お金が貯まる財布にしたい!風水の力を借りて金運アップ

お財布風水という言葉は聞くけど、風水って財布にも関係あるの?って不思議に思いますよね。財布に関する風水は、幸運を呼び寄せる一つのアクションとして人気だそうです。信じるか信じないかはあなた次第!?ひとつ言えるのは、ポジティブでいつも笑顔の人が福を呼び込めるという事です。今回はお財布風水の実践方法についてまとめます。



風水とは

風水は今から遥か遠い昔、約3千年~4千年も前に中国で誕生した学問です。気の力を上手く取り込み、身の回りの環境を整えて運気を良くしていこうという環境学です。元々は、都市や住まいやお墓の位置を決める際に使われていた学問だそうです。それらが位置する方位が、都市や子孫の繁栄、死後の世界の幸福に左右するという考え方です。

それらは日本にも伝わり、独自の形で発展しました。今では住まいや旅行、引っ越しの吉方位やラッキーカラー、そして運を味方に付ける様々な方法など、私達により身近な環境を整える方法として知られています。

李朝風水師の李家幽竹さんは、自身のホームページで風水について以下のように話されています。

今より、もっと幸せな自分になりたいと思いますか?
じつは、そう思うことからあなたの幸運はすでに始まっているのです。
「幸せになりたいと強く願うことで、自分の望む運気を得ることができる」
風水ではそう考えます。
幸せは、自分自身が行動することで初めてもたらされるもの。
そのための行動を示すのが風水という学問なのです。

出典:

www.aqua-leaf.jp
幸せになるには、部屋の中でジッと待っていても始まらないということですね。ずっと同じ環境に居続けることは厄が溜まるとも言われています。日々、自分の変化に合わせて環境を調節していくことも大切なのかもしれません。お風呂に入ることは厄落としになるそうなので、毎日心の洗濯をすることも意識したいですね。

今日はそんな風水の中から、金運アップに有効だとされるお財布の風水をご紹介します。



金運に効くお財布風水

財布は綺麗に、サイズはゆったりと

財布は「お金の住む家」とも言われているそう。そんな大事な財布がヨレヨレではお金に嫌われてしまいます。お金が「帰ってきたい!」と思えるような、綺麗でスッキリとした財布が運気に好まれます。お金はピンと伸ばして入ることが良いとされ、二つ折りよりは長財布が良さそうです。また、財布の中がキツキツではお金も窮屈。サイズはゆとりのあるものを選びましょう。

お金以外のもの(カードやレシート)で膨れ上がった財布もNGです。お金以外に関するカード(運転免許証や保険証、ポイントカード等)を財布に入れるのも良くないのだとか。

また出来る事ならお札と小銭は別にして、小銭入れを持つ方が良いそうです。

こう見てみると、金運アップ財布は男性向きなような気もします。子連れの買い物はかなりせわしないので、お札も小銭もポイントカードもバラバラなんて、正直ちょっと現実的ではありません。せめて一家の大黒柱の旦那様にはスッキリとしたお財布を持ってもらうと良いかもしれませんね!

それに、金運をアップするにはそれだけではありませんよ!他にも色々なポイントがあります。

財布の寿命は3年

財布にも寿命があるそうなんです。約1000日と言われています。それ以降は、金運がどんどん下降するというから恐ろしい…。お気に入りの財布でも、思い切って新調するのが風水的には望ましいとされています。3年未満でも、いつもお手入れして綺麗に保つようにしましょう。

また、借金を抱えて首がまわらないなど、金運があまりに悪いと感じる時は1年で財布を取り換えると良いそうです。

中古財布は風水的にNOです。高額でなくとも新品が良いとされます。

財布のカラー

「黄色の財布は金運アップ!」とすっかり信じていましたが、実はそう単純でもなさそうなのです。中も外も黄色の財布よりは、「お金に接する面だけ黄色」が望ましいのだとか。外も黄色だと、お金に勢いがついて出ていくのも速いというから注意が必要です。

意外なのは、外側は無難な「黒」や「茶色」の財布がお金を貯めやすいということ。落ち着いた黄色の「山吹色」なども良いそうです。借金のある日とは「白」を選ぶと、運気をリセット出来ます。
またはその年のラッキーカラーもおススメです。

財布の素材

お財布風水では素材にもこだわりがあります。本革が一番だそうです。塩化ビニールや合皮は金運がダウンしてしまう恐れも。(お金の気を燃やしてしまうとか!)

そしてしっかりとした作りのものを選びましょう。ラインストーンなどがついていたり、エナメル加工で光沢のある財布も良いそうです。金色の金具はもちろん金運に好かれます。ホースシュー(馬蹄)モチーフが付いた財布もGOOD。お金がこぼれ落ちないという意味があるのだと思います。

財布を手に入れる場所

財布を買う場所は、吉方位が良いと言われていますがそれは人それぞれに違います。日本の風水では九星気学や家相を利用して様々な開運の方角を知ることが出来ます。それらで導き出された吉方位にあるお店で財布を購入すると金運アップ効果が。

また、お金持ちの人から財布をプレゼントされるのも良いそうです。金運がくっついてくるそうですよ♪

財布を手に入れる時期

財布を買う時期についても、風水の教えがあります。

・大寒または立春~ひな祭りの間(1月20日、2月4日~3月3日頃)
・9月
・10月から11月

この時期に買えば、実りのある財布になりお金が貯まりやすいと言われています。そして風水とは別ですが、吉日に財布を使い始めると良いと言われています。

・大安
・一粒万倍日
・天赦日
・寅の日
・巳の日

などです。他には月のパワーをもらえる「満月」「新月」の日が良いとされる説もあります。

財布を買ったらまずすること

まず、古い財布は家の中の中央か北の暗い場所に保管します。この時、黄色やラベンダーカラー、ワインレッドの箱か布にしまっておくと良いそうです。

そして新しい財布には、しばらくはお金をいつもより沢山入れておきましょう。財布がその額を覚えて、いつもそれをキープできるようにしてくれるのだそうです。

また「115」という数字にちなんだ金額を常に入れておくのも良いとのこと。115円や1,150円などです。これらのお金を種銭としていつでもお財布に入れておくとツキが巡ってくるといわれています。種銭は銭洗い弁天などで清めておくと尚良いかもしれませんね。

財布の保管場所

お財布をいつもどこに置いていますか?私はキッチンの棚ですが、それはどうやら間違いなようです。

キッチンは火の気が強いため、お金が持つ金の気を溶かしてしまうからです。お財布が好むのは、暗くて涼しい家の中央か北です。宝くじなどの保管場所も同じです。暗くて人気のない寂しい場所に置いていると、寂しくなって仲間を連れてきてくれるかもしれません。懸賞用のハガキなども、応募するまでは同じ場所で休ませておきましょう。

ただし、北か中央が水場の場合は避けた方がベター。寝室の北側か中央にしまっておいても良いそうです。

財布を入れるバッグも大き目を

金運を意識した財布が出来上がったら、持ち歩くバッグにもこだわりましょう。サイズは大き目がGOOD。鞄は財運を入れるツールとされているからです。大きなバッグに財布をゆったりと入れて、財運をたっぷりと呼び込みましょう♪ゴールドの金具が付いていれば金運アップには尚良し!トートバッグなどがおススメです。

<Q&A>お財布風水ココが気になる

赤い財布だとお金が貯まらないって本当?

赤いお財布を使っている人、気になりますよね!気に入って使っているのに、周囲から「お金飛んで行っちゃうよ~」なんて言われて嫌な気分になったりして。私が思うに「余計なお世話」ですよね(笑)

実際に風水では赤には火の気があり、金運を燃やしてしまうと言われているようです。でも、それが自分のラッキーカラーだったら?自分の気分がそれでルンルンするのに?

わざわざ好きでもない茶色の財布を風水のためだけに持って、気分が下がるようでは元も子もないと思います。どうしても赤い財布がお気に入りなら、それを使えば良いと思います。少し気になるなら、種銭を黄色い封筒にしまい財布に入れておいてはいかがですか?

反対に、赤い財布がお気に入りだったけれど、金運ダウンと聞いてどうしても気になって気分が下がる…と言う人は、そのお財布は大事にしまっておいて違う財布にしてみましょう。

きっと全国の赤い財布を使っている皆さんは、「貯金してるし!!」と憤慨しているかもしれませんね。かくいう私も赤がラッキーカラーなので、駄目と言われても身に着ける所存です(笑)。

そもそも風水って本当に効果があるの?

風水のプロフェッショナルでなければ、誰しもが心に浮かべる疑問だと思います。一生懸命風水をやっていても、ふと我に返ってむなしくなってしまったり…。私ももちろんプロではありませんので100%の答えを用意するのは難しいのですが、色々と調べて思ったのは「日本に伝わる風水は自分自身が運を呼び込むためにおこす、ひとつのアクション」だということ。いつも同じ環境に身を置いていては、運の流れを変えることが出来ません。運気を上げたい時に、何か少し日常を変えてみるというのは、それが風水であれ何であれ至極当然のことのように思います。

そしてそのアクションを分かりやすく解説してくれているのが、今の風水なのではないでしょうか。自己流で運気アップをはかるよりは、一度は目を向けてみても損にはならないのかも…と感じます。

とは言え、風水と言えど伝道師により種類は沢山あり、探求していくと中国古来のものにまで行きつきます。奥が深すぎて全てを知るのは難しいと思いますが、「誰かがこう言ったからこうする」のではなく、一度意味を調べてみるのも良いかもしれませんね。

「風水は所詮気の持ちようで、あまり意味がない」「そんなので金持ちになれたら誰も苦労しない!」と思う方は、試さなければ良いだけの話です。だけどそれが全てでもない、と私は思います。効果があるかないかは別にして…。

精神論だけでは乗り越えられない世の中だからこそ、ポジティブに色々なアクションをおこして自分だけの幸せを手にしたいですね♪



貯まる財布はこんな財布

これまでご紹介してきたお財布風水をまとめます。風水的にはどんなお財布が『貯まる』のでしょうか?また、番外編として風水以外の観点からみた『貯まる』財布もご紹介します。

風水的貯まる財布

★茶か黒の本革財布。内側は黄色
★ツヤツヤ、キラキラしたものも良い
★種銭を入れておく
★サイズはゆったりとした長財布
★レシートなどを入れっぱなしにしない
★小銭入れは別に持つ
★ポイントカードや免許証等のカードは別に持つ
★財布が古くなったら買い替える(3年目安)
★家の中では北か中央の涼しくて暗い場所に保管する
★買う時は吉方位を目安に
★買った後はしばらくお金を沢山入れておく

FP目線の貯まる財布

お金にまつわる本を何冊も出している花輪陽子さんが、『マイナビ ウーマン』のサイトの中で【貯まる財布・貯まらない財布】について解説されています。

お金が「貯まる財布」と「貯まらない財布」のちがいって?|「マイナビウーマン」
それによると、貯まる人の財布は次のような共通点があるのだそう。

★お金に関係の無い物が入っていない(プリクラ、使わない診察券など)
★現金がしっかり入っている
★小銭が少ない

貯まらない人の財布の共通点はこちら。

★ポイントカードが山ほど入っている
★レシートが入れっぱなし
★小銭が多い

いかがでしょう?ご自身のお財布はどちらに当てはまりますか?小銭の数は、「お札をすぐ崩す」ということの表れだそうです。お財布に物が多く、お金がいくら入っているのか把握できていないためにお札を使ってしまい、結果的に小銭が増えているのです。

ポイントカードやキャッシュカード、クレジットカード等は消費を促すアイテムなので、使わないものは家に置いていくと良いそうです。納得!

余談ですが、沢山の財布を診断してきた花輪さん曰く「一番財布が汚いのは働く20~30代女性」だそうですよ!みんな財布がパンパンのようです。ドキッとしたあなた(私も)、気を付けたいですね!

総合的に見た「貯まる財布」はこれ!

風水的にもリアルにも見られる、貯まる財布の共通点をまとめてみました。

★いらないカードは持たない
★レシートは入れておかない
★現金をしっかり入れておき、額をきちんと把握する
★財布は綺麗に保つ
★財布はお金を入れる場所、という本来の役割を忘れない

というところでしょうか。絶対なのは【綺麗でスッキリした財布】が大切だという事です。

後は、風水的な方角やカラーなどを組み合わせて自分だけのラッキー財布を作って下さいね!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

財布を買う時、出来れば金運アップに貢献してくれそうな財布が良いですよね。方角や色など、万全で臨んでお金をドシドシ呼び込みたいものです。

が、やっぱりその前にお財布を綺麗にすることから始めなくてはいけなそうです。家に帰ったら、その日のうちにお財布を開けて中身を整理する癖をつけると良いですね!その点でも、やっぱり家計簿を毎日つけるのは良さそうです。それが出来ている人は、自然と金運もアップしているのでしょう。そして薄ぐら~い場所に、ひっそりと保管しておく…。「お金よ来い来い!」とおまじないを唱えることも忘れずに…(^_-)