思ったら、ベストなのはお弁当ですが、朝はなかはか忙しくて続かないですよね?そんなときは、ご飯だけ持ってくることをお勧めします!

おかずはコンビニなどで買いますが、大体300円程度に収まります。普通にお弁当を買った場合に600円かかるとしても、その差300円。これが20日続くと月で6,000円。結構大きな節約になりますね。

そしてここでも、一緒に節約をする友達を作っておくことをお勧めします。300円で買えるおかずは大体1品。でもこれを2人~3人で買って持ち寄り、交換しながら食べればいろんな味を楽しめるし、”一人は野菜系、一人は肉系、一人はお惣菜系”といったように手分けして買うことでバランスの良い食事をとることができます。